第二回アレルギー検査結果 

2005年12月01日(木) 14時45分
またまたアレルギー検査をしたので結果書きます。
今回は以前から疑いのある真菌類を中心に自分で検査項目を決めて調べてもらったのですが、やはり陽性反応が出ました。実は20年前の検査で空気中のカビがアレルゲンと言われていたのですが、具体的に何か分からなかったので今回の検査でアルテルナリアが喘息のアレルゲンのひとつであることははっきりしたと思います。

アスペルギルス クラス1
アルテルナリア クラス3
クラドスポリウム クラス1
ペニシリウム クラス0
ヒノキ クラス0

という結果でした。

ちなみにアルテルナリアとは空気中のどこにでも漂っているいるカビです。とくにプラスチック類には好んで生えるようです。あと、湿度60%以上を好むようです。日本の気候だと、6月から10月にかけて、空気中に漂うこのカビの濃度が高くなります。気温が20度以下だと、ほとんど繁殖しないようです。

アトピー持ちと喘息持ちは仲良くしましょう 

2005年11月26日(土) 21時09分
アトピーと喘息はどちらも免疫の過剰反応で似ている病気だそうな。ただ症状が出る場所が違うだけらしい。確かにアトピーのかたも原因や完治の方法が確立されておらず、苦労が耐えないことでしょう。なんかアトピーの方なら喘息のことも理解してもらえる気がして、すごく親近感が沸いてしまいました。

花粉症という名称について 

2005年11月23日(水) 20時57分
花粉症って主に杉花粉で鼻や目や喉に出る症状のことだけど、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などと呼ぶこともできる。アレルゲンが杉以外だと、こう呼ばれること多いようだ。私の場合は杉花粉以外にもイネ科のアレルギーもあるが、そちらは症状は似ていても花粉症とはあまり呼ばないよね。

来年のj杉花粉の量は? 

2005年11月08日(火) 21時35分
今年ももう11月です。今年は杉花粉がすごかったですが来年はどうなんでしょうね。なんか前もって花粉の飛散量を予測できるようなのでどこかで調べてみようかな。

風邪のひき始め 

2005年10月30日(日) 23時49分
今日は朝から風邪っぽい。風邪なんてめったにひかないのに。明日からの仕事に差し支えないようにいろいろ食べて栄養とって、早く症状を治めたいと思いつつ昼寝なんかをしてすごした。

フルタイドと風邪 

2005年10月29日(土) 23時54分
今日は喉が痛い感じで頭もボーとしている。どうやら風邪を引いた様子です。あまり風邪を引かない私なのですが。なぜ?ひょっとしてフルタイドをしていると免疫が抑えられて風邪を引きやすくなるということを聞いたことがあるような。これのようなきもしますが。フルタイドなどを使うと風邪を引きやすいですか?

ヨーグルトと納豆は好酸球を下げる? 

2005年10月19日(水) 16時52分
納豆やヨーグルトは好酸球の値を下げる働きがあると書かれているのを以前どっかでみました。私も好酸球が高いので気になっています。よく納豆やヨーグルトは食べるのですが効果のほどは?です。まだ正確なことはわかりませんが。

アレルギー性鼻炎と喘息 

2005年10月12日(水) 16時29分
私は喘息の他にアレルギー性鼻炎もあ利ますが、このことについて書いてみます。特にひどい時期は杉花粉が飛ぶ時期です。通称、花粉症といわれるやつです。アレルギー性結膜炎もあります。時期的には杉花粉の時期がひどいのですが、年間を通じてちょくちょく鼻が詰まっている時があるような気がします。
 ここで思うことなのですが杉花粉は鼻や目や喉に炎症を起こしますが気管支の炎症はほとんど起こってないということです。アレルゲンによって作用する体の部位が違うのでしょうか?実は、杉花粉は粒子が大きいから気管支まで届かず、喘息になることはほとんど無いと考えられているそうです。喘息のアレルゲンによって、鼻炎や結膜炎をあまり感じないのは何故でしょうか。それは喘息の症状がほかと比べると重篤で、鼻炎や結膜炎は気にならない程度の症状となってしまうからでしょう。喘息のアレルゲンである真菌類などは、粒子が小さく気管支にも鼻にも目にも付着すると思いますが症状が出るのは気管支だけと勘違いしていましたが、実は鼻や目にも多かれ少なかれ症状は出ているのです。
 あと、もしかしたら、体の場所によって過敏性を示すアレルゲンが異なるということもあるかもしれません。あまり自信はありませんが。どう思いますか。

フルタイドの吸入の仕方 

2005年10月05日(水) 16時17分
フルタイドは非常にメジャーな薬で使っている人も多いと思いますが皆さんしっかりと吸入できているでしょうか。息をはいてから強く吸うってのが基本だと思いますが、私の場合吸ったときに舌に薬剤が付く感覚が強かったのでしっかりすえてるのかなと疑問に思うことがときどきありましたが、最近気づいたことがあります。フルタイドを吸う時に少し吸入口の角度を上に向けることで下につく感覚があまりなくなりました。このことに気をつけることにより吸入効率が上がることを期待しているところです。あと朝吸ステする時は、おきてから1時間ぐらいたってからするほうが良いように感じます。起き抜けは気管支も狭くなっていますし、また気管支の分泌物も多く吸入効率が下がってしまうように感じています。

セレベントの使用感 

2005年10月04日(火) 22時40分
今日は最近前回に病院で処方してもらったセレベントの使用感を書いてみます。今までは気管支拡張剤というとメプチンエアーしか使ったことが無かった。メプチンエアーは効果はたしかにあると思う。吸った後1、2時間はけっこう楽になる。しかし鼓動も早くなるのでちょっと副作用が心配な感じがした。セレベントはというと、これはちょっとメプチンエアーとは違った感じだ。吸った後はメプチンエアーほど劇的に呼吸は楽になりませんが、徐々に15分くらいで効き目が現れてきます。なんか少し楽かなといった感じです。効き目が長続きするそうで一応12時間ほど効いているようです。鼓動が早くなることもありませんでした。副作用は少なそうです。でも大きな発作にはあまり効果がないようなので比較的状態の良い時に予防薬として使うのが一般的のようです。また吸ステする15分くらい前に吸って、気管支を広げ吸ステがしっかりと吸えるように使うこともあります。最近はかなりメジャーのようなので、なかなかの薬ですね。吸ステで完全にコントロールできてる人はあまり必要ないかもしれませんが、日常に少し息苦しさが残るといった方には良いかもしれませんね。