London No.1 Afternoon tea, Lanesborough

September 28 [Mon], 2015, 2:12

ロンドン旅行記、中々忙しくてアップできずにいるのですが、


今回は超オススメのアフタヌーンティールームを紹介します




ハイドパークコーナーの駅前に
デーンと佇む高級ホテル、
レーンズボロウのティールームです








大変部屋数が少なく、
サービスが素晴らしいホテルで、
中のロビーも、一人一人のお客様に対応する感じのスタイル。




隣のナイツブリッジの駅からも
徒歩10分もかからないので、
ヨーロッパで一番大きいデパートのハロッズや




とにかくお洒落なデパート、
ハーヴェイニコルズから徒歩圏です。






超綺麗なお姉さんが、ケンケンをエスコート。


子連れもチャイルドフレンドリーな国イギリスでは、
OKが当たり前




その素敵なティールームが、こちら


内装が素敵すぎて、
シンデレラのお部屋

とケンケンが申しておりました




天井からの明るい太陽光が差し込む、
素敵なテラスタイプのティールーム。


夜はディナーもあります






£48-のアフタヌーンティーセットがこちら




他にもこれにシャンパンをプラスしたコースや、
出てくるアペタイザーにキャビアや高級食材がふんだんに使われているコースもあります。






紅茶は様々な種類が選べるのですが、
私のオススメは、
レーンズボロウのスペシャルブレンドの紅茶です。
3種類あり、
イングリッシュ・ブレックファースト、
ダージリン、
チョコレート風味のオリジナルブレンド、
が今回はありました


私はいつもイングリッシュブレックファーストをチョイスするので、
チョコレート風味をチョイス。


香りがチョコレートの香ばしい甘い感じで、
味はあっさり目で、
ミルクティーにするととても美味しかったです。


普通の紅茶と違い、
味に深みがある割に渋みが一切なく、
紅茶の濃い香りと味を楽しむ事ができます






ケンケンには飽きないために、
お絵かきセット新品をくださいました


親はこれでゆっくりアフタヌーンティーが楽しめます。






シンデレラのお部屋だ〜〜??
シンデレラのお家だよ〜〜〜〜??


と、はしゃぐケンケン






ピアノの生演奏を特等席で楽しみ、




スコーン、美味しい〜〜




三段になったプレートの一番下がサンドイッチ。
サンドイッチの上の段は、
スウィーツ






チョコにはホテルの名前が入っていたよ






スコーンは焼きたて
冷めないように、ティータオルで包まれています。



我が家以外にも普通にロンドンっ子達が、
子連れで来ているレーンズボロウ





1テーブルに1人でウェイターさんが付きます。


本場の本当に地元のセレブリティが通う
アフタヌーンティーに行きたいのなら、
このホテル以上のアフタヌーンティーはないと思います。


ロンドン訪問の際は、是非



本当は人に教えたくないくらいの、
観光客少なめの超オススメスポットです











何もかも、ロンドンぽくて、オシャレです











England in Summer!!! with Thomas!!!

September 24 [Thu], 2015, 13:55

ケンケンIN LONDON アゲインでございます。


今年頭に帰ってきたばかりですが、
今回は南の田舎の方へ行ってきました。






シェークスピア イン ラブの撮影地のRYEの海岸。




Doggyと干潟で散々遊びました




怖がっていた水にもなれ、
最後は砂遊びや水遊びを楽しんでいました。




Doggyにもすっかり慣れ、
散歩も連れて行くように。


正直、ケンケンが連れて行っているのか、
賢い犬が車道にケンが出ないようにリードでコントロールしているのか、
どっちがどっちかよくわからないような状況でしたが





猫とは違い、
自分と一緒に遊んでくれ、
命令すれば付いてくるワンワンの虜になっていました






そして、イギリスでのケンケン的ハイライトはこちらでしょう。


リアルThomas The Tank Engineです




The day out with Thomas

と言うのが、
イギリス各地の廃線になった路線で行われていて、
Tenterdenという昔機関車の駅だった観光地に年三回くる時に、
丁度日が重なり、一日中トーマス尽くしで遊びました




電車の車両は当時の古い車両のままなので、
ハリーポッターに出てくるような
雰囲気のある車内。
40分に一本のペースで往復してくるし、
一日中何度も乗ることができます。





色んなヨーロッパの国の人が観光で来ていて、
隣の座席のイタリア人の子供達と隠れん坊したかと思えば、




こちらは反対隣のイギリス人の子供と友達になるケンケン。
我が子ながら、怖いもの知らずなDNAをしっかり受け継いでいて、
頼もしいばかりです。








フェイスペインティングのコーナーもあり、




トーマスを描いて貰いました




駅のテントでは、Dusty&Rustyのコメディーショーも。






子供参加の部分もしっかり参加。






イギリスの昔からある定番の人形劇も。
定番ナンバーのPunch&Judyを演ってました。




面白ーい







他にも1日いても子供が飽きないよう、
ボールプールや、






メリーゴーランド。
これは何回乗ったか分からないほど、
乗り続けました




このメリーゴーランドのおもろいところは、
運転を管理しているのが、
90歳以上っぽい絶対何かがあったら対応できなさそうなお婆ちゃんだってこと
しかも、仕事中にお菓子食べてるし

恐怖


ですが、子供の管理は親の仕事に親の責任、
という徹底した考えは素晴らしいと思います。


最近の日本は、子供の態度が悪いことや、
暴力的になり出したことなど、
学校の責任や施設の責任にする親が多いですからね。


回転扉やエレベーターやエスカレーター、
全て親が責任持って見張るべきだと思っているので、
それは子供が何人いようと関係なく、
そう躾けるのが親の役目だと思うので、
こういった点ではイギリスは素晴らしいと思います。




リアルトップハムハット卿ともお写真をパシャり。






トーマスのグッズ屋さんも併設。




買って〜〜のご要望で、
帽子と障害者寄付にも繋がるキーホルダーを全種類








トーマスの仲間達を紹介する本も買ってもらって、
ワッヒョーイ




車内では仲良くお菓子とチップスをたべっこして
とっても楽しい1日でした




兎にも角にも楽しい、
デイアウト With トーマス
http://events.hitentertainment.com/en-us/dayoutwiththomas/index.html

毎週末イギリスの郊外のどこかでやっているようです。


ロンドンにご旅行の際に日帰りでこのTenterdenは行ける距離なので、
トーマス好きにはオススメです


イギリス、トーマス編でした。





最後の青葉区チューリップ祭

April 10 [Thu], 2014, 18:13

青葉台のお隣の駅、
駅で言うと藤が丘、
場所で言うと東名高速道路青葉インターの真下に
青葉区が運営している公園があります。


ドッグランあり、
テニスコートあり、
サッカーコートありで、
青葉区民に愛されているこの場所で、


現在チューリップ祭りを開催中


色とりどりのチューリップが
かな〜り広い園内一体咲き乱れています


しかも、1人5本までチューリップ無料で
好きなものを選べますよ


たぶんこの様子じゃ今週末でチューリップ全部なくなっちゃうかなあ〜
と思いきや、4/18現在でまだまだまだまだお花が残っています


そしてこのイベント、毎年行われていたのですが、
なんと今年で最後
公園の場所が第3京浜と繋ぐ工事が始まるため、


今年が最後のチューリップ狩りです

是非、チューリップ狩りに、青葉インター真下の公園へ


年上の彼女と、ハイポーズ

ニューカレドニア メトル島の水上コテージと巨大伊勢海老♪

November 14 [Wed], 2012, 19:37


ニューカレドニア、
後半は首都ヌメアから水上バスで30分ほど行った
小さな島、メトル島エスカペードホテル
水上コテージに宿泊



お部屋からそのまま海へも入れます

さて妊婦の私は、そんな水上コテージで、、、



またしてもマタニティビキニ

むしろ、隣からも見えないテラスなので
全裸でもいい位なプライベート空間
(て、やらなかったけどもネ(^_^;))



このメトル島は一周15分程度で回れるくらいの小さな島



なので、食事はホテルで三食食べることになるのですが、、、、



カエルに鹿肉、



さらにはカンガルー

すごいね、フランス料理って

もちろんウサギやカモなんかも出てきましたよ

日本以上にありとあらゆる動物のお肉を食べるんですね

結果、牛肉や鶏肉がやっぱり柔らかさやジューシーさでは
遥かに美味しいという事がわかりました



そして、メトル島は浅瀬に囲まれているので
海に入るとお魚いっぱいのサンゴ礁が広がっています



そんなわけで、マタニティ・シュノーケリング

沢山の熱帯魚たちと戯れてきました

あ〜、南の海を満喫
もうこれで子育て前にしておかないといけない事をし尽くした感じです



そして、ニューカレドニア最後の夜は、首都ヌメアにて観光
これは、大航海時代にニューカレドニアに上陸したフランス人によって
造られた街のシンボルにもなっている古いチャペル



街の中心・ココティエ広場ではタヒチアン的なショーが行われていました
沢山の観光客、というより地元の人たちで賑わっていました



そして最後の夜はアンスヴァタのホテルの近くにある
地元の人で予約いっぱいのミレッティ・ガスコン



顔よりも大きな伊勢海老を食しました

超ウルトラMAX美味しかったです〜〜〜

日本だとこれだけの伊勢海老食べたら幾らするんだろう
そっちが気になってしまいますが、
夫婦で伊勢海老含めたフルコースを食べて二人で1万円程度

あ〜、
浅草にもこんな店があったらいいのにな



思う存分、泳ぎ、食べ、遊んだニューカレドニア
最高の6泊7日でした

また子供が大きくなったら、
この大自然と美味しい食事とを体験させてあげに行きたいです


新婚旅行で世界遺産の海へ。ニューカレドニア・イル・デ・パン編

November 02 [Fri], 2012, 19:06


行ってきました〜
南半球、世界遺産の海を有する天国に一番近い楽園、
ニューカレドニア

まずは二泊、首都ヌメアのある本島のホテル
ホテルの部屋からは本当一のバケイションビーチを誇る
アンスヴァタのビーチが望めます



ニューカレドニアはオーストラリアの丁度真東に位置する島々
南半球なので、ちょうど今は初夏といったところでした。
泳ぐにはちょっと肌寒いかな、といったところです。



でも、せっかくの世界遺産の海
しっかり泳いできました



さて、着いた初日は機内泊、ということもあり二人ともかなりお疲れモード
アンスヴァタのビーチお散歩して、
そして昼寝をして終了



フランス領という事もあり、
ビーチ沿いにあるカフェもなんだかヨーロッパの香りがします

腹ごなしをした後での初日のミッション

ど〜しても世界遺産の海があるイル・デ・パン島ウベア島へ行きたかった私達。
しかし、旅行を予約した時からある問題が。。。

それは、私が妊娠しているという事

本島から離島への飛行機は数がもともと少ないので満席

ならば高速フェリーで、
と思っていたものの、
旅行を予約してキャンセルが効かなくなった状態で、
妊婦さんは高速フェリーを使うツアーは離島で危険が伴うため乗船はお断りしております

なぬ〜〜〜〜

ならば、
現地のツアーに妊娠を隠して潜り込むしかない・・・

てなわけで、



片言の英語しか通じないフランス人経営のツアー会社で
お腹の目立たない恰好でツアーを申し込み、
お腹の目立たない恰好で高速船にこっそり乗り込み、
世界遺産のサンゴ礁を有するイル・デ・パン島へ行ってきました〜〜〜〜



現地に着いたらこっちのものさ〜

マタニティビキニで遊びまくり〜〜〜
ブル〜の海だよ〜〜〜〜〜

そして、イルデパン島の秘境、
ピッシング・ナチュレへも行ってきました



イルデパンの港より車で30分程行った所にあるとある湾

この河を15分程歩き、渡ります

ツアーガイドさんが居なければ絶対に行けないような、
というか普通なら、
渡れるとはいってもこの深さの河を15分も歩いて渡ろうとは思いません

更に獣道を歩くこと10分

文明が発達していない土地が苦手なうちの旦那さん
旦那 「こんな河渡るの無理、これ無理
私 「置いてくよっ 小学生の参加者でもついてってんだから

と若干喧嘩しつつ河を渡り獣道を歩くこと30分



なんていう事でしょう〜〜〜

見たこともないような透き通る天然の海のプールが



海の透明度は限りなくクリスタルクリア〜

お魚が通っていくのも透き通る水の中美しく見えます

あんなに嫌がっていた旦那さんも、
綺麗な海に着いたころには、
すっかり癒され来てよかったと申しておりました



行ってよかった、
イル・デ・パン島

次回は、メトル島の水上コテージの写真を載せますね〜






山梨 ジュエリーツーリズム 二日目 ♪

January 17 [Tue], 2012, 18:19


山梨ジュエリーツーリズム二日目は、
実際にジュエリーを作る工程、
そして山梨ジュエリーの将来を担う職人さんを育成する学校の見学へ行ってきました



まずは、山梨県立宝石美術専門学校
http://www.pref.yamanashi.jp/houseki/jewelry/index.html
ここでは、
ジュエリーを扱うビジネス科と、
ジュエリーのデザイナーを育成するデザイン科と、
それを作る職人を育てるプロダクト科があります
約2年の間に一人前の職人に育て上げます



学生さんの作業を見学
かなり高度な卒業製作を作っていました

最近のジュエリー製作は機械化されていて、
デザインを機械にインプットするだけで
そのワックス型が出来上がるそうなのですが、
ここでは機械を使わない手作業のジュエリー製作も学びます



学生さんの作品
スカルのリング
手作りだとは思えない高度な技術です



学校見学の後は、
実際のジュエリーを一貫作業で製造販売している、
石友さんの見学です
http://www.ishitomo.co.jp/
ちなみにこの地球儀、全て天然石で出来ています
国ごとに石が違います
すご〜い



実際の職人さんの手作業を拝見

この石友さんでは、
宝石の輸入からデザイン・製作・販売までを一貫して行っています
だから、自分の選んだ石で、
自分が描いたデザインのオリジナルジュエリーが作れるんです
しかも一貫作業なので、リーズナブル
ブライダルなどの、
世界に一つだけのジュエリーを作りたい人にお勧めです



これは写真撮影許可を頂いた作品なのですが、
これ、指輪のツリーなんです

こんな状態になっているものを一つずつ外して、
磨きをかけて石をはめて指輪になります
面白いものを見させていただきました



工房見学の最後には、お土産をいただいてしまいました〜
山梨をモチーフにしたピンズ
早速私の部屋のピンズコレクション、
洞爺湖サミットのピンズの隣に飾らせていただきました



工房見学の後は、
勝沼にある、ビストロ・ミル・プランタンにてランチ
http://r.tabelog.com/yamanashi/A1901/A190104/19005215/

甲州麦芽牛で〜す
麦芽を食べて育った牛なのですが、
赤身な割にとても柔らかく、
炭火で焼かれて香ばしさと
そのジューシーさにノックアウトされました



更にここでもワインの飲み比べ
勝沼の白ワインをしこたま飲みました

あっさりして、水のようなさらっと感の中に、
ぶどうのフルーティーさが溢れていてとても飲みやすかったです
=飲みやす過ぎて飲み過ぎてしまいました

どちらも本当に美味しかったです



ランチ後はお土産お買い物タイム〜
道の駅でこんなに大きな柚子を発見



さらにチャレンジャーなお土産も発見
B−1グランプリを取った鳥もつ煮のドロップス
この飴、舐めるの怖いな〜
以前、北海道で買ったジンギスカンキャラメルは、
ジンギスカンの味が忠実に再現されていて、
不味くて吐いた覚えが…



甲州ワインビーフのプテトチップス
これは、美味しそう



甲斐の地桃と地ぶどうのジュース
白桃と生ぶどう食べてるみたいなお味で美味しかったです



そして、家へのお土産は、
生信玄餅
ナマなので賞味期限が3日ですが、
普通の信玄餅と比較にならないくらい美味しいです
山梨のオススメのお土産です



というわけで、
楽しい山梨のジュエリーツーリズムはこれにて終了
バスで新宿まで送って頂いたのですが、
たったの1時間の中央道で帰って来れちゃいました

とっても近くて、
女子心をくすぐるイベント盛りだくさんな山梨
これからイチゴ狩りが始まるので、
イチゴ狩り&ジュエリーショッピング&温泉の旅などお勧めです

私はよく日帰りで山梨へ行くのですが、
電車でも一時間ちょっとで行ける穴場スポットなので、
是非家族、カップル、女子旅で行ってみてください

日本一のジュエリー生産県・山梨ジュエリーツーリズム♪ 一日目

January 13 [Fri], 2012, 12:13


ここ最近、女子旅で注目されている山梨県
今回は、山梨県観光部のジュエリーツーリズムに参加してきました

山梨県は江戸時代、水晶が採れることから、
ジュエリーの加工技術が発達し、
それ以降世界有数のブランドのジュエリーを生産しています

銀座の中央通りにある世界的有名ブランドの数々、
実は山梨産なんですよ〜〜〜



まず始めに、ビックサイトで行われていた国際宝飾展へ
ここでは山梨ブランドのKoo-fu が展示されていました
http://www.koo-fu.com/
凄くオシャレな作品ばかり

山梨の高度な技術とデザイン力、
そして純度が高く傷がつきにくいプラチナ950が使われています
傷がつきにくいからブライダルジュエリーには持って来いかも

国際宝飾展では、毎年ジュエリーベストドレッサー賞が選ばれます
今年は10代の部に武井咲さん、
20代の部にAKB48の大島優子さんが受賞され、
メディアにも話題になっていました

そして、
私の大好きな少女時代も特別賞を受賞



これが、少女時代が受賞したジュエリーです
可愛い〜〜〜



さて、ビックサイトを後にした私たちはバスで山梨へ
途中談合坂パーキングエリアで腹ごなし
伝説のスタ丼です



牛スタ丼、めっちゃ旨かったです



山梨についてまず先に立ち寄ったのが、
Koo-fuを始めとする山梨で生産されたジュエリーが買える
かいてらす
http://www.kaiterasu.jp/
大きな水晶がお出迎え



水晶が盛んという事で、水晶のブレスレットがずらり
どれもとてもリーズナブル



私はブリリアントカットされた水晶にK18の金が留金のピアスをご購入〜
なんと、18金が使われていて、
これで3500円ですよ〜〜〜



かいてらすでは、山梨産のジュエリーが買えるのですが、
生産者さんから直接来ているので、
値段が、安い
本当に激安です
御徒町よりはるかに安いです

銀座・中央通りの某ブルーのパッケージが有名なあの店や
深紅のパッケージのあの店と同じジュエリー工房で作られているものが
卸業者さんを通さないので安価で購入できます



かいてらすでは同じくワインもリーズナブルに買う事が出来ます
しかも試飲付き
軽くグラス2杯分くらい試飲してしまいました
中にはビンテージワインもあり、
そのうまみとコクにノックアウトされ、2本購入〜
レベルはフランスワインを上回っちゃってるね
どこかでホームパーティーする際には持って行きますので、
皆さん期待していてください



思う存分お買い物を楽しんだ後は、
甲府の繁華街にあるフォーハーツカフェ
http://r.tabelog.com/yamanashi/A1901/A190101/19001024/
山梨の地産の野菜甲州牛甲州信玄豚が楽しめます



とろっとろに煮込まれた甲州信玄豚に〜



松坂牛に引けを取らない甲州牛〜〜〜〜



そして、ここでもワインの飲み比べ
こんなにボトルを開けました



山梨ワインは白ワインが特に美味しいのですが、
その中でも私はブランカがお勧めです
フルーティーでさわやかな飲み口は、
山梨の野菜との相性も抜群です

それにしても私はどれだけ飲んだんだろう・・・
川島なおみさんみたく、
私の血液はワインで出来てるの
って言えるくらい飲み干しました



そして宿泊は甲府の中心部にある古奈屋ホテルです
http://www.konaya.co.jp/



甲府のペニンシュラといっても過言でない、
素敵な内装とサービス



山梨と言えば温泉
というわけで、露天風呂もありました
バリ風のお洒落なお風呂にうっとり
温泉で思い切り普段の癒してきました

というわけで、山梨ジュエリーツーリズム一日目は終了〜〜〜
盛りだくさんだったな〜〜〜〜
そして、凄〜〜〜〜〜〜く楽しい一日でした

二日目以降は、また、新たに。。。

日帰り 山梨旅行♪ 熟女ヌードあり(笑)

November 18 [Fri], 2011, 22:40


本日は心も身体も癒されに
山梨へ日帰り旅行へ行ってきました

ぶどうの季節は終盤で、
至る所にあんぽ柿が吊るされていました〜



そして、寒くなってきたこの季節、山梨で食べるのは、
頑固おやじの手打ちほうとうにて、
ほうとう真剣勝負で優勝したほうとうをいただきました



名古屋の味噌煮込みうどんの饂飩を彷彿とさせるような、
固い歯ごたえとコシのあるほうとうと、
たっぷりのお野菜たち

あっさりとしているけれど、
しっかりとした味のあるお出汁が絶妙に美味しい
さすが、名人のほうとうです



その後は、本日のメインイベント、
ほったらかし温泉で〜す

今回は、あっちの湯です

こっちの湯、あっちの湯とあり、
なんとそっちの湯もそのうち出来るそうですよ

もちろん山梨なので、富士山と甲府盆地を見ながらの露天風呂
なかなかオツです



今日も観光バスで全国からの旅人が。
母は露天風呂で出会った、
千葉からのご婦人と愛知からのご婦人と話し込み、
気付いたら一時間以上入浴してました

おかげで二人とも肌が赤ちゃんみたいになりました

お腹と身体が癒され、
心もたっぷり休養できました

東京から高速で一時間で着いちゃうリゾート、
山梨県・甲府

癒されたい女子・男子、
おすすめで〜〜〜〜す


ビタミンやまなしで旅行を当てる♪

November 12 [Sat], 2011, 22:43
無茶苦茶くじ運がイイ私

試写会を応募すると95%位の確率で当たります

そ、こ、で

こんなにいいもの見つけました



ビタミンやまなしキャンペーンで、
山梨旅行がペアで当たる

↓ビタミンやまなしHP
http://vitamin-yamanashi.jp/




銀座線銀座のポスターでえみりちゃんが女子旅を
推してた山梨

ほったらかし温泉とか、甲府のフルーツパークとか、
私、結構山梨好きなんですよね
車で行くと近いし



温泉もあり、富士山も見え、ふどう狩りに梨狩りして、
ワインセラーでほろ酔い気分
いいじゃないですか〜〜〜〜っ

当たるといいな

首里城城主、琉球王国の末裔は何処に住んでると思います?

November 06 [Sun], 2011, 22:35


沖縄三日目
首里城にいってきました〜〜〜〜

琉球王国って沖縄だけ統治してたんじゃどうせちっちゃい城だろうな、
と思っていたのですが、
とんでもない

かなり広大な敷地にまずビックリ
中国のような彩どりと、日本の微細な建築技術が融合した素敵なお城

1400年代から続く琉球王朝でしたが、
なんと末裔が今なお続いているそうです

名前は尚さん。
この尚さん、今は都内の一等地で暮らしてるんだって
沖縄では大地主ってことで都内に移住

え〜〜っ
それってアリですか〜〜〜っ



お昼は国際通り近くの公益市場



一階の魚屋さんで選んだ魚やカニを
二階のお店で好きなように調理してくれます



ここはやっぱり沖縄ならではのを食べましょ〜ってことで
アオブダイ(真っ青な鯛)と夜行貝とマングローブガニをセレクト

新鮮過ぎて激ウマでした〜〜
幸せ



ちなみに、公益市場ではこんな物も売られていました
オーマイガッド
怖くて食べられないよ〜



デザートはブルーシールアイスクリーム



紅イモとマンゴーのソフトクリームを食べました
美味しさと美味しさが出会ってしまったよ〜
右から食べても左から食べても旨し
幸せの連鎖でっせ



今度は車を南へ走らせ、
琉球漆器、というお店へ。

琉球漆は日本から伝わったものではなく、
中国から伝わった漆器の技術なんですって。
南国の島っぽい貝が埋め込まれたものが多くて、
絵柄が少し華やかです。

ここでは職人さんが実際に作っている所の見学や、
また自分でも琉球漆器を作ることができるんです。
時間がなかったので体験は諦め、
お世話になった知人へ琉球漆器をご購入
気に入ってもらえるといいな



そして沖縄最後の観光は、最南端にあるひめゆりの塔です
沖縄県立第一高等女学校の生徒222名、教師19名が
ひめゆり学徒隊として終戦の年に駆り出されました
ところが沖縄の北を制圧したアメリカ軍に押され、
日本軍に看護要員として従軍して一緒に南下します。
しかし、勝負の行方が見えた日本軍から、
突如解散の命令が下ります。
つまり、日本が沖縄を手放し玉砕すると決めたんですね。

戦場で放り出されてしまったひめゆり学徒隊。
逃げる途中に、あるものはガス弾で死に、
あるものは砲撃に会い、
残りの者はひめゆりの塔が建立されたところにある
深さ14メートルの壕へ逃げます。
(実際に見たのですが深くて暗い暗黒のような穴です)

でも、アメリカ兵に捕まるくらいなら自決せよ、との事で
ひめゆり学徒隊も幼い命を絶つこととなりました。
玉砕と決めた日本兵は、彼女たちに自決ができるよう、
手りゅう弾や日本刀を置いて行ったそうです。

ほとんどの生徒、そして引率していた先生は亡くなりましたが、
生き残りのおばあちゃんがいらっしゃり、
ひめゆり資料館でお話をしてくれました。

食料もなくなり、医療品も尽き、
怪我の酷い患者には手りゅう弾を渡して、
防空壕の重症患者たちを置き去りにしていったそうです。
水のない生活の中、自分の尿を飲みだした患者もいて、
本当に地獄絵図でしたと語っていました。

今の平和な日本の生活があるのは、
彼女たちのような犠牲の上に立っているのだなと
つくづくと感謝しました。
資料館ではあまりの辛さに、涙が胸まで込み上げてきます。

ここへ行ったおかげで、
今の自分の生活がいかに恵まれているか、
そして贅沢な生活が出来ているという事を知り、
それを知らせてくれて「ありがとう」と感謝しました。
日頃の生活では、普通の生活に感謝の念など生まれなかった。

本当に、ありがとう。



さて、
沖縄最後の食事は、
ジャッキーステーキハウス
沖縄で初めてできたステーキ屋さん
どうしても行ってみたかったお店です



アメリカサイズの肉に大興奮
お肉柔らかくて、味付けが一切されておらず、
自分で塩コショウ、ステーキソースなど等、
味付けして食べます。
とにかくお肉が柔らかくて美味しいので、
肉のうまみだけで充分 といった感じです

はあ、楽しかった沖縄2泊3日
あっという間に経ってしまいました

まだまだ行ってみたいレストランが沢山あるし、
今度は青の洞窟でダイビングをしたい

絶対、またいくぜ〜
待っててね〜







Profile


フリーアナウンサー中谷眞喜子の
仕事&プライベートブログ

名前:中谷眞喜子
性別:女性
誕生日:3月1日
血液型:O型
好きな食べ物:レバ刺し

↓↓ホームページへJUMP↓↓
MakiMakiNetCafe
2015年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる