いびき解消サポート情報 いびきを解消する枕の選び方

November 18 [Wed], 2015, 1:25






それでは、いびきを解消する為に
どのような枕を選べば良いか? をお伝えします。


いびきのかきやすさは「枕の高さ」と関係があります。
よく言われるのは、高い枕で寝るといびきをかきやすい、ということです。


なぜ枕が高いといびきが出やすくなるのかというと、
気道が圧迫されてせまくなるからです。


人間の口・鼻からのどにかけて空気が通る部分を「気道」と呼びますが、
何らかの理由によってこの気道がせまくなると、いびきが出やすくなります。


枕が高すぎると、くの字に気道が折れ曲がってしまい、
そのせいで気道がせまくなります。


これが「高い枕はいびきをかきやすい」と言われるときの根拠です。


では、いびきを防止するためには絶対に高い枕はダメで、
できるだけ低い枕を使うべきなのでしょうか。


実は、そうとは限りません。
高すぎる枕がいびきを誘発するのと同じように、
低い枕がいびきを強めてしまうこともあります。


それは、たとえば加齢の影響でのどの筋肉がおとろえて、
舌が気道に沈みやすくなっている場合です。


舌が気道に沈んでしまうと、
そのぶんだけ気道がふさがれてしまうため、
いびきをかきやすくなります。


そして舌が気道に落ちやすいのは「低い枕」を使ったときなのです。


つまり、一言で気道がせまくなるといっても
その原因は人それぞれなので、
低い枕と高い枕のどっちがいいのかは一概には言えないということです。


ただ、どのくらいの高さのものが自分に合うのか、
それを調べるのはなかなか難しいものです。


いろいろな高さの枕を用意できればいいのですが、
家にたくさんの枕がある方は少ないはずです。


ではどうすればいいのでしょうか?


まず、普段使っている枕の下に、
タオルケットか厚手のバスタオルを敷きます。

それだけで枕が高くなるので、
この状態で眠ってみて、いびきが軽減されるかどうか確認してみてください。
ICレコーダーなどで録音してみて下さい。

もしいびきが少なくなったら、今までの枕が低すぎたということです。
その場合は高い枕を使うようにすればOKです。


では、枕を高くしてもいびきが変わらなかった場合は、
低い枕に変えたほうがいいかもしれませんが、
「普段使っている枕がすでにベストの高さ」という可能性も残っています。


つめものを取ったりしないかぎり、
枕を低くすることはできません。


低めの予備の枕が手元になければ、
ひとまず低い枕を買ってみて、
それでいびきがどうなるか? 試してみましょう。


また、いびき軽減のために枕を選ぶときは、
「眠っている間に変形しないものを選ぶ」というのが一番大切です。


なぜなら、枕が変形するということは、
眠っている間に高さが変わることを意味するからです。


ぜひ、参考にしてみて下さい。




P R
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ