トルコ旅行まとめ

2011年11月27日(日) 19時00分
現地で更新するも途中で断念。
帰国してアップした記事がほとんどで、
時間軸がぐちゃぐちゃなので、
毎年恒例、あらためて旅程をまとめてみました。


0日目:9月24日(土)
羽田18:10発 ANA145便にて大阪/関西空港へ(19:25着)
大阪22:30発 TK47便にてイスタンブールへ(9/25 5:35着) 

ブログ記事
出発


1日目:9月25日(日)
イスタンブール7:25発 TK2006便にてネウシェヒルへ(8:40着) 

ネウシェヒル空港から送迎車に乗り、
途中で車を乗り換えてHTR Tourismのカッパドキア南部ツアーに参加。
ツアー後は「MDCケーブホテル」にチェックイン。

ブログ記事
ネウシェヒル空港
ローズバレーハイキング
ローズバレーハイキング-その2
1日めのランチ
洞窟レストラン「ウラノス・サルカヤ」
トルコ絨毯のアトリエ
カイマクル地下都市
カイマクル地下都市-その2

鳩の谷
洞窟ホテル
1日めの夕食


2日目:9月26日(月)
早朝に気球ツアーに参加した後、
ホテルに戻って朝食をとり、
その後、カッパドキア北部ツアーに参加。

ブログ記事
バルーンツアー
バルーンツアー-その2
2日めの朝食
ラクダ岩
トルコアイス
キノコ岩
アヴァノスの陶器工房
2日めのランチ
ギョレメ野外博物館
ギョレメ・パノラマ
ウチヒサル


3日目:9月27日(火)
1日フリー。
カッパドキアを散策。

ブログ記事
ギョズレメ
パン屋
チャイ
ナッツ&ドライフルーツ
ローズバレーサンセットツアー
3日めの夕食


4日目:9月28日(水)
ネウシェヒル9:25発 TK2007便にてイスタンブールへ(10:45着)

「ダブルツリーバイヒルトン イスタンブールオールドタウン」
にチェックインした後、イスタンブール観光。

ブログ記事
イスタンブールへ
イスタンブールのホテル
ドネル・ケバプ
ボスポラスクルーズ
サバサンド
テュネル
4日めの夕食


5日目:9月29日(木)
イスタンブール観光&買い物。

ブログ記事
5日めの朝食
フェルト雑貨
アヤソフィア
ブルー・モスク
ティー・タイム
トウモロコシ
5日めの夕食


6日目:9月30日(金)
朝食後、買い物。
チェックアウト後、ホテルに荷物を預け
イスタンブール観光&買い物の後、ハマムへ。

イスタンブール23:50発 TK46便にて大阪へ(10/1 16:55着)

ブログ記事
トプカプ宮殿
6日めのランチ
チェンベルリタシュ・ハマム


7日目:10月1日(土)
大阪19:55発 ANA148便にて羽田へ(21:15着)

ブログ記事
帰国

トルコその他もろもろ

2011年11月27日(日) 18時46分
今回の旅行に持参したガイドブックはこちら。
ただし「CREA」は重いので、
今年も該当ページのコピーを持って行きました。
持ち歩きしやすいし、書き込みできるし、
いらなくなったら捨てられるし便利です。


トルコでは、レストランや観光名所などで
ウエットティッシュをくれます。
暑いからさっぱりしてくださいね、
というサービスなのでしょうか。


独特な強い香りがしますが、
現地だとむしろリフレッシュできる気がしました。

パッケージもそれぞれの場所で異なるので
ちょっとした旅の記念になるかも。

記念といえば、入場券。
国内でデザインが統一されているようで、
カッパドキアの観光名所のチケットも
イスタンブールの観光名所のチケットも
似たようなレイアウトになっています。


写真では、光っていてよく見えませんが、
どのチケットもそれぞれの場所の
外観と内観の写真が組み合わさっていて
なかなか凝ったデザインです。

新入り from トルコ

2011年11月27日(日) 18時20分
1回の海外旅行につき
1個だけ買ってよいことになっているぬいぐるみ。

いや、たぶんダンナ的には1個も買うな!だと思うので
完全にマイルールです。

去年のバルトでは
うっかりウサギを2個も買ってしまったので、
今年は1個も買うまい、と思っていたのですが…。

イスタンブールの「コクーン(COCOON)」で、
お店に入ったとたん目があってしまったフェルトのブタ。


1回はあきらめたけど、
グランド・バザールの店舗には同じものがなく、
最終日にブルー・モスク裏の本店に、もう一度足を運びました。

私は、最初見たときからダンナに似てるーと思ってるけど、
ダンナに言わせりゃ、私に似てるそうで。

イライラしている時にこの顔を見ると、
一瞬、さらにイラッときますが、
その後、なんとなく和んだ気分になるというか。

色もお気に入りです。

トルコみやげ

2011年11月27日(日) 17時41分
今年も残すところ約1ヶ月。
トルコを旅したのはすでに約2ヶ月前のことですが、
まだもう少し続きます…。

トルコで買ったおみやげはいろいろあるけれど、
一部をご紹介。

まずはナッツ。
イスタンブールのエジプシャン・バザール内の乾物屋(?)にて購入。
はかり売りをしている店ですが、
観光客だったからか、それぞれ真空パックにしてくれました。


こちらも確かエジプシャン・バザール内で買ったアップルティー。
なぜかトルコでアップルティーを頼むと
リンゴジュースのような甘い飲み物が出てきます。
こちらは粉末タイプ。アイスでもホットでも飲めます。


トルコで一番困ったのがお菓子。
トルコ菓子のロクムはどこでも売っているけど甘い。
いや、ロクムに限らず、トルコのお菓子はどれも甘い。

というわけで無難なチョコレートを探したのですが、
これがなかなか売っていない。
たぶんスーパーに行けば、カンタンに入手できたと思いますが、
イスタンブールではスーパーに行く機会がなかったため、
探すのになかなか苦労しました。

ようやくグランド・バザールそば
(トラムのベヤズィット駅そば)にある
Koskaというお菓子屋さんで見つけたチョコレート。

大きいパッケージには、1箱に30個くらい入っていて、
しかも個別包装されているし、
なんと言ってもバカみたいに甘くない!
ナッツの味もちゃんとする!
ということで職場のおみやげにはかなりオススメです。

小さいパッケージは、個別包装はされていませんが、
ご自宅用やお友達用にはちょうどよいのでは。
ちなみに私たちは、この小パッケージを先に買って
ホテルで味見した後、大パッケージを買いました。

チェンベルリタシュ・ハマム

2011年11月14日(月) 0時08分
実は最終日だけ天候が悪く1日雨。
しかもぐっと気温が下がって寒かった。

夜のフライトまで、まだまだ時間があったこと、
さらに朝シャワーを浴びたきり、
日本(しかも自宅)に帰り着くまで、
まだしばらく入浴できないこともあって、
念願のハマム(蒸し風呂式の共同浴場)へ行くことに。

トルコといったら、ハマム。
テレビで見たあかすりもやってみたい!

ということで、観光客向けだという
チェンベルリタシュ・ハマム」に行きました。


確かに、どんどん観光客が吸い込まれていく…。
ユーロがギリギリ残っていたので
あかすりコースをチョイス。

入ったところはこんな感じ。
このハマムは歴史的建造物としての価値も
高いそうですが、1階に男性用と女性用の浴室があり、
それぞれ2〜3階が更衣室になっています。
写真は男性用のエリア。ダンナとわかれて、
さらに奥にある女性用更衣室へ。



更衣室は個室もあるようですが、
私はロッカールームに案内されました。
でもカーテンつきの更衣室が中にあるので問題なし。

ロッカーのカギは腕につけて入浴するので
貴重品も入れておいて大丈夫そうです。
(実際、私はパスポートから何から全部入れた。)

ただ、どこまで脱いだらよいものか…と迷っていたら
スタッフの方が「ビキニはいる?」と配ってくれました。
(ちなみに渡されたのは
タグのついた新品の厚手の黒ショーツ。
使い捨てにはもったいない!感じでしたが、
濡れたままのショーツを持って飛行機に乗るのは
さすがにためらわれ、泣く泣くあきらめました…。)

受付で渡されたハマム用の布を巻いていざ浴室へ。
と、裸足の人にはスタッフがサンダルを渡してくれる。

なんというか、さすが観光客向け、
言葉が分からなくても、おろおろしている客には
スタッフがささっとサポートしてくれるので
思ったより心配はいりません。

ただ、ここからがモンダイ。
浴室に入ってみたら、とにかくすごい人!
よく、写真では真ん中の大理石に
数人がゆったりと寝そべっていたりするけど
まったく隙間なく裸の女性がゴロゴロと…。
しかも、日本人なんて誰もいなくて、
皆ド迫力ボディなので、完全に萎縮。

どうしてよいか分からず、ボーっと突っ立っていたら、
ケセジ(あかすり師)のおばさまが「ジャポネ?」と話かけてきて
とにかく大理石の台に上がれと言う。

台の上で待っていないとあかすりの順番が来ないらしい。
そんなこと言ったってスペースないじゃん!と思いつつ、
何とか布を広げてスペースを確保し、
カラダを「く」の字にまげて、
金髪のおねーさん達の隙間におさまる。

美しい天井を眺めながらゴロゴロしていたら
いよいよ、あかすりの順番がやってきた。

いやはや、なすがまま、されるがまま。
うつぶせ、あおむけ、すわって、あかすり。
あかすりが終わったら、シャボンを泡立てて、
体はもちろん、頭と顔もゴシゴシと洗われ、
最後にザパーンと流しておしまい。

ジャグジーがあったので、ちょっと浸かって終了。
いやー、ハマム初体験、すごく楽しかった。

ダンナはケセジのおじさまにチップをねだられたようですが、
女性用では、ケセジさんはとにかく客をさばくのに忙しそうで、
そんなそぶりは皆無でした。

いずれにしても、おかげでサッパリしたまま帰国できました。
夜のフライトの場合は、かなりオススメ!
浴室内部の様子は、リンク先HPのギャラリーをご覧あれ。

6日めのランチ

2011年11月13日(日) 23時58分
ブルー・モスク裏のバザール内にある
レストランにて遅めのランチ。


左端にあるジューサーでその場で絞ってくれる
ザクロジュースがとにかくスゴイ色!


カッパドキアで飲んだジュースよりかなり濃く、
エグみさえ感じるくらいの濃厚ぶり。
種?のツブツブもすごいので
ストローが詰まって飲みにくい…。
でもこれ、疲れているときには効きそう。


最後なので、やっぱりケバブを。
上に乗っている薄い生地で包んで食べます。
付け合わせのケチャップライスのようなピラフは
ちょっとスパイシーで美味しかった。

トプカプ宮殿

2011年11月13日(日) 23時45分
最終日はめずらしく早めに起きて朝食をすませ、
グランドバザール周辺でお菓子を買ってホテルに戻り、
荷造りをしてからチェックアウト。

荷物をホテルに預けて、昨日断念したトプカプ宮殿へ。
イスタンブール最終日にして初めてトラムに乗る。
しかし、なんでイスタンブールには
あんなにたくさん人がいるんだろう。
トラムの中も大混雑。

さて、トプカプ宮殿は、ガイドブックによると
見学の所要時間は約3時間。
ホントに広いので、それくらいはかかります。

たくさんの秘宝は撮影できないので、
建物だけをカメラにおさめました。



こちらはハレムの入口。
側室の女性たちが生活していた建物です。




トプカプ宮殿に限らないけど、
トルコの建物はタイルがとても美しい。



5日めの夕食

2011年11月13日(日) 22時57分
トルコでの最後の晩餐は、
宿泊したホテルのレストランへ。

意外にも宿泊客以外の利用が多いようで、
店内はかなりにぎわっていました。




サラダは「スプーンサラダ」と
メニューに書かれていたけど、
確かにスプーンで食べるのがピッタリな
角切りのサラダでした。
いちおうトルコ料理のようです。

お肉は、ちょっとおしゃれなケバブといった感じ。

ジュースとサラダ、肉、魚をオーダーして
2人で4000円ちょっと。
しかもジュースはフレッシュオレンジジュース。
安いなぁ…。

満足なディナーとなりました。

トウモロコシ

2011年11月07日(月) 0時57分
お茶した後は、昨日のクルーズの発着場所だった
エミノニュへふたたび向かいました。

ここで、サバサンドに続き、
ダンナがどうしても食べたがっていた
トウモロコシにトライ。

イスタンブールの街中では、
あちこちでトウモロコシを売る屋台を
見ることができます。
アヤソフィア前で見かけた屋台はこんな感じ。


値段はどこもほぼ同じで、
ゆでトウモロコシが1TL(約40円)、
焼きトウモロコシが1.5TL。
迷ったけど、ゆでにしてみました。


味も食感も日本のトウモロコシとはまるで違う…。
甘みはもちろん、味はあんまりなくて、
なんというか穀物!という感じ。
どちらかというとイモみたいな
もっちりした(?)食感です。

でもこれはこれで美味しい。
道行くキレイなお姉さんも、
ふつうにかぶりつきながら歩いていました。

ティー・タイム

2011年11月07日(月) 0時36分
頑張ってトプカプ宮殿も見ちゃおうか、と
張り切って坂道を登ったのだけど、
そもそも最初に道を間違えたらしく、
これから戻っても、閉館までに見学する時間が無さそう。

ということで、高台のオープンカフェでティー・タイム。


2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール
名前
まきまき
好きなこと&もの
映画鑑賞・小さいおもちゃ・イラスト(見るの大好き、描くのはマダマダ)・惰眠をむさぼること
家族
ダンナ1匹
http://yaplog.jp/maki-2/index1_0.rdf