【 WHAT'S NEW 】巻き爪の矯正や手術の治療法


おすすめ情報



>> 巻き爪を自分で治療し治すならココ <<





外反母趾でお悩みの方に朗報です。
自宅で1日7分、30日間でその痛みから解消できます。
外反内反を整える足裏バランステーピング法


巻き爪の矯正や手術の治療法の更新情報

巻き爪の原因

巻き爪の原因として考えられるのは、サイズの合わない靴をはいていたり女性ならデザイン重視になってしまうばかりに、先のとがった靴やパンプスなどを履いていることで巻き爪ができてしまうこともありますし、爪を切るときに深爪をしてしまうことによって、巻き爪の原因のひとつといいます。

巻き爪の原因の情報ならコチラ


巻き爪の方ならわかると思いますが、巻き爪が痛くなってきたときに爪を短く切ると痛みから解放されて楽になりますよね。ですが、また少し伸びてくるとまた痛くなる・・・ということが繰り返し行われることで軽かった巻き爪がひどく深くなってしまう原因も大いにあります。

深爪のというのは、爪の皮膚や肉が見えるところまで切ってしまうことで爪が伸びるときに皮膚に食い込むように伸びてしまうため巻き爪が起こります。

なので、いかに巻き爪を防ぐかということは、ひとつは爪に負担がかからない靴を履くこと、そして深爪になるほど爪を切らないこと、この2つにさえ気をつけていたら巻き爪をひどくすることも防げますし、爪に負担がかからないので巻き爪になる可能性も少なくなります。

また、巻き爪は放っておかず、早いうちに治すことで自分への負担も少ないですし、巻き爪の痛みから解放されるので巻き爪かも・・・と思っている方は、早めに病院に行くようにしましょうね。

巻き爪の病院選び

巻き爪に悩んでいる日本人は、以外にも多いと知っていましたか。軽い人から重度の人までさまざまですが、巻き爪がひどいと歩くのも容易ではないですよね。爪を切りすぎてしまったときなんかは致命傷で、伸びてきたときの痛みは何ともいえない激痛が走ります。

巻き爪で病院へ行きたくないならこちらへ行きましょう


巻き爪は早いうちに治すことがすすめられていますが、病院でも何科に言ったらいいのかわからない方も多いと思います。

巻き爪の病院選びは、巻き爪の治療方法で選んでみるのが一番いいと思います。
巻き爪の治療方法には、大きく分けて矯正と手術の二通りがあります。なので、自分の巻き爪がどんな方法なら治すことができるのか、そして費用やアフターケアなどについても納得のいく病院を選ぶと安心して治療をすることができます。

また、医師が信頼でき丁寧に説明してくれる病院というところもポイントです。医師によっては、治療法もさほど説明せず、メリット、デメリットがわからないうちに「手術すれば治るから」と簡単に言われる方もいるといいます。たかが巻き爪ですが、されど巻き爪。一度治したからって二度とならないとは限りません。巻き爪の治療法以外にも対処の仕方や注意点などを教えてくれるような医師と巡り会えるように、アンテナを張り巡らせて調べてみましょう。

巻き爪のワイヤー

巻き爪にはワイヤーとプレートを使って、巻き爪を矯正する方法があります。この矯正方法にはプラスチック製のプレートを使ったり、形状記憶合金のワイヤーやプレートを使ったりと、他にもさまざまな矯正方法があります。

形状記憶合金の巻き爪用ワイヤーならココ


その中でもワイヤーを使って行う矯正方法には、多少爪が伸びていないとできないこともあるようですし、巻き爪が化膿してしまっている方には麻酔をして行うこともあるそうですが、矯正にかかる時間は数分だといいます。

また、矯正したからといって運動をしてはいけなかったりお風呂もいけないといった制限がありませんから、矯正をする前の生活と同じでいいといいます。治るのは手術よりも時間はかかってしまいますが、生活が不便になることがないので、巻き爪を治す方法としてはおススメです。

巻き爪のワイヤー矯正をして治ったとしても、二度と巻き爪にならないかといえばそうではありません。爪を圧迫してしまう靴を履いていたり爪を深く切ることを繰り返していたらまた巻き爪が再発することも充分ありえます。巻き爪は治した後が最も重要になってくるので、どういったことに気をつけたらいいのか、矯正を行う医師に相談するといいと思いますよ。

巻き爪の手術

巻き爪の手術の方法のひとつに、爪の幅を狭くして爪の角が皮膚に刺さらないようにする方法があります。これはフェノール法という手術法になりますが、手術というくらいですから、局所麻酔をする必要もあります。

また、この爪の幅を狭くする術法は巻き爪特有の痛みとはさよならできますが、外見があまりよろしくないようですし、爪の幅が狭くなってしまうことで足の力が入れづらいというデメリットもあります。

巻き爪を自分で治療し治すならココ


そして、巻き爪に二度とならないかといったらそうではないということですから、あまりおススメできる手術法ではないような気がします。重度の巻き爪で、痛みが激しく歩くことすらままならないといった方には矯正よりも手術のほうが向いているとは思いますし、手術にしても矯正にしてもメリット、デメリットが必ずありますから医師や専門職の方と相談しながらどういった方法を取ればいいのか決めるのが一番ではないかと思います。

軽い巻き爪だと思っていても、生活習慣によってはひどくなってくることも大いにありますから、爪に負担にならない靴を履いたり、爪の切り方に注意したりするといいですね。また、巻き爪だとわかっているなら、早いうちに病院へ行って治療をしてもらうことをお勧めしたいと思います。

巻き爪の矯正

巻き爪の矯正の方法にはいくつかあります。ワイヤーを使用したものから、プレートを使って矯正する方法とさまざまですので、どの方法がいいのかは医師と相談しながら決めるといいと思います。

巻き爪を自分で矯正すならコチラ


巻き爪を矯正するということは、歯と同じで曲がっているものを徐々に元に戻すことを道具を使って行う方法ですが、矯正のメリットは矯正したその日から普通に運動もできますしお風呂に入ってもいいので、何ら生活を変える必要がないところだと思います。

ですが、デメリットも存在します。手術と違って巻き爪が治るまでには数ヶ月から一年ほどは時間がかかるので、即効性は薄いというところではないでしょうか。でも、矯正なら入院したりする必要もないですし、病院に通う頻度もさほど高くないそうなので、時間がかかったとしても矯正をして巻き爪を治療する方もたくさんいます。

巻き爪の治療といえば、手術が主流だったときもありましたから治すとなると手術をしなくてはいけないと思って犬猿されがちになってしまうのが巻き爪です。今では医学が発達したおかげでいろいろな方法で巻き爪を治すことができますから、あの痛みに耐える必要もなくなると思えば、思い切って病院の門をたたいてみてはいかがでしょうか。

巻き爪の治療法

巻き爪の治療法は、いろいろなものがあります。手術をして治す方法と矯正で治す方法と大きく分けて二通りあります。

手術というのは、巻き爪になっている箇所を切り取ってしまう方法ですが、手術は10分程度で終わるといいます。半月ほどすると、走ったりといったことが可能だそうです。

巻き爪を自分で治す治療法ならココ


そして、矯正というのは、歯の矯正と同じで足の爪の矯正を行って治す方法ですが、手術とは違って治るまでに数ヶ月かかるとされています。どちらの方法がいいかは、自分で判断するにしても痛みというのは両方伴うもののようなので、覚悟しておくことも必要かもしれません。

しかし、巻き爪自体とても痛いものなので、治療が一時的に痛かったとしてもその後は巻き爪に悩まされることなく生活していくことができるので、我慢できるような気がしませんか。

確かに、手術や矯正をして巻き爪は治りますが、治ったからといって靴や足にストレスを与えるような生活をしていては、また巻き爪が再発する可能性もあります。なので、治すことを決めたときは足に負担をかけないような靴を履くようにしたり、爪の切り方にも気をつけてあげたほうがいいですね。