弁護士に依頼をするのと司法書士に依頼をするの、どっちがいいの?

November 29 [Thu], 2012, 21:11
不幸にも交通事故が起きてしまった時、できるだけ話合いをスムーズにしようと思ったら、弁護士に依頼をする場合と司法書士に依頼をする場合があります。

どちらの方に相談をしたらいいのか悩むと思いますが、それぞれ特徴があります。

例えば弁護士に話を持っていった場合、相手方も弁護士を立てているのであれば、こちらも弁護士にお願いをした方がベストですね。

よくよく考えてください。

法律などに詳しくない人が、法律のプロと話をして上手くまとまると思いますか?

言い方は悪いですが、弁護士の言いなりになってしまって泣き寝入り…ということもあるかもしれませんよね。

弁護士を立てた場合はこちら側も弁護士にお願いをしましょう。

また、不運にもあなたが被害者側になってしまったら、後遺症が残ってしまったにも関わらず、思い通りの等級が認定されない場合も弁護士にお願いした方がいいですね。

等級の認定ですが、書面でしか行わないので、書類に不備が認められると等級認定が非常に難しくなるんです。

弁護士にお願いをすれば必要な物は全てそろえてもらえるので、自分が申請するよりもしっかりと認定してもらえます。

司法書士の場合ですが、弁護士に依頼するより、実はかなり費用を抑えることが可能なんですね。

ただし、賠償額が140万円以上超える場合は司法書士では交渉することが出来ませんし、自賠責や自賠責後遺障害のサポートもしてもらえません。

総合的に見ても弁護士にお願いをした方がいいと思いますよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まこっちゃん
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mako36/index1_0.rdf