無線LAN接続

November 26 [Sat], 2011, 19:20
無線LANに接続できないまま時が過ぎ
いつのまにかUBUNTU11.10にアップグレードされてた。
そして、前にネットで方法を探したときは見つからなかったけど
今回探したら接続する方法を誰かがブログに書いてくれてた

つながらなかった原因はルータ(NECのAtermWR8600N HPモデル)ではなく
無線子機デバイスが必要なモジュールがUbuntuで有効化されていなかったかららしい

私が使ってるUSBの無線子機デバイスはPLANEX GW-USMicroNなので
まずはUSBの状態をチェック

あ、その前にコンソールの開き方から(恥)
画面左にある帯の一番上のDashホームをクリック
検索ボックスにカーソルがあるのでそのまま
gnomeと入力すると一覧に「端末」というのが出てくる
黒いディスプレイの中に>_があるやつ
端末と書いてあるやつね

$ lsusb
Bus 002 Device 008: ID 2019:ed14 PLANEX GW-USMicronN

デバイスはちゃんと認識されているみたい
次はモジュールのチェック

$ lsmod

rt2800usbが見あたらないのでlsusbで出てきたベンダーIDとプロダクトIDを書き込む
rootじゃないと書き込む権限がないので
まずはrootでログイン
$ sudo- s
パスワードを聞いてくるので入力するとrootになれる
そしてlsusbで出てきたベンダーIDとプロダクトIDを書き込む
# echo 2019 ed14 > /sys/bus/usb/drivers/rt2800usb/new_id

で、動くようにはなったけど再起動すると元に戻ってしまうらしいので
起動時に設定を読み込むようにする

udevにUSBのルールを追加
エディタを開いて

# PLANEX GW-USMicroN
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="2019", ATTR{idProduct}=="ed14", RUN+="/sbin/modprobe -qba rt2800usb"

/etc/udev/rules.d/99-wireless.rulesに
書いて保存しようとしたら権限がないといわれ保存できないので
(さっきrootになったけどコンソールの外ではrootではないので書き込みできないのかな)

$ vi
でviを起動
viには編集モードと入力モードがあるそうで
編集モードでaを押すとカーソルの右側から文字を挿入できる

入力モードにするコマンドは以下のとおり

a カーソルの右側から文字を挿入
A 行末のカーソルの右側に文字を挿入
i カーソルのある場所から文字を挿入
I 行頭から文字を挿入
o カーソルのある次の行に文字を挿入
O カーソルのある前の行に文字を挿入

編集モードのコマンドは以下のとおり

x カーソルのある場所の文字を削除
dd カーソルのある行を削除
yy カーソルのある行をコピー
p カーソルのある場所にペースト
P カーソルの後ろにペースト
J 行末の改行を削除
u 直前の操作をキャンセル
. 直前の操作の繰り返し
:w ファイルの上書き保存
:w! 強制的に上書き保存
:q viの終了
:q! ファイルを保存しないで終了

なんとか
PLANEX GW-USMicronN
ACTION=="add",SUBSYSTEM=="usb",ATTR{idVendor}=="2019",ATTR{idProduct}=="ed14",RUN+="/sbin/modpobe -sba rt2800usb"

を書いたらEscキーを押して編集モードに切り替えて
:w /etc/udev/rules.d/99-wireless.rules
とし、/etc/udev/rules.dに99-wireless.rulesというファイル名で保存する

modprobe の設定を追加。
$ vi
a
入力モードに切り替え
# PLANEX GW-USMicroN
install rt2800usb /sbin/modprobe --ignore-install rt2800usb $CMDLINE_OPTS; /bin/echo "2019 ed14" > /sys/bus/usb/drivers/rt2800usb/new_id

編集モードに切り替え(Escキー)
:w /etc/modprobe.d/wireless.conf
というファイル名で保存

画面上部パネルにあるネットワークマネージャアプレットをクリックすると
有線ネットワークが接続されている場合は「切断する」を選択し
切断されていますと表示されていることを確認する
ネットワークを有効にする(N)

無線を有効にする(W)
にチェックが入っている状態にする
接続しようとしているアクセスポイントのSSIDが表示されているか確認
表示されていない場合は
「その他のネットワーク」をクリック
無線セキュリティは自動で判別される

無線ネットワークにアクセスするにはパスワードか暗号キーが必要といわれるので
ルータに書いてある暗号キーを入力する

数秒待つと接続を確立しましたと表示されて接続完了

なんとかできるようになったみたい
Windowsでは無線LAN使ってるけど
UBUNTUではできないとあきらめLANケーブルをPCに
さしたままにしてたけど、これでやっと外せるわ

環境:
OS
Ubuntu11.10
ルータ
NEC AtermWR8600N HPモデル
無線子機
PLANEX GW-USMicroN

Shapeに1~500の数字を振り作成する

September 21 [Wed], 2011, 12:49
Sub MakeShape()
Dim i As Integer
Dim X As Double '作成X位置
Dim Y As Double '作成Y位置

Y = -21
For i = 1 To 504
'テキストボックスの位置きめ
Select Case i Mod 3
Case 0 '右
X = 565
Case 1 '左
X = 150
Y = Y + 122.25
Case 2 '中
X = 360
End Select
'テキストボックス作成
ActiveSheet.Shapes.AddTextbox(msoTextOrientationHorizontal, X, Y, 50, 20).Select

'プロパティ設定
With Selection
.Characters.Text = i 'テキスト
.ShapeRange.Line.Visible = msoFalse 'テキストボックスの枠線
.HorizontalAlignment = xlRight 'フォントの横配置
.VerticalAlignment = xlBottom 'フォントの縦配置

With .Characters(Start:=1, Length:=1).Font
.Name = "MS Pゴシック"
.FontStyle = "標準"
.Size = 11

.Strikethrough = False
.Superscript = False
.Subscript = False
.OutlineFont = False
.Shadow = False
.Underline = xlUnderlineStyleNone
End With
End With
Next i
End Sub

DVDリッピング

August 29 [Mon], 2011, 23:00
ファイルマネージャでCD/DVDドライブを右クリック
Braseroディスク作成ツールで開く
コピー元のディスクの選択ではCD/DVDドライブが表示されてるのでそのまま
書き込み先ディスクの選択でイメージファイルを選択
プロパティボタンを押して保存するファイル名を入力→閉じる
イメージの作成ボタンを押しISOイメージの作成開始

ISOイメージが完成したらデスクトップ上のアプリケーション→サウンドとビデオから
動画プレイヤーを起動
動画プレイヤーのメニューから動画→開く→作成したISOイメージを選択→追加
メニューの動画→作成したISOイメージの再生

libdvdcssインストール

August 29 [Mon], 2011, 22:09
コピーガード解除

端末から(Alt+F2で端末起動)

libdvdcss2_1.2.9-2medibuntu2+build1_i386.debパッケージを入手

wget -c http://packages.medibuntu.org/pool/free/libd/libdvdcss/libdvdcss2_1.2.9-2medibuntu2+build1_i386.deb


libdvdcss2_1.2.9-2medibuntu2+build1_i386.debパッケージをインストール

sudo dpkg -i libdvdcss2_1.2.9-2medibuntu2+build1_i386.deb


CD/DVDドライブからイメージを作る

genisoimage -o /home/ユーザ名/filename.iso /dev/cdrom

アプリケーション→サウンドとビデオ→動画プレイヤーを起動
動画→保存したイメージの再生でDVDを再生

アラートオフ

July 21 [Thu], 2011, 12:57
Docmd.SetWarnings False

csvインポート

June 27 [Mon], 2011, 13:04

Public filePath As String
Public fileName As String

Public Const FILETYPE_ACC As String = "Access"
Public Const FILETYPE_EX As String = "Excel"
Public Const FILETYPE_CSV As String = "CSV"

Public Function ShowFileDig(ByRef myPrompt As Variant, ByRef fileType As String) As Boolean

Dim myFName As Variant
Dim fileFilter1 As String
Dim fileFilter2 As String

ShowFileDig = False
Select Case fileType
Case "Access"
fileFilter1 = "Accessファイル"
fileFilter2 = "*.mdb"
Case "Excel"
fileFilter1 = "Excelファイル,*.xls"
fileFilter2 = "*.xls"
Case "CSV"
fileFilter1 = "CSVファイル,*.csv"
fileFilter2 = "*.csv"
End Select

'ファイル参照ダイアログボックスのカスタマイズと表示
With Application.FileDialog(msoFileDialogFilePicker)

.Filters.Clear 'ファイルフィルタの設定
.Filters.Add fileFilter1, fileFilter2
.FilterIndex = 2 '初期選択フィルタの設定
.AllowMultiSelect = False '複数ファイル選択の許可
.Title = "ファイル選択" 'タイトルバーの表示文字列の設定
.ButtonName = "参照" 'ボタンの表示文字列の設定
.InitialFileName = myPrompt

'キャンセル時にはShowメソッドは0(Long型)を返す
If CBool(.Show) Then
'選択ファイルのパスの取得
For Each myFName In .SelectedItems
myPrompt = myPrompt & vbCrLf & CStr(myFName)
Next
myPrompt = Mid$(myPrompt, 3)
ShowFileDig = True
Else
myPrompt = ""
End If
End With
End Function

Public Sub DataImport
Dim Con As New ADODB.Connection
Dim Rec As New ADODB.Recordset
Dim strTableName as String

Set Con = CurrentProject.Connection
Set Rec = New ADODB.Recordset
Rec.Open "SELECT * FROM " & strTableName, Con, adOpenDynamic, adLockOptimistic

FNo = FreeFile
Cnt = 1

If ShowFileDig(myPrompt, FILETYPE_CSV) = True Then
Open myPrompt For Input As #FNo

'トランザクション開始
Con.BeginTrans

On Error GoTo TransErr
Do While Not EOF(FNo)

Line Input #FNo, txtData
If Cnt >= intStartRow Then
arrData = Split(txtData, ",")
Rec.AddNew

Rec("フィールド1") = CStr(arrData(0))
Rec("フィールド2") = CStr(arrData(1))
                  ・
                  ・
                  ・
Rec.Update
End If
Cnt = Cnt + 1
Loop
'トランザクション終了
Con.CommitTrans

'ファイルクローズ
Close #FNo

'レコードセットクローズ
Rec.Close

'DBコネクションクローズ
Con.Close

MsgBox "データインポートが終わりました"

End If

Exit Sub

'エラートラップ
RecErr:
Close #FNo
Con.Close
MsgBox "レコードセットオープンエラー:" & "cmdCSVImport_Click" & vbCrLf & _
"インポートに失敗しました" & vbCrLf & _
"ErrNo:" & Err.Number & vbCrLf & _
"ErrDescription:" & Err.Description

Exit Sub
TransErr:
Close #FNo
Con.RollbackTrans
Rec.Close
Con.Close

MsgBox "以下のエラーが発生したためロールバックしました。" & vbCrLf & _
Err.Description, vbCritical
End Sub

猫の知ったかぶり

April 06 [Wed], 2011, 16:39
http://piyo.ciao.jp/vb/

レコードセットを開く

March 30 [Wed], 2011, 12:00
Sub a()
Dim Con As ADODB.Connection
Dim RS As ADODB.Recordset

Set Con = Application.CurrentProject.Connection
Set RS = New ADODB.Recordset

RS.Open "テーブル1", Con, adOpenKeyset, adLockOptimistic
RS.AddNew
RS![1] = 12345
RS.Update

RS.Clone
Con.Close

End Sub

------------------------------------------------------------------------------------
   カーソルタイプ
   adOpenForwardOnly: (デフォルト値)前方スクロールタイプカーソル。
   adOpenDynamic: 動的カーソル。
   adOpenKeyset: キーセットカーソル。
   adOpenStatic:静的カーソル。
   adOpenUnspecified:カーソル タイプを指定しません。

   ロックの種類
   adLockUnspecified  ロックの種類を指定しない
   adLockReadOnly  読取専用(既定値)読み取り専用.データの変更はできません
   adLockPessimistic  レコード単位で排他的ロック。
   adLockOptimistic  レコード単位で共有的ロック。
   adLockBatchOptimistic  共有的バッチ更新。

ファイル名取得

March 14 [Mon], 2011, 16:21
Public Const FILETYPE_ACC As String = "Access" 'ファイルタイプ Access
Public Const FILETYPE_EX As String = "Excel" 'ファイルタイプ Excel
Public Const FILETYPE_CSV As String = "CSV" 'ファイルタイプ CSV


'*****************************************
' 注意
'
' このモジュールを使うときは
' ツール→参照設定で
' Microsoft Office x.x Obejct Library
' にチェックを入れること
'*****************************************


'*************************************************
'マクロの説明:ファイルダイアログからファイル名を取得する
''パラメータ : myPrompt 取得したファイル名
' : fileType 取得したいファイルタイプ
'     : を定数から指定
'戻り値 : True ファイル名を取得
'     : False ファイル名を取得失敗
'*************************************************
Public Function ShowFileDig(ByRef myPrompt As Variant, ByRef fileType As String) As Boolean

Dim myFName As Variant
Dim fileFilter1 As String
Dim fileFilter2 As String

ShowFileDig = False
Select Case fileType
Case "Access"
fileFilter1 = "Accessファイル"
fileFilter2 = "*.mdb"
Case "Excel"
fileFilter1 = "Excelファイル,*.xls"
fileFilter2 = "*.xls"
Case "CSV"
fileFilter1 = "CSVファイル,*.csv"
fileFilter2 = "*.csv"
End Select

'ファイル参照ダイアログボックスのカスタマイズと表示
With Application.FileDialog(msoFileDialogFilePicker)

.Filters.Clear 'ファイルフィルタの設定
.Filters.Add fileFilter1, fileFilter2
.FilterIndex = 2 '初期選択フィルタの設定
.AllowMultiSelect = False '複数ファイル選択の許可
.Title = "ファイル選択" 'タイトルバーの表示文字列の設定
.ButtonName = "参照" 'ボタンの表示文字列の設定
.InitialFileName = myPrompt

'キャンセル時にはShowメソッドは0(Long型)を返す
If CBool(.Show) Then
'選択ファイルのパスの取得
For Each myFName In .SelectedItems
myPrompt = myPrompt & vbCrLf & CStr(myFName)
Next
myPrompt = Mid$(myPrompt, 3)
ShowFileDig = True
Else
myPrompt = ""
End If
End With
End Function

'*************************************************
'マクロの説明:ShowFileDigで取得したファイルパスから
'     :ファイル名だけを取得
'マクロ記録日: 2010/08/24
'最終更新日:2010/08/24
'ユーザー名 : Yamakawa
'パラメータ : myPrompt ShowFileDigで取得したファイルパス
'戻り値  : True ファイル名を取得できた
'   : False ファイル名の取得失敗
'*************************************************

Public Function GetFileName(myPrompt As String) As Boolean
Dim i As Integer 'ループカウンタ
Dim LenFilePath As Integer
Dim En As Integer

GetFileName = False '初期値設定
LenFilePath = Len(myPrompt) 'ファイルパスの長さ取得
If LenFilePath > 2 Then

En = 0
En = InStrRev(myPrompt, "\") '\がパスの後ろから何文字目か調べる
fileName = Mid(myPrompt, En + 1, LenFilePath)
GetFileName = True 'ファイル名取得成功だったらTrue
End If


End Function

ユーザ定義

August 20 [Fri], 2010, 12:13
セルの書式設定→表示形式タブ→ユーザ定義

例)1,000,000

#,  → 1,000
#,,  → 1

#(なんて読むんだろ・・・)のあとにカンマ

もしこれでもダメな場合は

#,###,

にしてみるといいかも?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Maki
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・ガーデニング-去年はよく使うネギやサラダ用のハーブをつくったよ
    ・洋裁-意外と器用なんです スカートなんかも縫っちゃいます
読者になる
昔つくったメモcgiがなくなってしまって
プログラムを書くときなど不便なので
代わりにブログを立てることにしました。
更新は気まぐれになりそうですが
('-'*)ヨロシク♪
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像まき
» カラーリング (2007年07月28日)
アイコン画像かなかな
» カラーリング (2007年07月26日)
Yapme!一覧
読者になる