夢の世界が見事に再現された映画シンデレラ!

April 27 [Mon], 2015, 13:13

見てきました!
映画シンデレラ!!!


私が子供の頃3.4歳で初めて見た映画が、
アニメのシンデレラ。


シンデレラを見たかった!
というよりも、、、






ケンケンがこちらをご所望、、、
アナ雪が大好きで、
レリゴーは全部歌うケンケン。
もちろんフリつきで(~_~;)
「Be a good girl you always have to be!」
の時に人差し指で注意するフリは
笑えます。






エルサがくしゃみをする度に小さなスノーマンが飛び出てくるのですが、
もの凄く可愛い!


ケンケンも気に入り
「クチュー!!!」
とくしゃみの真似をしだしました。


アナ雪好きにはたまらない可愛らしいショートムービーでした。






さて、シンデレラですが、
そんなに期待していなかったのですが、
とにもかくにも、よく出来ている!
完全に物語を細部に渡るまで再現しています。




継母役のケイト・ブランシェットの怖いお母さんが最高に継母!
お馬鹿な義姉妹も素晴らしい!
アカデミー主演女優賞受賞の女優がやると、本当に性格の悪い悪魔な女にしか見えませんでした。


2人の子供に読み聞かせをしている中でも好きな作品の一つで、出演するのを決めたらしいですが、至上ものすごーい嫌な女に見えるケイト・ブランシェットが見られます。




そして、シンデレラ役を見事オーディションで射止めたのが、
イギリス人若手女優のリリー・ジェームス。






映画を見て頂くとわかるのですが、
今回の映画のシンデレラは、
ただ美しいだけではダメな役。
絶世の美女であるのはもちろんのこと、
内から出る優しさや勇気が滲み出て美しさを見せなくてはいけない難しい役。


それを見事に演じきっていました。




彼女が宮殿のパーティーに登場し、
会場の皆が息を飲むシーンは、
存在感だけでそれを出さなければならない。
映画館の会場の全員、彼女の美しさと気品に息を呑みましたよ。




王子とシンデレラの美しいファーストダンス、
素晴らしくて、本当に魅入りました。






この宮殿の会場、
実際にはセットをそれ用に作ったそうですが、
細部に至るまで美しい!ゴージャス!




黄金のカボチャの馬車も素晴らしい!
美しいカボチャの馬車です。
女性なら憧れますよね〜〜






最後、王子が国中を周りガラスの靴が合う女性を必死で探します。
継母からの嫌がらせをすり抜け、
シンデレラがガラスの靴を履いたところで、


「ママ、良かったねぇ〜〜、
?本当に良かったねぇ〜〜」
と、ケンケンが繰り返し話しかけてきました。


大人しく膝の上で見ていたから、
寝たのかと思っていた母は
2時間しっかり見ていて、
内容が全て分かっていたケンケンの成長にビックリしました。




ヘレナの魔女も、
彼女らしい面白い魔女で、





マジックでドレスやカボチャやネズミやトカゲの御者が変身するところも、
凄いです!






プリンスチャーミングは最後までかっこ良く見えなかったのですが、、、






本当に細部に渡るまで再現されており、
元のストーリーが捻じ曲げられておらず、
子供の頃夢見たシンデレラの世界が、
本当にどこかヨーロッパの国であったかのような夢見心地になりました。




日本語版も高畑充希さんの歌が素晴らしいそうなので、
見にいくか迷い中です。




男の子のケンケンも楽しめた、
美しいストーリー、シンデレラ。


あの豪華さや迫力を見るには映画館がおすすめです。






あと、アナ雪好きにはショートムービーは必見です!!!











みなとみらい万葉の湯にてRELAX!!!

April 19 [Sun], 2015, 13:21

初!みなとみらいの万葉の湯。


なんだか混雑しているイメージで避けていましたが、
何やら色々楽しいらしいので、
ケンケンと海の見える温泉へ。


「お船だーー!!!」
と大興奮!




万葉の湯では、作務衣と、
沢山のオシャレな浴衣と無料貸し出しの洋服を選べます*\(^o^)/*




子供用の作務衣もあったよ??
かなりぶかぶかですが( ̄▽ ̄)
3歳以下は入場無料です。




館内は、
なんてことでしょう〜〜〜
湯河原から毎日お湯が運ばれているそうです。
横浜でも港北ニュータウンとかは
マンション建てるために掘ったら
温泉が出てきて、
源泉掛け流しですが流石に海辺は温泉を運んでるんですね。
(ちなみに浴室写真は撮影NGなのでHPより拝借しました)




そして、傍若無人なイヤイヤ期2歳児真っ只中のケンケンのために、
個室を予約!
こちらもオーシャンビュー!!!


「お船、お船!」を連発






「お船から僕の大切なのが見えちゃう??」
と気にしているのかしていないのか。






レストランではマグロの解体ショーが!




ケンケンより顔が大きいよ〜〜(≧∇≦)




そしてママは大好きなスパークリング清酒で、
自分で自分にお疲れ様〜〜。






「風呂上がりのソフトクリームは格別だぜぃ!」






更にこんな場所も発見!
ゲームセンター!!!
ケンケン、バイキンマンのもぐら叩きに挑戦するも、
俊敏さ足りずアワアワして終了( ̄▽ ̄)






更にこんなプレイルームも!
風に舞うバルーンの中で暴れまくり*\(^o^)/*
他にボールプールやら滑り台やら、
中々チャイルドフレンドリーな場所もありましま。






疲れたらソファでお昼寝。
テレビがソファの頭にあるスピーカーから聞こえてくるから、
静かに寝る事もできます。


ケンケン爆睡中にママはフィギュア鑑賞。






〆は、夜景を見ながらの足湯。
最高に気持ちヨカです。




観覧車のキラキラライトを指差して、
「トゥインクル、トゥインクルだ〜〜!」


沢山お風呂に入り、
沢山遊び、
沢山リラックスした1日。






幸せな寝顔でおやすみなさ〜〜い

プレイルームは気付くの遅すぎて
長居できなかったから、
絶対また行こう!!!




















映画 ソロモンの偽証 前編&後編を一気に見たら重かった事件(~_~;)

April 15 [Wed], 2015, 18:53

映画は私にとっての唯一の息抜きなんですが、
気になっていて見れなかった、
「ソロモンの偽証」
を、前編と後編と立て続けに観てきました。






お、重かった。。。


もの凄く親として考えさせられる内容ですよね。
不思議なもので私はほんの二年前までは
たかだか猫の親くらいしかやったことがなく、
この手の映画を見ると子供や生徒側の気持ちがよく分かったのだが、
今は登場する親や教師の気持ちが痛く分かり、
どうしようもない子供でも良い事ではないと分かっていても
子供を守る親の気持ちが分かってしまう。


そして自ずと大人の立場で映画を見ると子供の気持ちが分からない時がある。




たった2年だけでこんなに立場が変わるもんなんだと改めて思いました。


子供がこんな環境になったら何が出来るのだろうか?


色々考えた挙句、
やはり出来ることはアドバイスをし、
見守ることしかないのだな、
と、痛感する内容でもあります。



大事な我が子を護るにしても、
社会から全てをシャットダウンするのではなく、
いくらかダメージがあるかもしれいけれど、
子供としてそれを受け止め、
子供として解決し、
その過程を経て様々な事を得て、
人は大人になる、
もしくは、私自身もしっかりした大人になってるかどうか微妙なものなので、
その過程を乗り越えて様々な知恵がついていくから
必要な事なんだな、なんて思った次第です。




が、そんな綺麗ごとを並べていても、
もし大切な我が子がイジメや暴力に巻き込まれたら、
この映画の子供達のように現実と向き合い立ち向かう事ではなく、
留学させて離すなんて方法を取ってしまうんだろうか?など、
色々考えさせられました。






そして描かれている年代が正に私が中学生の頃の中学生達で、髪型やら家やら小物に至るまで随所に現代感がなく、あの頃を思い返しました。
前髪上げたり、ウェーブパーマの人とかいたいた!って。
有る事無い事で容疑者につきまとうテレビ番組とか、
今は叩かれるから大分減りましたが。


あの前髪をちょろ〜〜と垂らしつつも、
一部は前髪を立たせる髪型、
懐かしすぎました。


エキストラの方も皆、肩パット入り2ボタンスーツを着ていたりして、
細部までこだわり抜かれた映画でした。



そして、主人公の女の子の存在感と演技力が凄い!


圧倒されます。




そして、始めに自殺する男の子が、
「うわっ!私の子供の頃に顔そっくり!」
と思って見てたら






ケンケンにもそっくり!!!


中々怖い目を持つ意味深な中学生の役所だったけれども、
自分と我が子に似ていて勝手な親近感を持ってしまいました(~_~;)


似てませんか???




















SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット!

April 06 [Mon], 2015, 17:18

いよいよ2015のSuperGT岡山にて開幕しましたよ


私は↑のスバルBRZチームにて、MCをさせていただきました




やっぱりカッコいいですね〜
見た目は若干BRZがあるものの、




中身はまるで別物




量産車じゃない世界に一つの車なので、
なんだか何がエンジンで、とか、
全く分からない事になってます




ドライバーのシートはこんな感じ。
助手席に乗ってサーキットを一周してみたい
なんて思いましたが助手席はなかった。。。




更にスピードアップさせるために後ろのエアー部分も昨年よりちょっと形が変わり








車高も低くなり更に低重心に
もうほとんど地面スレスレです




そんな中でのスバル岡山でのファンミーティング
開幕戦の意気込みをインタビューしてきました




SUBARU BRZ R&Dスポーツの、
左 井口卓人選手 昨年から引き続き〜
右 山内英輝選手は今年からSUBARUチームにジョインしたニューカマーです








そして、始終思っていたのが、
卓人選手、通称タクティーが、ケンケンに似てるって事


もうね、控え室も試合の間も、
我が子が一流レースドライバーになった気になってしまいまして、、、

危ないお仕事についてお母さん心配よ!
くれぐれも怪我とかしないでね
という母心が溢れてしまいました




そんな中、封を切った開幕戦 ラウンド1 岡山です




今年からレースクィーンのブリーズちゃんも、
フルチェンジのニューメンバーでの
新体制です






スバルブースには沢山の子供達からの
応援コメントが寄せられています。




つたない文字での応援コメントはキュンときますね




スバルファンシートは青で埋め尽くされ、




サーキットは半年待ちわびた
モーターファンで溢れかえっていました






こんな、ちびっ子がカートに乗れるコーナーもありました



そして、岡山での結果は、
予選19位、決勝17位。


今回はいい結果を出せなかったスバルBRZでしたが、
GWの富士スピードウェイに期待しております















Profile


フリーアナウンサー中谷眞喜子の
仕事&プライベートブログ

名前:中谷眞喜子
性別:女性
誕生日:3月1日
血液型:O型
好きな食べ物:レバ刺し

↓↓ホームページへJUMP↓↓
MakiMakiNetCafe
2015年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる