とりあえず仕事… 

2006年01月25日(水) 1時28分
2日目。

朝がこんなにキツイと感じるのも久しぶりだった。かなり昨日で疲れてしまったみたい。

今日は昼からロングで出勤。昼はビュッフェとか言われても。何?とか思っていたら、バイキングの事だったんですね。

今日は、食材を見るポジションに居ることになり、少なくなった料理をその都度厨房に作ってもらう仕事をしていた。料理を覚える事が目的なんだろうけど。実際覚えたのなんか豚肉のグリル?燻製っていうのかな、そんなんが「ムーヤーン」っていうのだと言う事ぐらいだった。

料理を見て、タイ語のメニュー名が言えて、日本語でどんな料理なのか説明できるようにしないといけなくて、さらに料理によって厨房のどこにオーダーを通すのか覚えなくてはならず、だいぶ頭を使う。昼だけでヘトヘトになっていました。

眺めがいいのが幸せ。天気が良くて、富士山なんか見えちゃったりして。夜も東京タワー、レインボーブリッジ、お台場の観覧車まで見えて。とにかく綺麗。それが癒されるかもしれない。慣れてしまえばどうってことないのかな?

明日は、あ、もう今日か。休みだそうで。とにかくひたすらメニューの暗記にふけろうかと思う。

あ、タピオカミルクがうますぎて。ハマった。

『窒息』 

2006年01月19日(木) 12時53分
まだその記憶は色濃く
時折その胸を焦がすから
埋まりようのない隙間に
成す術もないままでいる

まだ傷すらつけられず
ゆえに壁はあまりにも高く
歯痒さに苛立ちを加えて
路頭に迷うばかりだ

歌った曲名を 思い出まで掻き集めるが如く
必死に探して 一体何度聴いてきたのだろう
もはや歌詞の意味すら変わって
ただ、その温度を求めやまない

あなたの

綺麗な日々も 痛む過去も
その後に出会ってからの今まで
全て何もかも忘れてもう一度
偶然を重ねて始めませんか

迷いもなく 暖かく 
好きにさせるから
きっと出来るよ

もう欲しいのは
次の約束でもなく
誕生日に贈り物でもなく
謝られることなんかでもない

ただあなたに
ただ好きと言って
窒息の世界から
救って欲しいんです

現実には

いくら事実を増やそうと
いくら言葉を交わそうとて
まして体を繋げようとも

二人は平行を辿る他ないと知りながら
想い止められず またその腕の中へ行く

当然のように抱くあなた
当然のように「また」という

決して忘れてはならなかった掟は
「それは恋ではない」という一点


まだこの胸はひどく軋み
毎夜悲しみが突き上げるから
埋まりようのない隙間に
成す術もないままでいる…
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像e-アフィリ
» とりあえず仕事… (2006年01月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maitiru-sakura
読者になる
Yapme!一覧
読者になる