【 更新情報 】

スポンサードリンク
原価計算

個別原価計算と総合原価計算

製品別原価計算とは製造する製品が何種類か複数あるときに、
その製品別に原価を算出することをいいますが、
製品別原価計算は個別原価計算と総合原価計算に分類されます。

個別原価計算とは
大型の機械など(例えば自動車や飛行機など)注文生産で製品の個別な原価の把握が可能である場合に製品の原価を算出するときに使われる方法です。

また、総合原価計算とは
大量生産される製品で製品個別の原価の把握が困難であるような場合、
製品をひとまとまりにしてその原価を把握し、それを基に原価を算出したのちに、
その製品数で割る事により製品1個当たりに原価を出す方法をいいます。


20世紀のはじめ頃に、日本の工業は大量生産の時代を迎え、
大量生産を行っている工場では個別原価計算では手間がかかりすぎて
管理コストが上がってしまい、その結果、総合原価計算というものが生まれました。
しかし、未だに受注生産される製品などでは個別原価計算を使うことも珍しくないようです。


原価計算便利グッズはこちら

原価計算関連の書籍

原価計算を導入するにあたって、どこをどのように手をつけていいかわからない方もいると思います。
はじめにパン屋を例に原価計算について簡単に説明してみましたが、
大まかな部分はたとえ話に置き換えて理解するのもよいでしょう。
しかしながら、実際に管理を目的として原価計算を学ぼうとする場合は
書籍などを活用して、しっかりと理屈で覚え理解することをおすすめしたいです。

原価計算に関する書籍も数々出ていますが、
主なものをあげてみると、

「原価計算」岡本清
原価管理
儲けを生み出す原価計算の基本
やさしくわかる原価計算
原価計算教室

などがありますが、まずはどんな書籍も読んでみることが大切です。
書籍の中には漫画で説明してくれるようなものもあります。
はじめのうちはそのようなものの方が堅苦しくなく、自然と頭に入ってくるかもしれないですね。
そういった漫画のものや、図解のもの、問題集がついているものなど、
自分にあったものを読んでみましょう。
今は便利なもので、インターネットでも本を購入できるようになっています。
本屋さんにゆっくり行けない方や、どのような書籍があるのかを調べたりするのには
楽天市場」や「アマゾン」が便利です。
書籍の評判については購入者のレビューを参考にしてみるとよいでしょう。
何事もまずはやってみることが大事ですね!
原価計算の理解を深めるために、頑張ってみましょう。





標準原価計算とは?

標準原価とは、製品の材料や従業員の労働時間などを考慮し、
標準的な物的因果関係を科学的方法、あるいは統計的方法によって調査し、
能率的な状況での消費量を算定し、
そこに通常の状況下で予想される価格を乗じて得られるもののことです。

標準原価計算というのは、
標準原価と実際原価を比較することで原価差異を計算したり、
分析する原価計算方法です。

要するに、同じ製品であっても、操業度などで原価に差異が出てしまうことがあったり、
実際原価計算だと計算が遅れてしまうというマイナス点を改善するために
標準原価計算というものがあるのです。

標準原価計算のメリットは、能率度を
標準的な物的因果関係を科学的方法、あるいは統計的方法によって設定し、
標準原価を作り出すことで原価を統一させるため
実際原価を標準原価に置き換えて計算するために、計算が早いことです。
急な価格や操業度の変動によって、営業成績が左右されることがなくなるのです。
そして、売り上げが出た時点で粗利益がすぐにわかるようになることもメリットと言えます。

いろいろな原価計算ソフト(原価管理ソフト)も出ているようですので、
そのようなソフトを利用してみるのも良いでしょう。


原価計算便利グッズはこちら

原価計算とは?

原価計算というとなんだか難しいイメージになりがちですが、
簡単に言うと製品やサービスなどの原価を計算するための一般的な方法をさす言葉です。
原価計算は処理が複雑だと言われ、なかなか勉強する人には好まれないことが多いようですが、
ここで、解りやすくあるパン工場を例に具体的に説明して見ましょう。

Oさんはパン工場を営んでいます。
Oさんのパン工場では、Aパン、Bパン、Cパンを製造していて、
従業員も雇っています。
工場では材料費だけでなく、多額な費用を電気代や土地代としてかけています。
製造しているパンにはそれぞれの特徴があり、

Aパン…高値の高級あんを原料としている。
Bパン…大量に生産することが可能である。
Cパン…他の種類のパンに比べ、手間がかかる。

このような条件下で、価格の設定はどうしたらよいと思いますか?
3種類全部一律100円にしたとすると、一体どうなるでしょうか?
最低限、製造のコストよりも1円でも高くしないと赤字経営になってしまいます。
そういうことが起こらないように、原価計算というものがあるのです。

ただ単に、原価の計算をすれば良いと言うものでもなく、
これからの将来、利益を得ていくためのデータ分析や、データの整理、
それらのデータを基に目標の設定などが必要になってくるのです。

要するに、このパン工場の場合は
パンをいくらで売れば利益が上がるのか、1個あたりの製造コストをより下げるためには
どうすればよいか。
一定の期間にいくつ以上売れば目標の原価まで下げることができるだろうか。
ということを調べるときに原価計算を使うのです。


原価計算便利グッズはこちら

P R