ママになるまでの日々

    
プロフィール
http://yaplog.jp/majuni_duck/img/10/osuwarikumo.gif
name:しめ
hobby:travel・nailart
Due-date:5月21日
まじゅにがやってくるまでを書いていこうと思ってます。
2006年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:majuni_duck
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
お知らせ / 2006年10月07日(土)
病院通いを始めて、9ヶ月。
待ちを始めて1年半。

やっと我が家にも待望の赤ちゃんがやってきてくれました

まだまだ、先のことだと思っていたので、お仕事も始めちゃったので、
びっくりしちゃいました。

今は7W目なので、つわりの真っ只中です。

朝がつらいので、重役出勤させてもらってます。

ちなみに予定日は5月だそうです。

 
   
Posted at 08:58 / 成長 / この記事のURL
コメント(0)
葉酸、妊婦の9割超で不足 / 2006年04月10日(月)
今日の日経新聞夕刊に載ってましたね。

葉酸・・・確かによく聞きますが、規定量を食事だけで摂取するのはなかなか難しそうです。



妊婦や若い女性に大切な栄養素である『葉酸』を、厚生労働省公表の摂取量の目安よりも多く摂取している妊婦は7.5%で、90%以上の妊婦が摂取不足なことが分かった。

足りないと胎児の先天異常や妊婦自身の貧血・妊娠中毒症につながる。

厚生労働省は、妊娠可能な年齢の女性は1日に400マイクログラム以上を摂取することが望ましいとする指針を2000年に公表。

胎児の先天異常には妊娠中よりむしろ妊娠前の葉酸不足が影響しているといわれる。ただ食習慣は短期間には変わりにくいため、こうした不足状態が妊娠前から続いていた可能性が高い。
葉酸は緑黄色野菜に多く含まれているが、食事だけでは栄養分の吸収が進まない可能性があり、厚生労働省はサプリメント(栄養補助食品)の利用を勧めいている。
だが、呼びかけどおりにサプリメントで葉酸を摂取していた女性は全体の13.5%にすぎなかった。

葉酸とは・・・
ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれるビタミンBの一種。
特に妊娠初期の胎児が細胞を分裂させたり、赤血球を作ったりするために必要。摂取不足だと妊婦自身の貧血や妊娠中毒症のほか、胎児で脳が正常に形成されない無脳症や歩行障害などを招く二分脊椎が起こりやすい。
十分に摂取すれば二分脊椎が起こるリスクを『3-7割程度は軽減できる』(横浜市立大学・先天異常モニタリングセンター)という。二分脊椎の発生率は主要先進国では日本だけが増加傾向にあるという。



以上日本経済新聞夕刊より抜粋
 
   
Posted at 18:42 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
卵チェック / 2006年03月28日(火)
今日は朝から、卵チェックのためへ行ってきました。

今日は16日目。まだまだ低温期です。
前回看護士さんから「人差し指の幅ぶんぐらい熱が上がったら(多分基礎体温表に指を当てて)、排卵してる可能性がある」って言われていて、まさに、昨日の、36.0936.33へ指1本分です。

そして、卵チェックの結果は、卵胞22_、壁9.2_で、今日か明日かというタイミングです。
先生にも(先週は小さすぎて卵胞が見えなかったので)『待った甲斐があったねぇ』と言われました。

明日念のため、フーナーの予約は入れましたが・・・。
フーナーがダメそうなら、今日も明日も夫婦生活をしてくださいとのことでした。

排卵検査薬でも初めて陽性が出たので、間違いないと思います。
後は、うまく卵が出会ってくれることを祈るばかりですが。。。
 
   
Posted at 11:59 / 検診 / この記事のURL
コメント(0)
単純撮影 / 2006年03月22日(水)
今日は、月曜日に行った卵管造影の2日目、単純撮影に行ってきました。

名前の通り、ただレントゲンを取るだけです。

目的としては、1回目に注入した造影剤がきちんと拡散するかを見るものです。

キレイに拡散してますとのお言葉を頂きました。

今日が周期10日目なので、卵胞チェックもしてもらったんですが、こちらはまだ早かったようで、
卵もほとんど成長してないし、壁もまだまだ薄いようなので、来週もう一度見てもらうことになりました。

帰りに受付で予約をした時に『フーナーだから朝一の時間をお取りしますね』「はい」って会話をしちゃったんですが、よく考えたら次回行った時にフーナーテストが出来る日を教えてもらうんでした・・・。

まぁ朝一で行けば、一日を有効に過ごせるので良しとします。
 
   
Posted at 20:29 / 検診 / この記事のURL
コメント(0)
卵管造影 / 2006年03月20日(月)
先月予定していた卵管造影は、旅行に重なってしまうため受けませんでした。


今日と水曜日に卵管造影の検査を予約しました。
(本来は2日連続ですが、明日は祝日で病院がお休みのため、1日開いてます)


という訳で、病院デビューから3ヶ月目にしてようやく、私が受ける一通りの検査が終了します。


今日は、1日目なので造影撮影でした。

痛みは人によって違うと思いますが、普段生理痛がほとんどない私は、最初の消毒からかなり痛いと思いました。
(先生・看護士さんいわく、『生理痛より痛くない』そうです)
診察台で消毒後、カテーテルを挿入されてレントゲン室へ。
ちょっと貧血気味になりそうな感じでした。

造影剤を注入してレントゲン撮影。
造影剤を注入する時が一番痛いと思います。
先生、看護士さんが一生懸命気を紛らわせてくれましたが、それでもかなり痛かったです。

カテーテルを取る。
カテーテルを取ったらかなり痛みは取れます。

診察台に戻り、綿のタンポンを取り、消毒。
消毒の時は若干痛め。


一通り終わるまでに、1時間ぐらいかかりました。
一つ一つの工程は短時間なんです。

撮影したレントゲンを見せてもらい、『卵管は詰まってません』とお墨付きを頂きました
前回の、高温層の採血(E2とP4)の検査結果も聞いてきました。
結果は、E2(エストラジオールE2)P4(プロジェステロン)ともにOKでした。

E2(エストラジオールE2)は150以上
P4(プロジェステロン)は15以上
が黄体期にあるといいそうなんですが、どちらもクリアしてました。

卵管も詰まってなかったし、高温層の採血も問題なかったので、ホッとしました。

お値段は、保険がきいて、3960円でした。

卵管造影とは・・・は続きから。
 
 続きを読む…  
Posted at 13:06 / 検診 / この記事のURL
コメント(0)
採血 / 2006年02月04日(土)
今日は高温層の採血に行ってきました。
ちなみに今日は高温層6日目です。

初めて院長以外の先生で女医さんでした。とっても早口で・・・・。


前回行ったクラミジアの検査は陰性でした。

今回は、高温層で黄体ホルモンが分泌されてるかをみる採血をしてもらいました。
この結果は次回の周期8日目ぐらいから始める卵管造影の検査の時に出ます。

これで生理がこなければ、妊娠検査薬で調べた後、心拍が分かるまで今の病院で診てもらい、出産できる病院を紹介してもらいます。
1回でそんな簡単にはいかないだろうけど、全体の流れとしては、次回の卵管造影で一通りの検査は終了。
次回からは、各周期ごとに卵胞検査とフーナーになるはずです。
 
   
Posted at 00:12 / 検診 / この記事のURL
コメント(0)
検査一覧。 / 2006年01月28日(土)
先日行った時に教わった初期検査を一覧にしておこうと思います。

先日は、デビューの重さだけを感じてしまい、心の整理が出来てなかったので、何も書けませんでしたが、少し落ち着いたので(なぜあんなに凹んでいたのかと不思議に思いますが)、忘れないうちに教わったことを書いておこうと思います。

分からなかったことや、通ううちに疑問に思ったこと等もここに書き足していこうと思ってます。


@BBT(基礎体温)表をつける

ABBTを見ながら、1周期の中で数回ホルモン測定を行う。
 (低温・高温層の2回採血をする)

B排卵障害などでは、LH−RHテストを行う。

C1周期の中で卵胞期、排卵期、黄体期等に経膣超音波による卵胞径測定、子宮内膜測定などを行います。

D排卵期には、頚管粘液の検査を行います。

E性交後テスト(フーナーテスト)といって、排卵期に夫婦生活行った後に、来院して、頚管粘液中に進入した精子の状態を調べます。

FHGS(子宮卵管造影)
 造影撮影と翌日の単純撮影の2日間を要します。
 実施するのは排卵前(基礎体温の低温層のとき)です。
 子宮の奇形・卵管閉塞の有無などを調べます。
 ヨードアレルギーのある方は不可。

Gホルモン以外の採血検査
 血 液:貧血の有無など
 生化学:肝障害、コレステロールなど
 CA125:子宮内膜症の可能性の有無

H子宮ガン検査

Iクラミジア抗原

J精子検査
 排卵日近くは避け、生理の時や高温層の時にお願いします。
 検査当日の朝(検査に先立つ3日間禁欲)採取してください。
 採取後、出来るだけ3時間以内に提出してください。
 
   
Posted at 13:13 / 検診 / この記事のURL
コメント(0)
キャンセル / 2006年01月25日(水)
予想通りフーナーはキャンセルにしました。

やっぱり5時半に起きて、6時半前には出社する旦那様じゃ平日は無理です。
うまく週末に当たった時に実践してみようと思います。

まだ始まったばかりだし、気長に進めていければいいかなと思ってます。

 
   
Posted at 07:29 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
卵胞チェック / 2006年01月23日(月)
土曜日に降ったが凍ってる中、2回目の病院に行ってきました。

今回は、前回の低温層の採血=LHとかを調べる=の結果と、尿検査の結果、卵胞チェック&クラミジア検査をしてもらいに行ってきました。

LHとかの採血検査は、とりあえず問題なしということでした。
尿検査は、緊張の余りちょびっとしか出来なくて、やり直しかと思ったけど、先生からも看護士さんからもなにも言われなかったので、OKだったみたいです。

卵胞チェックは、エコーを直接入れて中を見せてくれるので、先生と一緒に見ました。
卵胞が育ってるから、そろそろデス。って言われてきました。
フーナーの予約も一応して下さいって言われて、入れてみたけどたぶんキャンセルのをしなくてはいけないと思います。

子宮の外側に筋腫も発見これは、妊娠にも痛みにも影響がないらしく、とりあえず見守っていくことになりました。

「卵は育ってるんだけど、壁が薄いんだよね」って先生がしきりにおっしゃるのが気になりましたが、まだ2度目で早口でどんどんしゃべる先生に質問できず・・・。というか、帰ってから『壁が薄いとどうなの?』って気づいたんですけど。
次回は、フーナーをキャンセルしても、高温期5〜7日目なので、その時にはを質問してこようと思います。
 
   
Posted at 19:11 / 検診 / この記事のURL
コメント(0)
病院デビュー / 2006年01月18日(水)
先週の土曜日に初めて不妊専門病院に行ってみました。

まだ解禁して6ヶ月ぐらいだし、不妊じゃないんだけど病気とかの原因があるかとどうかと、最近テレビでもやってるおたまじゃくしの運動率の検査をしてもらおうと思って。

でも行ってみたら、そんな軽い気持ちで行ったことをとても後悔するぐらい、看護婦さんも先生も真剣で・・・。

とりあえず土曜日は、低温層の血液検査をしてもらってきました。
前に婦人科でしてもらった子宮ガン検診の結果を次回もって行きます。
次回は、卵胞検査と前回の血液検査の結果を聞きにいってきます。
多分、前回緊張してでなかった尿検査ももう1度受けないと・・・。

なんかかなり憂鬱です。
 
   
Posted at 13:31 / 検診 / この記事のURL
コメント(0)
P R
最新コメント
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.