1年生から大変 

2007年06月01日(金) 15時15分
4月から晴れて小学1年生
ぴかぴかの制服に身を包み、4月から電車通学を始めました。
朝7時の電車に乗るのはつらい。私は5時に起きて、寝不足でふらふら!ところがなんと5月に入るとなんとなく体が5時起きに慣れてきたのですすごすぎる。
人間って環境に順応していくんですね

ところで、私立ってやっぱりお金がかかります。昨日も寄付金を振り込んできました。
今年は入学金、学費、寄付金、制服などの雑費合わせて200万円は払い込んでいる
これがこれから12年間大学入れて16年間続くのねぇ。。

私も物欲もパパの物欲も耐えることなく、家のローンや車のローンで5000万円近いのに、相変わらず出費は増える一方なのです。

先日晴れ渡る土曜日、運動会がありました。朝4時におきて弁当を作りがんばりました!
びっくりしたのは、運動会に来ている保護者。運動靴の人がほとんどいないんですねぇ。
それにやっぱりセレブ。おしゃれな人が多かった。うーーん。

まだ入学して1ヶ月ちょっとなのに、すでにへとへとは私。がんばれっ!

卒園式 

2007年03月07日(水) 14時05分
とうとう卒園式が目の前に迫ってきました!
6年も通った保育園ともお別れかと思うと、とっても寂しいです。
本当に切ない
子供は寂しいよりも、小学校へと進む未来を見ているらしく、そこまで感傷的ではないのですが、私のほうがこれからの不安もあって、卒園は本当につらい。
ところで、卒園式は何を着ていこうかと悩み中。わざわざ買うほどでもないし、かといって最後だしおしゃれにしていきたいし
みんなどんな感じなんだろーな。
コサージュとかも見てみたけれど、これっていうおしゃれなのもなく、このままだともってる真珠のネックレスとイヤリングになってしまうけど、いまいち地味なんだよねぇ。
おしゃれな卒園ルックどうしよう。。。
子供は受験でつかった紺のスーツの予定。でも、これまた謝恩会には地味すぎるのかも・・・・
たった1日のことなのに、毎日悩みながら解決せず。

終わってみて・・・・ 

2006年12月26日(火) 15時14分
すっかり受験も終わって、あとは卒園式、入学式と進むのかなぁと。
あんなにがんばった受験も、終わってみるとあっけない感じ。
実際合格したときはうれしくて、制服の注文もかわいいセーラー服にうきうきしたけれど
実際に学校が始まったら、毎日片道1時間の通学、8時までの登校に家を7時には出発の毎日が可能なのかどうか。毎年150万の学費。
大丈夫なのかなぁ。
周りは金持ちのお嬢様ばかりだったりするのかなぁ。。。
不安がいっぱい。
近所のお気楽小学校でもよかったのかもしれないと、内心不安。
とにかく、合格したってことは、神様がその道に進むべしと、導いてくれていると思い、前進あるのみ!
しかし、不安だぁ。。

最高峰受験 

2006年11月13日(月) 10時46分
先日私立小学校の受験としては最難関と言われている小学校に行ってまいりました。
説明会に参加はしたけど、予定があって学校内の見学をしていなかったので、校舎の中がとても古いのにびっくり
子供をつれてトイレにいくにも、廊下が痛んで軋むので、そーっと爪先立ちで歩いてしまいました。高い授業料なので、設備も整っていると思い込んでいた私は、その古さにはびっくりしてしまいました。どちらかというと質素な感じ。
受験用に片付けてしまったのか、掲示もなく子供の存在が全く感じられない教室でした。机も教室もとても歴史の感じられる年代物でした。
それとは対照的に、教室で受験番号をチェックしている先生?なのか大学生の手伝いなのか、若い女性がものすごくきれいで化粧もばっちりなのに驚きました。子供は写真が無い受験票を見せて、番号確認だけするので、替え玉受験も可能かなぁと思いつつ、これだけの競争率の学校で替え玉も効果なしですけど。
事務的に教室に入り、待っている時間も体操着に着替える時間も、全くチェックはありませんでした。
あれれっ。。って感じでしたが、人数も多くそんなに細かくは見て無いのだなと、ちょっと安堵。
実際子供が試験会場にいって終わる1時間30分、またこれもご縁をいただくには運のみと思いながら待っていました。
うわさどおり、終わって帰ってきた子供は、楽しかったとうれしそうにほっぺを真っ赤にして帰ってきました。得意の筆記がないのは、うちには不利ですが、思う存分楽しんできた満足感を見ると、もしや・・・などど親ばかなことを考えてしまいます
やはり他の私立と違って、なにも対策をしてこなかった雰囲気の子供がいて、試験中も先生にタメ口だったらしいです。そういう自由奔放なのも有?なんですかね。

とにかく、大御所受験ということで、どうなることやら結果はわかりませんが、他の学校よりも雰囲気がぴりぴりしてなくて、普通な感じ(適切かどうか不明な表現ですが)でした。


やったね! 

2006年11月10日(金) 11時19分
やっと受験、終わりました。
娘は本当に(私もだけど)よくがんばりました。
倍率は8倍くらいでしたら、それにしてもよく受かったなぁとあとからしみじみとうれしくなりました。本当にどうして合格したのかは、定かではありません。
面接も小さい声でやっと答えていたし、コネもなければ、ワーキングマザーの母。
条件だけみても、??なのですが、とにかく娘ががんばったんでしょう。
合格発表の掲示を見に行って、本当に驚いたのと、うれしいのとで、感激でした。
受かるか落ちるかは紙一重でしょうが、本当に合格してよかった。感謝の一言です。

抽選 

2006年10月25日(水) 14時36分
某国立大学附属の抽選日。
体調が悪かったので、夫が立会うことに。
当日は、駅前で松たかこがドラマの撮影をしていたそうで、それに見とれた夫は抽選会場への時間ギリギリまで見学。こっちははらはらしながら結果を待っているのでなにしてんのよぅの気分なのだが、あせっても仕方が無いので、結果をゆっくり待つことに。
会場は3人の人が抽選で立会いに選ばれて、壇上に上がってみているらしい。
その他大勢の夫は、校長だか教頭だかの引く番号が読み上げられるのを待っていたそう。下2桁で00〜99までの番号のうち27個が選ばれその下二桁の番号の人が当選とのこと。役1500人くらいの応募者の中から400人が残るらしい。
夫から「当選!」のメールが!!
きゃーー。たった4分の1に残るだけでも、ものすごくうれしい。本当の倍率はこれから10倍。たった40人の枠に入らないといけないんだけど、とりあえずめでたい
第1次選考に選ばれ、無事2次選考に進出することができほっと一安心。
夫が帰ってきて、またまた願書を持って帰った。ふっ・・・また願書か。。幸い志望理由などの記入項目がなく、淡々と項目を書くだけなので、安心。ところが提出は郵送ではなく学校へ提出。またかぁ。。
まだまだ始まったばかりだけど、大変だよぅ。。。

面接 

2006年10月11日(水) 13時14分
とうとう面接本番がやってきた。
朝から緊張しながら、3人で紺色のスーツに身を包み、家をタクシーで駅まで向かった。
ナヌーー!日比谷線が人身事故で止まってる
ところが、ちょうど再開しますとのアナウンスが・・・・
無事、再開最初の電車に乗ることができ、時間に余裕をもって学校に到着。
すでに面接を終えた親子とすれ違うが、お母さんの顔が苦悩に満ちた人もいれば、満足げに会釈していく人あり、様々。
うまく行った人と行かなかった人と、明暗が顔にでてるなぁ。。と。
控え室にはすでに待っている家族が6組ほどいた。みんな紺。かと思いきや、子供はワンピースなど意外と自由な感じ。お母さんもケリーだったりする
待つこと30分。とうとう順番がまわって来た。
相手は校長先生、教頭先生、主任の女の先生の3人。
最初は子供への質問。「おなまえは?」これはうまく答えられた。
「給食で好きなメニューはなあに?」・・・・・・ん?声が出ない。沈黙。。。。あーーやっちゃった。
先生が「じゃ、嫌いなものは?」蚊の鳴くような小さな小さな声で「ゴーヤ・・・・」2度も聞かれた。
もう、子供は小さく小さく萎縮してしまってる。。。。
後は親への質問が何問かあり、終了。たった5分。
短い時間に、あまり伝えることができず、なんだか消化不良のまま、学校をでた。

本番ってやはり難しい。子供の対策をこれからがんばんないとなぁ・・・・反省。

願書 

2006年09月27日(水) 14時44分
とうとう願書の提出が来週にせまってきた。それなのに、下書きすら出来てない
まずい。まずすぎる。
夫に志望理由を考えてというと、「選んだのはおまえだろ?知るか#」だって。
ウーー頼りには全くならないことは百も承知だが、困ったなぁ。。
この期におよんで、まだもう1校受けることを決め、今週病院に健康診断&写真撮影をしようと思ってる。学校によって、写真の取り方が違うので。子供だけの証明写真にしてほしいよ・・
ボヤキ・・・・
しかし、願書って先生全部読んでるのかしらん。

体調不良 

2006年09月25日(月) 13時21分
とうとう、願書出願が目の前に迫ってきた。
というのに、肝心の私の体調がかなりひどくて、9月に入ってからほとんど寝込んでしまってる。
おまけに本命雙葉小学校の受験料振込み日を間違えるという、考えられない失態をしてしまい、落ち込みも激しく、体調不良のために脳みそも全く機能していないらしい。
その上、一時停止で捕まり青切符を切られ、これまたストレスの種となり、散々である。

子供の幼児教室もオプションを全て断ったために、9月で全ての課程が終わってしまった。
うーーん。最後の仕上げはどうすればいいの?うちの子はどこまで仕上がってるの?と不安を抱きながらも、あのT先生に会うのはもう二度と嫌だしなぁ。。と。

ということで、後は運を天に任せてます。

とらや 

2006年07月13日(木) 11時37分
”とらや”の羊羹をいただいた。
うーん。羊羹って、この年でなかなかいただく機会はないよなぁ
といいつつ、持って行くことはあっても、いただくことがない羊羹をせっかくなので食べてみた!!
うまい!
さすがとらや!
いままで、赤坂塩野が御用達だったのだが、とらやもいいじゃないかぁ。。
ひさびさにおいしかったの感動を得たのでした。おいしいケーキも食べ過ぎると、飽きるからたまにこういう和のお菓子もいいわぁ。
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:majo-majo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる