銀行〜イメージと現実〜 

2004年12月13日(月) 3時40分
12日にみずほフィナンシャルグループのセミナーに行ってきました。

銀行っていうと法人への融資と個人の貯蓄くらいしかイメージが無かった自分。
そのイメージを払拭するために「今の銀行」の話を聞きに行ってきました。

みずほは、みずほ銀行・みずほコーポレート銀行・みずほ証券・みずほ信託銀行の4つからなっているらしい。で、基幹職として一括採用すると言ってました。

今回は銀行業界の説明・基幹職の説明・人事との相談会・社員との語らいの4つのコーナーをまわって来ました。
時間は2時間半ほどでほとんど何もわからなかったというのが本音なんだけど
今までの銀行業務に関してのイメージは払拭できたと思います。

今回で一番印象に残ったのがみずほ証券の方のお話でした。
話してくれ方はセカンダリーという流通部門の債権担当の方だったのですが、
証券のことなどわからない自分に何が魅力的か端的に話してくれました。

具体的には
・入社までに専門的な知識は要らない
・必要なのは入ってからの頑張り
・結果が全て


証券会社を考える上で何が不安かといえば知識が無いことでした。
無くても何とかなるだろうというようなことを言ってくれるのは何気に安らぎ。。。
それに安住してちゃダメなんだけどね。

また一番印象に残ったのは、「日々勉強」ということです。
金融商品を考えるために必要なのは、金融専門の知識だけでなくそれ以外の知識なのだということです。実際理論だけなら本を読めば足りるとも言ってました。(本に出てるものは時代遅れらしい)
いろいろ考え続けられる職業って意外と魅力的だなと社会勉強のつもりでいった銀行のセミナーで考えさせられた。

ちょっと固くなりすぎた。今度はもっと気楽にやろう。

本日の読書:ヨーロッパ「近代」の終焉&ゼミの文献(英文6p)

blog始めました 

2004年12月12日(日) 2時48分
blog勉強会なるものに参加して「就活のため」にblogを始めて見ることにしました。

以前趣味でblogを使ってみたことがあったのですが、あくまで日記帳の範囲を出ることは出来ませんでした。しかし、今回の就活のためのblogということで、

1.共通の目的を持ち
2.どんどん拡大することを目指す

という意味では有効に使えるかな?と思い改めてトライすることにしてみました。

今度は自分への挑戦でもあり、blogの使い方への挑戦でもある。
負けずに継続しよう。意味がわからないけど明日から中身あること書くぞ。

本日の読書:清水の経済攻略-経済理論と時事テーマ-ヨーロッパ「近代」の終焉
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:makom1029
読者になる
Yapme!一覧
読者になる