Last day in Canada 

2006年01月10日(火) 9時56分
早いもので私のぐーたら留学生活も残すところあとちょっととなりました。

ここ数日は友達にあったりして、本当に楽しい毎日を過ごしてました。

今日のお昼にお願いしておいたshipping companyの方が私の荷物を取りに来て荷造りほぼ完了。99%は終わりました。

あっという間だったなぁ。

そして、英語力はそんなんでもないなぁ〜。なんて感じております。

でも、カナダに来ていろんな人に会っていろんな経験ができて、それだけでもよかったです。
カナダで出会った人たちと日本にいるみなさんに感謝です。

このブログは今日で最後の更新となります。
今後の更新予定は今のところありません。
今まで私のブログに遊びに来ていただいたみなさん、本当にありがとうございました。

またどこかで会いましょう。

クロスカントリー 

2006年01月08日(日) 9時30分
昨日はホストファミリーと日帰りスキー(と言ってもクロスカントリー)に行ってきました。
クロスカントリーは初。気分はスキー複合の荻原兄弟で

思ったより大変で、特に坂道苦労しました
必死に登ろうとしても下ってるし…。


森に入るまではスキーで湖を歩きました。
森は気持ちよかったです♪


子供達はそりで大はしゃぎ。

次の日筋肉痛は言うまでもありません…。
でも、際どいところが筋肉痛だ…

あけましておめでとうございます。 

2006年01月05日(木) 8時48分
新年はしょっぱなから映画に行ってきました。

Memories of Geisha

なかなかよかったです。でもあれを英語でやるのは不自然でしょー。私はその時は気づきませんでしたが、舞妓も花魁もいっしょくたになってるそうで…。その辺はちょっとがっかり…。そうじゃないやろって突っ込みたくなるとこ満載でした。でも、女優さんの演技はサイコーでしたよ。子役の子がかわいかったし。


のんびり正月を送っております。




ステイメイトがお汁粉を作ってくれました。日本からやってきた餅だけあっておいしぃ〜。甘さもちょうど良い感じ。何故かステイメイトはみんな料理上手。

そんなわけで今年もよろしくお願いします。

カナダのクリスマス&boxing day 

2005年12月30日(金) 9時44分
海外のクリスマスって結構すごいんじゃない??って思う人は多いかと思いますが、25日は意外に静かでした。クリスマス以前のほうがプレゼント買ったりとみなさん忙しそうでした。

私がお世話になっている家庭がJewishってこともあるんだろうけど、家では特別なことはしてません。hホームステイメイトとケーキ食べただけ 笑


24日の夜散歩してたけど人っ子ひとり歩いてなかったよ
いつもはにぎやかなセンキャサの通りもしーんとしてました。きっとみんなホームパーティを楽しんでるんでしょう。25日はほとんどの店が閉まってます。
海外クリスマスを楽しむなら、クリスマス前までに旅行したほうがいいかもしれませんね〜。


パン屋のケーキ。うまいです
でも、日本のケーキのほうがおいしいかな…


イルミネーションはマギルの通りがいちばんキレイでした。


メトロマギルのホームはウサギとクリスマス。


オールドモントリオールでは花火があがったらしい。


イブの夜にミサにいってみました。フランス語と深夜の眠気に…

26日はboxing day
DTには行かず好きなショップがあるLAVALへ。
期待してたほどの商品値引きはありませんでした。
そして、期待してたほどショッピングにクレージーになってるカナダ人はいませんでした。
どうやらクリスマス前から値引いてたのでそれ以上は安くならないって感じみたいです。
普段ならこの程度の値引きじゃ買わないけど、もう来ないな〜と思ってたくさん買い物しましたw。

ニューヨーク 3日目 

2005年12月25日(日) 3時21分
はいっ!この日もスト…

ということでDTまで歩いていくことになりました。
今日はホステルで知り合ったコリアンの女の子といっしょに行動しました。
彼女はメキシコの大学の交換留学生らしい。
冬休みを利用してNYCに遊びにきたみたい。同じ部屋になったそのほかの香港から来た子はヨーロッパを2ヶ月旅行してNYCに入ったり、とかいろんなひとがいました。


ニューヨークは建物がおもしろい。


自由の女神。スタッテン島に渡るフェリー(無料)から見たためちょっと小さい!
けどこれで十分って感じでした


Wall streetにも行ってみました。
警察官がいてちょっと恐かったけど、このおじさんたちが以外におもしろい人たちで、話しかけてきてくれました。「そんなに恐そうな顔しなくても大丈夫だよ〜。」って言ってたけど、警察を見ただけでも、ちょっと恐い…それに大きな銃も持ってたし。
ためしに、

「これ本物??」

って聞いてみたらやっぱり本物だった(当たり前…)。

しかも、写真いっしょにとってくれたし

「警察だってねー、人なんだよー。恐くない恐くない」っと言ってましたが、やっぱり最後まで恐かった。
そして、明日ストは終わると教えてくれました。

「明日帰るんだけど…」

「あははー。残念だったね〜」 と…。



夕方はブルックリンブリッジへ。
車の道も人の道もたくさんの人人人。ラッシュアワーです。
でも、観光客のように写真をとってるニューヨーカーもいたり、シリアスそうにもくもくと歩いてる人もいたり。写真を撮ってるひとに

Excuse me...

といっただけなのに。

「いいわよっどこ撮る??ここがいいんじゃない?」

と気軽に写真を撮ってくれましたv

いつもと違うNYCが見れてラッキー。

ニューヨーク 2日目 

2005年12月25日(日) 3時06分
2日目もスト開催中。
でも、ニューヨーカーはいったってのんびり。
I like walkingって言ってる人がたくさんいましたよw。
対照的に日本人観光客は、どーにかしてほしいぃ〜って言ってる人が多かったかなぁ

ということで、今日はタイムズスクエアーあたりをめざして散歩。
今日はミュージカルを見るのと、メトロポリタン美術館に行くことを目標にテクテク歩きました。


まずはtktsでマンマミーアの半額チケットをゲット!
そして、メトロポリタン美術館へ。



さすが4大美術館だけあって、たくさんの人が…
もう学生じゃないんだけど、インターナショナルスチューデントカードが今月末まで有効だったので学生割引で入場…。えへ。
全部ちゃんと見て回るのはすごくものすごく時間がかかりそうだったので、ショートカットしながら見ちゃいました。3時間以上は欲しいです。



そして、またタイムズスクエアーあたりに戻り、マンマミーアを見ました。
めちゃよかった!!!席も前の方だったし。ブロードウェイではいろんなミュージカルやってるので、どれを見るかだけでも迷ってしまいます。


セントラルパークあたりから撮った写真。
セントラルパーク周辺はとても静かでした。


気がついたらロックフェラーセンターの前に到着したので、写真を撮ってみた。
クリスマスツリーは大きかったけど、意外にその前のスケートリンクが小さくてびっくり。

ニューヨーク 1日目 

2005年12月25日(日) 2時57分
ボストンからバスで4時間。
ニューヨークに着きました。
バスの運転手がニューヨーク周辺は混んでいるので、確実に遅れます!と言っていた意味がわかりました。。。

そうです、私が着いたその日はスト真っ最中…。
バス、地下鉄すべてストップ。街は車と人で大渋滞してました。
carpool、taxpool、ヒッチハイク、バイク、歩くなどなどあらゆる手段を使ってニューヨーカーはマンハッタンまで通ったようです。中には片道3時間以上かけて歩いて仕事に行った人もいるとか。
凄い…
ということで、すべて歩きつくしましたよ〜。
毎日10K以上は歩いたかと思います。


地下鉄の駅には張り紙が…。
地下鉄は閉鎖されて中には入れない状態になってました。


仕方がないので初日はホステル周辺を散歩。
チェルシー→リトルイタリー→チャイナタウン周辺を散歩しました。

BOSTON 〜cafe〜 

2005年12月25日(日) 2時47分
ボストンはかわいいカフェがたくさんありました。
フリーダムトレイルを散歩中、すっごく寒かったので、カフェを見つけては入ってお茶。
とにかく寒かった。けど、カフェや雑貨屋をたくさん発見できました。

最終日ハーバード大学周辺を散歩中。偶然見つけたカフェ。

有名なチョコレート屋さんらしく、たくさん人がやってきてました。

ホットチョコレートを飲んでみた。
うまい〜
ちょっぴり苦かったですが…

フリーダムトレイルを散歩中。見つけたカフェ。
橋を渡ってすぐのところにあります。

BOSTON 

2005年12月25日(日) 2時27分
ここのところブログをサボりぎみでしたが、ボストン、ニューヨークに旅行に行ってました
ボストン2日目まではさやかちゃんといっしょでしたが、3日目とNYCは一人旅。初アメリカ一人旅なのでドキドキでした。

ついて早々、街を歩いていると…

サンタ裸祭り開催中…。異常に盛り上がってましたが…たのしそうでした

そして、地下鉄に乗ってみました。

ボストンの地下鉄は世界一古いのです。
とってもキュート。
古いのにモントリオールの地下鉄よりもキレイに感じたのはナゼ

乗り場は少しわかりづらいですが、いたってシンプル。



街は古い建物と新しい建物が心地よく織り交ざっています。
とても自然な感じがしました。
そして、騒々しさを感じませんでした。


3日目にフリーダムトレイルを歩いていて出会った風景。

ボストンは静かで落ち着いた街でした。

tax refund 

2005年12月15日(木) 6時53分
月曜日、ハウスメイトのコリアンの男の子が韓国に帰ってしまいました。
また友達が帰ってしまってちょっとしんみり。
そのため、彼と彼の友達とオールドモントリオールにご飯食べに行ったり、彼の友達がスパゲティーを作ってくれたりして、おいしいごはんにありつけた週末でした。

そして、日曜はLAVALのモールにまた行きましたよ〜。
バスにかなり乗るので、途中からこの道で大丈夫なのかな〜とかなり不安になりましたが…

そして、ついに見つけました!裾を切らなくていいジーンズ!!!



パンツを買った場合、日本にいようが、海外にいようがちびっ子の私は必ず裾を切るという作業をしなければなりませんが、カナダのお店はどうもやってくれるところが少ない。しかも、ジーンズはベルボトムが流行ってるようで、裾切ったらストレートじゃん!ってことが目に見えていたし、あるお店では
子供用試してみたら?といわれてしまったりで、ジーンズ買うのは自粛してました。

それがaeのプチサイズのジーンズは切らなくていいんですね〜。
しかもストレッチなのでらくちん。
ついつい興奮しちゃいましたよ

そして、カナダの滞在期間が1ヶ月を切りました!

ということでtax refundのお話し。

カナダは旅行者に対してtax refundをしてくれます。
物品を買って60日以内にカナダを出ればtaxを返してくれるという制度。

ただし、カナダで消費していないものに限ります。なので食品、交通費などは対象外。
そして、各レシートの金額が50ドル以上、レシートの合計金額が200ドル以上でないとダメです。

カナダを出たという証拠がいるので、出国の時に税関でレシートにスタンプを押してもらうことを忘れずに。
バンクーバーの空港などにtax refundの申請用紙が置いてあるので、参考にしてみてください。
たぶんBayなどのデパートにも置いてあると思います。

でも、日ごろ生活してて50ドル以上使うってことがあんまりないんだよな〜。
宿泊費も対象になるので、旅行に来た方はゼヒ。
カナダは税金が高いので、お得感があるかもよ。


hanakoちゃんがクリスマスカードを送ってくれました
こういう手の込んだものってカナダではなかなか見つけられないのでうれしいです。
リビングに飾ってますよ〜。
ありがと。
P R
■プロフィール■
■名前  まっきー
4年半のOL生活の後、カナダへ。バンクーバーで4ヶ月生活して、今はモントリオールでぐーたら生活送ってます。もうすぐ日本に帰国予定。フットサルとサッカーLoveです。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メロメロパーク
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:makkey77
読者になる
Yapme!一覧
読者になる