乾燥肌・敏感肌でも痒くならない化粧品の調べ方とは?
2015.09.25 [Fri] 01:11


口コミで良いと言われている化粧品を試しても、
乾燥肌・敏感肌が改善されずに困っていませんか?





乾燥肌・敏感肌は正常の肌よりも外部からの刺激に弱く、
ちょっとした刺激が肌の痒みを引き起こしてしまいます。

口コミで良いとされている化粧品を試しても、
良いと思った人と自分の肌質が同じでない場合、
効果を感じないことが多いです。

また、新しい化粧品を使うことで、痒みが出てしまうこともあります。


乾燥肌・敏感肌でも痒くならずに使える化粧品の調べ方は、
肌の負担になる成分が入っているかを確認することです。

肌の負担になる代表的な成分は、

・メチル、エチルパラベンなどの保存料、防腐剤
・フェノキシエタノールなどのエタノール
・ジエタノールアミンなどの泡立ちをよくする成分
・FD&Cなどの合成着色料
・香料

などです。


保存料などは菌の繁殖を抑えるのに必要な成分ですが、
乾燥肌・敏感肌の場合、少量でも刺激になり痒くなることがあります。

これらの成分は化粧品以外にも、保湿クリームなどにも入っていますので、
「保湿しているのに痒いなぁ」と思ったときにはチェックしてみるといいですよ。


これらの成分が成分表に書かれていないか確認して購入すると、
肌トラブルや痒みを減らすことができます。


もし「肌トラブルを回避するだけでなく、治していきたい」と思っていたら、
天然素材の無添加な美容液を使うのがオススメです。

敏感肌で悩んでいる人の間で人気のある美容液が、
サラヴィオ美容液です。

サラヴィオ美容液は、一般的な美容液よりも粒が小さいので、
より肌にうるおいを与えてくれます。

サラヴィオ美容液の詳細は、コチラから確認できますので、
気になった方はご覧ください。
↓↓↓↓↓↓