VIVA★収納棚

2006年01月28日(土) 23時22分
昨年の夏に入れた収納棚のおかげで、昨年11月のイベントの時も、そして今回の展示の時も、準備中に家の中が大混乱にならずに済んだ。
特に秀逸なのが、パソコン周りの収納

パソコンデスクの頭上にある棚にはイラスト関連の参考書や画集がすぐ取り出せるし、必要な紙やインクカートリッジはすべて引き出しに。
デスク横の2段式のスライド棚を引き出すと、プリンタとスキャナーが出てくる。
ポストカード等を入れるパッケージ用のビニール袋もすぐに棚から取り出せる。
もちろん使ったらスグにしまう、ということもあわせて実践している。

昨年5月のイベントの時は、パソコン周りの床にモノが散乱して大変だったけど、最近じゃまったくそんなことはナシ。
ちょっと追加でポストカードやカレンダーを印刷する時もスグにできる。

今日も友人にプレゼントするため、昨年作ったカレンダーをスムーズに増刷。
すでに1月も終わりだけど、まぁ、あと11ヶ月使えるからいいよね。


パソコン周りはキレイにね★

キレイのスパイラル

2005年07月27日(水) 23時40分
毎日、家のことばっかり書いてアホみたいだけど、それくらい、キレイになったことが私にとって嬉しい出来事なので、今日も書く。

リニューアル後、数日経ったが、わが家は片付いた状態を維持している。
それは私が、家の中がキレイになったら、今度はキレイを維持したくなるという素晴らしいスパイラルにはまっているためである。

テーブルの上にちょっとモノが出ているだけで片付けたくなるし、以前は数日放置したままでも全然平気だった洗濯(し終わった)モノはスグにたたんでしまいたくなるし、チリが落ちていればすぐさま拾うし、汚れに気づいたところは即座に拭く。
もちろん不要と思われるモノは極力捨てる。

そんなわけで毎日、けっこう忙しい。
(主婦って大変なんだねぇ。いかにサボっているかということだけど。)
仕事から帰宅して、家の中でパタパタと動きまわることが多くなった。

ホント、私ってば生まれ変わったかのようだわ。

まぁ、まだ一週間もたたないので、これがいつまで続くか…という気がしないでもないが。

ナナメのヒミツ

2005年07月26日(火) 21時15分
今回のわが家リニューアルに伴い、リビングのソファの向きを変えた。
といっても、私がパソコンデスク周りの片付けに熱中している間に、ダンナが1人で動かしたのだけど。

今までは壁に対して平行に置いてあったのだが、見に行ってみたら斜めに置かれていた。

これがなかなかイイ感じ。
角度がつくことで、ちょっとおしゃれ(死語)に見えるのと、空間が完全に分断されないので、広く見えるのだ。

やるな、ウチのダンナ。
「アンタ、センスがないねぇ〜」
と日頃から悪態ついてたんだけど、意外とやるじゃないか。


そう思っていたのだが。

翌日、ソファにゴロリと横になってみたら、斜めの理由が分かった。

非常にテレビが見やすいのだ。
首を曲げることもなく、ちょうど顔の正面にテレビの画面がくる。

むむむ。
ますますやるな〜、ダンナめ。
ある意味これもセンスと言うべきか。

家をリニューアル-その3

2005年07月24日(日) 23時01分
今回のリニューアルにあたり、前準備の段階も含め、トータルではかなりの量のモノを捨てた。

ゴミ袋はいくつ出しただろう。
私にしたらかなり頑張ったと思うんだけど。
わりとサクサク捨てられるようになったのは、くだんの本のおかげだろうか。

ちなみに後生大事にとってあったモノが、劣化してまるで使えないシロモノになっている場合も多かった。
やっぱり、たまにはあちこちひっくり返して見てみないとダメだな。

大モノも処分した。
ひとり暮らしの頃からお世話になっていたカラーボックス2個やら、ふた付きのカゴボックスやら、みんな名残惜しいけど、充分活躍してくれたしね。
マンション入居時に買ったカーペットも、それなりの値段したけど、減価償却したと思うし。

結婚するときに買ったキャビネットは、まだ使えそう。
処分するにはちょっともったいないので、リサイクル業者でも探そうかと思う。

CDラックは、この前のたこ焼きパーティのときに会社の人にあげた。
(というか、無理やり押し付けた。でもけっこう喜んでくれてた…と思う。)

それなのに、マダマダ捨てるモノがあるのだ。(大モノはもうないけど、小モノが際限ない。あと今回、衣服には手をつけていないし。)
ただし、これを徹底的にやっていると、かなり時間がかかるので、途中からはとりあえず納める方向に転換した。

今回、どこに何があるかは、だいたい把握できたので、これから徐々に片付けていけばいいし。

家をリニューアル-その2

2005年07月23日(土) 23時51分
今日は朝10時から、おじさま2人がやってきて、昨日の作業の続きに取りかかる。
とはいえ、昨日のうちにパソコンデスクもほぼ完成していたので、2時間もかからずに作業完了となる。

1日とちょっとで、家がリフォームしたかのように生まれ変わるとは、ちょっと感動モノ。
残るはキョーフのお支払いだが、それでもお金をかけただけのことはあったと思う。

パソコンデスク(このあと扉がつきました。)
 renewal 

夕方のイラスト教室までの時間、ひたすら片付けに専念する。
たまにガラクタ整理に没頭したりしつつなので、遅々として進まず。
結局、あまり片付かないまま時間切れとなり、出かけることにした。

続きはまた明日。

家をリニューアル-その1

2005年07月22日(金) 23時43分
今日は収納ユニットの納品日なので会社をお休みする。

家具というよりも、まさにユニットなので、必要な部材を搬入して現場で組み立てを行う。
だいたい1日で済むそうなのだが、わが家はリビング、ダイニング、パソコンデスクと3箇所にユニットを入れるという暴挙に出たため、今日と明日の2日かかる見込み。

9時半すぎにユニット会社の方たちがやってきた。
営業担当のおじさまは後からくるそうで、先に来たメンバーはおじさま2人と若いお兄ちゃん1人の計3人。
そこからひたすら部材の運び込みが始まった。
これにけっこう時間がかかるとは聞いていたが、確かにウチはマンションだし、何度も往復せざるを得ないので、かなり大変そう。
運び込みのジャマにならないように気をつけながら、壁や床を拭いたり、この期に及んで、エアコンのフィルター掃除などしてみる。

かなりの時間をかけて、すべての部材が運び込まれた時点で、家のあちこちが足の踏み場もない状態になった。
そして、次に荷解きが始まったのだが、気づいたら私の居場所がなーい。
仕方なく、リビングやダイニングの家具やら、モノやらを一時的に集結させた部屋の片隅で、パソコンに向かうことにした。

ついつい会社の転送メールなんぞを読んでしまい、はからずも仕事モードでメールを返信してしまったりする。

一方で組み立て作業は黙々と進行していく。
釘やドリルなどは使わず、ひたすらネジで組んでいくので、男性4人で作業しているわりには、ときどき談笑が聞こえてくるくらいで、静かなモンである。

本日は夕方6時にて作業終了。
リビングとダイニングは完了。
パソコンデスクの続きは明日。
でもほとんど完成に近いかな。

壁がこんなふうに生まれ変わるなんてちょっと感動

 リビング
 renewal 

 ダイニング
 renewal 

夢のマイホーム

2005年07月21日(木) 23時45分
最近、家の中のレイアウトについて考える機会が多かったためか、また例の夢を見るようになった。
例の夢というのは、実際に住んでいるマンションより、とっても広くて、とっても豪華なマンションに私が住んでいることになっている夢である。

今のマンションを買うときにも、しょっちゅうこの手の夢を見た。
夢の中では、現実にはとうてい手が出ないような豪華マンションが自分のモノになっていて、「あぁ、私はこんな豪華マンションに住むことになったんだぁ」などとご満悦の私が登場する。
なぜか一軒家をGETすることがないのが、夢のクセしてちょっと現実的だったりするところ。

そして、久々に見た例の夢で、またしても私は、マンションとは思えないような大広間のある家に住んでいた。
「もったいないから、奥の間は旅館にしようかな」などと考える私。

シーン変わって、広々としたランドリールームのあるマンション。
これが今度は私の家だ。
大きな洗濯機、乾燥機がゆったりとした空間に置かれている。
「ちょっと家事が楽しくなるかも」などと思う私。

再びシーン変わって、お次は、なぜか離れがあるマンション。
離れに向かう廊下は庭園に面している。(いちおうマンションのはず…。)
これが今度の私の家らしいのだが、さすがにそろそろ「おかしいなぁ」と思い始める私。

離れに何度も出入りして、異状がないか調べてみる。
出入りのたびに景色が変わったりしたらこれは夢に違いない。
でもこれといって特に異状なし。

もしや、これは現実なのか。
夢か現実かを確かめるための証拠として、庭園に落ちていたきれいな緑色の石を拾っておこうと、腰をかがめた瞬間、ギョッとした。

先ほどまで地面だった私の足元が、小川になっているのだ。
「とにかく石を拾わなきゃ」と一生懸命、水中の石に手を伸ばすのだが、なかなか石がつかめない。

「あぁ、やっぱりこんな豪邸は現実じゃなかったんだ…」
そう思った瞬間、目が覚めた。


明日は収納ユニットがやってくる。
家の広さは変わらないけど、ちょっと豪華な部屋に変身できるといいなぁ。

「ガラクタ」クリアリング-その2

2005年07月18日(月) 23時31分
前回に引き続き、お片づけ2回目。
とはいえ、以降、気づいたら、目についたら、都度マメに捨てるようには心がけている。
今日は収納ユニットが入る前の最後の休みなので、1日集中して片付けようと言う訳である。

数日前からダンナにも、自分の雑誌や本を整理するよう、何度か言ってあったので、ダンナも黙々と作業を始めた。
…のだが、すぐに作業を終えて出かけてしまった。

ダンナはやるまでは時間がかかるのだが、やり始めたら早いのだ。
アンタには、所有欲とか迷いとかってモノはないのと問いたくなるくらい、気持ちよくすべて捨ててしまう。

1つ1つ、どうしようかなぁ…と迷ってばかりで、作業が遅々として進まない私とは対照的だ。
ただし、ダンナは整理整頓が得意なわけではないので、決していつもキレイにしているわけではない。
ぐちゃぐちゃの山を一気に捨てるタイプである。

今日は、大量のカセットテープ、こまこましたガラクタ類、紙類、雑誌類などを片付けることができた。
雑誌はまだ捨てられるモノがあるので、後日もうひと作業しよう。

今どきはトレンドが変わるのも早いから、ファッション誌やコスメ雑誌はとっておいても仕方ない。
インターネットがあれば、古い情報誌はいらないし。

「anan」のいいオトコ特集号5年分だけはちょっと迷ったけど、過去の福山と岡田くんのページを眺めて、そのまま捨てることにした。
めんどくさいからスクラップもしない。

英会話のカセットテープもテキストもすべて捨てた。
これもかなり古いものばかりだから、次に私にやる気が芽生えたときには新しいモノを買ってトライしよう。

映画特集やイラスト系の雑誌だけは全てとっておくことにした。
これは今の私と、ここしばらくの私にとって必要なものだと思うから。

ゴミ袋の山が大量にできたけど、捨てるものもまだまだ大量にある。
めげずに頑張ろう

決めちゃった!

2005年07月12日(火) 23時51分
先日、図面が完成した収納ユニット。
だが、よくよく見たら、棚板を追加・変更したい部分が数箇所あり、これをお願いしたら、結局当初より1万円ほどアップしてしまった。
先日も書いたけど、コレくらいの変動は、無風、無風。

でも、全体的には納得のいくお値段かと。
昨年、収納家具の購入を検討し始めた頃は、いわゆるフツウの家具を購入する予定だったので、その頃想定していた予算と比較すると、実に倍増なのだが、まぁ、フルオーダーだし、モノもそれなりだし、3箇所も設置しちゃうし、リフォームの一種と考えれば、これくらいのお値段で妥当なところでしょう。

ということで本日、正式オーダーしちゃいました
納品日も決定。
さて、それまでに極力片付けしなきゃ。

あと、お金もそろえなきゃだ。
ここ数年、手をつけなかった私の虎の子を切り崩す予定。
今のわが家の車をキャッシュで買ったときに次ぐ高額お買い物だわ。

決めちゃえ!

2005年07月10日(日) 22時22分
昨日、速達が届いた。
お願いしてあった、見積書、図面、イメージ図がセットでやってきたのだ。

おお、今度は手書きじゃない図面だ。
イメージ図のおかげで、かなり具体的に感じがつかめるようになってきた。

肝心の見積り額は、前回より1万円下がっていたが、まぁ合計の金額が金額なので、コレくらいの変動は、ほぼ無風に近い。

ふふふ。決めちゃおうかな。
2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール
名前
まきまき
好きなこと&もの
映画鑑賞・小さいおもちゃ・イラスト(見るの大好き、描くのはマダマダ)・惰眠をむさぼること
家族
ダンナ1匹
http://yaplog.jp/maki-2/index1_0.rdf