UDON

2006年09月30日(土) 23時17分
またしてもだいぶ日にちが経ってしまったけど、この日は今年42本目の映画「UDON」を見に行った…はず。(10/8記)

そもそもこの週末は1泊2日で旅行に行くはずだった。
しかし、カナダから帰国して1週間、ちょうど疲れが出てきたところ。
さらに私は季節の変わり目に弱かったりするので、すっかり体調を崩してしまい、だいぶ迷ったものの旅行はキャンセル。
ちょっとふてくされつつ、2日間ともゴロゴロ寝ていたのだが、今見ないと「UDON」が終わってしまう…ということで、のそのそと出かけた。

とにかくいろんな俳優が出てくる、出てくる。
しかもネタ(?)の懲りようがさすがROBOT。
ただ、そもそも話はいたってシンプルなので、いろんな人が出ようが、ネタが盛りだくさんだろうが、2時間超はちょっと長かったかな。
「サマータイムマシンブルース」の面々はちょっと懐かしかったけど。
さらに私はオナカの調子が悪かったので、せっかくスクリーンに次から次へと登場するうどんも、あまり魅力的に感じられないという哀しい状況だった。

でもどうしてどうして、香川県の山はお椀をひっくり返したように、あんなにほっこりしてるのだろうか。
むかーし、出張で行ったことがあるけど、まるで「日本昔ばなし」の世界だわと感動したのをよく覚えている。
あと、ほんとにうどんばっかり食べるんだよね。
1泊2日の間、食事は3回うどんだった。
帰りの高松空港で手打ちうどんセット(粉、塩、麺棒入り)を買ったのも懐かしい。

…って、映画の感想とあまり関係ないか。

「キッチン展」ありがとうございました。

2006年09月27日(水) 23時46分
旅行なんぞをはさんでしまったため、ここに記すのがすっかり遅くなりましたが、無事に「キッチン展」終了しました。

今回はキッチンに住み着いている動物たちをイメージしながら5点の作品を出展しました。
バートックギャラリーのジェインさんからお話をいただいたのが、約1ヶ月ほど前。
私にしたら、余裕のスタートを切ったにもかかわらず、気づけばいつもどおり最後までバタバタ…。
早めに着手すると、結局は睡眠不足の期間が増えるだけみたいです。

今回の睡眠不足は長期だったのでかなりつらかった。
会社で仕事中に眠くなる、とかより、めまいや頭痛がひどくて、「ああ、睡眠って大切ね」って身にしみて感じました。


ちょっと照明が写りこんでしまった…

写真にある「KITCHEN」の綴りをおりこんだコースターセットなぞは、搬入日の2日前まで何も描けていなくて、このまま4点で済まそうかと思ったくらい。
またしても夜中にカッターナイフを振り回して紙を切りまくりました。

それにしてもお忙しい中、ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
睡眠不足の辛さなんて、思わずふっとぶくらい嬉しかったです。
こういう瞬間、「描いててよかった」「もっと描きたい」と心から感じることができます。

その気持ちを大切にこれからも、少しずつイラストを描いていけたらと思います。

バートックギャラリーさんのHPにも写真がUPされています。
 こちら

帰国報告&カナダについての雑感

2006年09月23日(土) 23時27分


(写真上段)ナイアガラフォールズ、ナイアガラ・オン・ザ・レイク
(下段)トロント、ケベック


9/23の夕方に無事に帰国。
旅行中、ブログにコメントをくださった皆さんありがとうございました。

9/17から始まった、ナイアガラ3泊、ケベック2泊のカナダの旅は、ついに終わりを迎えてしまった。
旅行後の感想をひと言で述べるなら、「カナダは広いなー」につきる。

それを体感したのは気温変化の激しさ。
もちろん日によって天候が不安定だったこともあるけど、ナイアガラでは日差しがキツく、日中汗ばむくらいに暑かったのに、トロントへ足をのばしてみたら、カーディガンを羽織らないと寒い。
これがさらにケベックへと移動すると、キャミソール+長袖カットソー+カーディガン+薄手のジャケットでもまだ足りず、ストールを首にぐるぐる巻きにするほど寒かった。

あと言語の違い。
ナイアガラ、トロントはもちろん英語がメインだが、ケベック州は通りの名前も、看板や標識もすべてがフランス語。
石畳の街は、ここがカナダだとは信じられないくらいフランスの香りで満ちていた。
でもナイアガラ・オン・ザ・レイクは、ちょっとイギリスの田舎街のたたずまいを感じさせたし、もちろんナイアガラフォールズ近辺は自然の雄大さが迫りくるし、一方トロントはまぎれもなく都会。

短い日程の中で、いろいろな表情を見せるカナダは、ちょっと正体をつかみ損ねた気もするけど、私にとっては魅力的な国だったと思う。

いよいよ帰国

2006年09月23日(土) 1時50分
いよいよ今日は帰国の日。
まずはケベックからトロントへ移動。
ケベックは空港も小さいので、小型の飛行機で。
なぜか、小さい飛行機とそのサービスには、JAZZという名前がついている。

シャトー・フロントナック

2006年09月22日(金) 16時26分
ケベックの最高級ホテル、フェアモント・ル・シャトー・フロントナック。

メープルソフト

2006年09月22日(金) 16時23分
北米でもっとも古い商店街、プチ・シャンプラン通り。
いちばん端にあるメープルシロップ屋のメープルシロップ入りソフトクリーム。

マルシェでりんごを買う

2006年09月22日(金) 16時18分
セント・ローレンス川べりにあるマルシェへ。
りんごといちごを買う。
りんごはLOBOという品種で、今が旬らしい。

クレープ

2006年09月21日(木) 6時51分
クレープ屋でひとやすみ。
いちごとメープルバターとバニラアイスクリームがつつまれたクレープ。
これでもスモールサイズ。

ケベック

2006年09月21日(木) 6時46分
今日は朝4時に起きて、8時台の便でトロントからケベックへ移動。
ケベックは、やはり町並みがフランスそのもの。

松井に会いに行く

2006年09月20日(水) 10時47分
ダンナのたっての希望でロジャースセンターに野球を見に行く。

お目当ては、トロントに来ているヤンキース松井。
期待満々だったのに、観戦した2打席ともノーヒット。
4回表まで見たところで、帰りのバスに間に合わなくなるので途中退席した。

写真は試合前にウォーミングアップする点のような松井。
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール
名前
まきまき
好きなこと&もの
映画鑑賞・小さいおもちゃ・イラスト(見るの大好き、描くのはマダマダ)・惰眠をむさぼること
家族
ダンナ1匹
http://yaplog.jp/maki-2/index1_0.rdf