今年の総括

2005年12月31日(土) 23時49分
今年も今日で終わり。
さて、年始に立てた目標をふりかえってみましょう。

イラストをもっといっぱい描く。オリジナルキャラをいっぱいつくろう
 いっぱい、というほど描けなかったけど、5月、11月の2回のデザフェス、9月の展示に参加できたので、いちおう目標クリア。

イラストのいろいろな描き方を勉強する。パソコン、アクリル、マーカーなど
 今年は、Photoshop、Illustratorが多少使えるようになったのは進歩かな。デッサン教室にも通ったし。

毎日の出来事などを書き(描き)とめる。「書く」のはこのブログで、「描く」のは昨年から始めた絵日記で
 リアルタイム毎日更新はムリだったけど、とりあえずブログは365日分書きました。絵日記は海外旅行の時だけになってしまったけど。

映画をたくさん見る(前年の本数を上回りたい)
 73本見たので、昨年の本数をクリア。

家の中を片付けて、人を招くことができるようにする
 これも夏に収納家具を入れ、整理整頓を敢行。花火鑑賞をわが家で実施できたので目標クリア。

こうして見ると、意外と今年は頑張ったらしい。
そういや、社内異動ではあるものの、仕事も変わったしなぁ。

そんな2005年よ、さようなら。
そして、また1年よろしく、2006年。

ラス1ケーキ

2005年12月30日(金) 23時21分
明日はダンナの誕生日。
前祝いにテオブロマのケーキを買う。

私が買いに行った時、すでにケーキは品薄状態。
どれもラス1のものばかり。
店員さんにミルフィーユとショコラオレンジのケーキの名を告げ、箱に入れてもらう間、後ろに並んでいたカップルの女性が小さな叫び声をあげた。

「あーん、欲しかったヤツなくなっちゃったよ。どうしよう~。」

ふふふ。
どうもしてあげられないわな。
アンタに恨みはないけど、あたしはこの前、別のケーキ屋で目の前の女にコレをやられたのさ。

…などど心の中で毒づきながらも、一切無関心を装ってみたりする。
こんなことで勝利感に浸れる私って、安すぎる。



奥がミルフィーユ、手前がショコラオレンジ。
しかし、ミルフィーユはトップのパイが
コーティングのせいで硬く、この後皿は惨状と化した。
でも美味しかった!

SAYURI

2005年12月29日(木) 23時41分
今日は仕事納め。
最終日には珍しく、飲み会の約束もなかったので(というか昨日飲みすぎたので、今日は飲みたくなかったという理由もあり)映画を見に行くことにする。
今年73本目の映画「SAYURI」を見る。

外国人が見た日本。外国人が演じる日本人。
あくまでも舞台は日本なのに、見たことも無いような着物の着こなし、そして英語と日本語が乱れ飛ぶ。

そりゃ、多少の違和感はぬぐえないけど、エンターテインメントとしては充分楽しめた。
140分をこえる時間もさほど気にならなかったくらい。

もっとねちっこいいじめが続くのかと思ったら、それほどでもなかったし、救いようの無い暗い人生の話かと思ったら、ラストはそうではなかった。

チャン・ツィーの小動物的かわいらしさと、迫力満点の踊りも見ものだけど、ミシェル・ヨーの凛としたたたずまいにとてもひかれた。
あんな美貌は、どう願っても手に入らないけど、ああいう潔い姐さんになりたいなぁ。

それより、何より、上映中ずっと気になったのが、1人で見に来ていた(おそらく酔っ払いの)オヤジの独り言。
とにかく最初から挙動がヘンだったのだが、上映中何度も「うひゃ。(笑い声)こりゃスゲエなぁ」と独り言にしては、かなり大きな声でつぶやくこと、数十回。

その「スゲエ」のポイントが様々で、折檻のシーンでも「スゲエ」。
火事のシーンでも「スゲエ」。
英語と日本語が入り乱れても「スゲエ」。
踊りが美しくても「スゲエ」。

とにかく「スゲエ」うるさいよ、アンタと怒鳴りたくなるくらいだった。
私は結構離れた席だったのに気になったくらいだから、大部分の人が迷惑していたはず。
途中、大きな伸びもするわ、酔い覚ましのつもりなら、かえって寝ていてくれた方がありがたいのに、という感じ。
騒がれるともっと迷惑だし、ああいうのって注意すべきかどうか、ホント悩めます…。

何となくオヤジのせいで気が散った感もあるので、家でDVDで見たら、もっとじっくり楽しめそう。

年末無掃除

2005年12月28日(水) 23時09分
今年もまた、年賀状にも大掃除にも手をつけていない。
29日まで通常出勤なので、なんとか手がつけられるのは30、31日だけ。

年賀状は仕方ないとしても、大掃除はどうしようかな。
ゴミの収集の最終日は30日の朝だから、むやみやたらとゴミが出ると年内に捨てられなくなっちゃう。

お昼仲間には、私を含め既婚女性が3名いるのだが、先輩2名に尋ねたところ、いずれも「今年は大掃除はしない」とのこと。
おお。66%は大掃除ナシの傾向にあるわけか。

…ということで、私も大掃除はやめることにしました。(というか、物理的にムリ。)
いつもの掃除+αくらいでごまかそう。

確かに随所にホコリはたまっていると思うけど、夏に収納ユニットを入れた際、かなり気合を入れて整理整頓したおかげで、見た目はわりと整頓されていると思うし。
少なくとも去年の年末よりは片付いているハズ。

あとは年賀状を作らなきゃ

スーツケース入院

2005年12月27日(火) 23時56分
以前も書いたように今回の旅行ではスーツケースが破損した。(軽症だけど)
帰国後、保険会社に保険金請求書類についての問い合わせメールを出したら、「このたびは、思いがけない災難にあわれたことを心からお見舞い申し上げます。…」といった返信がきた。
もちろん定型文だろうけど、こんなこと書かれちゃうと「いやいや、私の場合はたいしたことじゃないんですけどね…」と言い訳したくなってしまう。

とりあえず修理費の見積書が必要、とのことなので、スーツケースを購入した店に持参し、見積もりを依頼した。
やはりこの時期、メーカーがお休みに入ってしまうので、しばらく時間はかかりそうだ。

いったいいくらくらいかかるのか見当がつかないが、とりあえず保険でまかなえるなら安心。
海外旅行は何度か行っているけど、保険金の対象となるようなことが起きたのは初めてだ。

実は新婚旅行のときに、スーツケースの角をつぶされたのだが、航空会社にクレームつけたら手続きがめんどくさそうだったのと、かなり古いものだったのとで、あきらめたことはある。
その後、ダンナの父の「内側からカナヅチで叩いて戻す」という措置で何とかなった。(笑)

年が明けたら、無事にスーツケースが帰還しますように

謎の生物

2005年12月26日(月) 23時24分
この期に及んで、わが家の年賀状は手付かず状態。

旅行中、持参したノートに、犬の絵をいくつかラクガキしてみたものの、なんとなくデザインが決まらず。
帰国後も、何となくやる気が出なくてそのまんま。
…で、今に至る。

ちなみにダンナが飛行機の中で描いた犬()の絵は傑作だった。
「年賀状のイラストはこれね」と言われたのだが、さすがにカンベン。


謎の生物あらわる…。

妻より馬

2005年12月25日(日) 23時00分
時差ぼけダンナは、今日に限ってちゃんと起きだして、いそいそと出かけていった。

そう、今日はクリスマス。
そんでもって、今日は有馬記念の日。
高校時代の友人たちと一緒に中山競馬場で有馬記念を観戦し、その後は勝ち負けに関係なく、そのまま忘年会を実施する、というのがダンナの毎年恒例行事となっている。

別に来るな、と言われているわけではないが、私は競馬はさっぱり興味がないので同行しないことにしている。
なので、今日は家事にいそしんだ。(でも年賀状と大掃除はまだ未着手…。)

来年の有馬記念は、なんとクリスマスイブに開催らしい。
別にウチはクリスマスに何するでもないので問題ないけれど、よそのお宅は大丈夫なんだろうか。

ご多分にもれず、ダンナはディープインパクトを買ったクチなので、今年最後の勝負はみごと負け、となりました。
しかし、最後行くかと思ったのに、全然のびなかったなぁ。
さすがのディープインパクトも、クリスマスまで走ってらんねーよ、って思ったのかな。

時差ぼけクリスマス

2005年12月24日(土) 23時36分
昨日は昼過ぎに帰宅。
腰を落ち着けると先が進まないので、休まずにスグに荷解き。
そのあと8日間×2人分の洗濯を一気にこなす。

それだけで、すでに夕方くらいになってしまった。
ちょっと休憩しながら、去年のドラマ「ラスト・クリスマス」の再放送を見る。
去年の放映時は、数回見ただけで飽きてしまって、それでも買ったばかりのHDにガンガン録画だけはしておいたのだが、ついぞその先を見ることはなかった。

どうやら今日は最終回らしい。
ははは、最終回だけ見ても、ちゃんと話がつながっちゃったよ。

その間、ダンナはずっと寝ていた。
毎回時差ぼけになるダンナは、帰りの飛行機の中でもさんざん「帰ってから寝ちゃうとダメなんだよね」と言っていたくせに、帰宅後、昼食とシャワーを済ませ、「これからちょっと出かけるわ」と言いながらもなぜか横になり、そのまま夜まで寝てしまった。
バカだなぁ、そんなんだから時差ぼけるんじゃないか。

ちなみに私は、日頃の不摂生のせいで体内時計が常に狂っているので、時差ぼけはほとんどない。
ただし、さすがに昨晩は疲れが出て、早々に寝たけども。

かくしてダンナは今日も寝たきりの人となった。
全然クリスマスどころじゃないよ。

そんな私も、買い物に出るため電車に乗って「いやにカップルが多いなぁ」と思い、「あ、イブじゃん」と気づく始末。
今日がクリスマスイブだという認識はあるけど、実感がないのだ、あんまり。
まぁ、すでに旅行先でツリーもいっぱい見たしね。(何だかヤな感じの発言かしら

夕方になってのろのろと活動を始めたダンナが準備をし、いちおうクリスマスディナーは、家ですき焼きと相成った。
ここ1週間、ずっと洋食続きだったので。(あ、またヤな感じ…

そんな具合でわが家のクリスマスは終了です

無事帰国(荷物も)

2005年12月23日(金) 23時05分
今朝、無事に成田に到着。
やっぱり直行便はいいなぁ。
年々、飛行機への耐性が低くなってきた私にとっては、飛行時間は短いに限る。
しかし、ここ毎年、旅行のたび、目の前にモニターがあるのがフツウだったので、乗った瞬間「あちゃ」という気分だったが、映画やゲームに夢中になることもなく、睡眠もかなりとれたので、かえって良かったのかもしれない。

冬のウィーンは(もしかしたら冬に限らないのかも知れないけど)、おばさま方の団体が非常に多かった。
私たちは、オペラも鑑賞しなかったし、美術館をいくつも回っていないし、ましてやブランドショップになど足を踏み入れてもいないので、それほどあちこちで鉢合わせすることもなかったけど、「あ、日本人の団体がいるなぁ」と思うとたいていおばさま方の集団だった。
ということで、帰りの飛行機は満席(ほとんどおばさま)だった。

成田では無事荷物も出てきたのだが、スーツケースの持ち手のバネ部分を壊されてしまった。
マダ取れてはいないので、持ち運びには困らないが、立てるとそのまま戻らないので、おそらく次回の旅行時などにはぶつけられて取れてしまう恐れがある。

まだ、去年買ったばかりのモノだし、いちおう言っておこうか、くらいの気持ちで航空会社のカウンターへ。
しかし、これくらいの「軽症」では、航空会社からは費用は出ないそうで、保険で適用してくれ、とのこと。
いちおう携行品の保険をかけたので、そちらをアテにすることにして、書類だけ作成してもらう。

その間、ふと隣を見ると、係員とえらくもめているカップルが。
ウィーンの空港で見かけたカップルだ。(珍しく若いカップルだったので印象に残っていた。)

帰国

2005年12月22日(木) 11時31分
今日はかなりの悪天候。
昨日がこんな天気じゃなくってよかった。

窓越し、みぞれ越しなので、ちょっとうつりが悪いけれど搭乗予定の飛行機。
2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール
名前
まきまき
好きなこと&もの
映画鑑賞・小さいおもちゃ・イラスト(見るの大好き、描くのはマダマダ)・惰眠をむさぼること
家族
ダンナ1匹
http://yaplog.jp/maki-2/index1_0.rdf