毎日シャンプーでハゲるのは半分嘘だけど。。。

July 29 [Fri], 2016, 13:52
毎日シャンプーするとハゲるという噂はうそだと思ってよいです。シャンプーに含まれる化学成分によって頭皮が刺激されるというのが、シャンプー否定派の意見ですが、実際には頭皮の汚れのほうがよっぽど頭皮にダメージを与えます。

1日最低1回はやはりきちんとシャンプーをすべきです。そして、シャンプー中は指の腹でもむように頭皮を洗い、さらにシャンプーの洗い残しが出ないようにしっかりすすぎましょう。



シャンプーした後は、ドライヤーを使うべきか?自然乾燥すべきか?というところで悩む人もいますが、ドライヤーを使うほうが良いです。

自然乾燥だと、水分が頭皮に長く残される分、雑菌がより繁殖しやすくなります。さらに、水分によって頭皮が冷えてしまって血行を悪くするので、ドライヤーで優しくさっと乾かすほうが良いんです。



シャンプーの仕方・選び方ではげるかどうか心配するよりも、もっと気をつけなきゃいけないことがあります。薄毛が進む根本的な要因にこそ、適切な対策をしていくべきです。

抜け毛を抑えて髪の毛をフサフサにするには?

July 29 [Fri], 2016, 13:36
薄毛が気になってからというもの、遊園地やテーマパークからはすっかり足が遠のいてしまいました。ジェットコースターに乗ろうものなら、絶対に帽子を脱ぐように言われるし、風の影響をもろに受けますからね。

それにお化け屋敷のようなところに行こうものなら、驚かされた影響が髪の毛に出そうで心配でした。びっくりした拍子で抜け毛が増えないか?という心配しか感じませんでした。



髪の毛の状態で湿度がわかるという、誰にも自慢できない隠れた特技を持っていたものの、そんな僕でも薄毛を無事に改善して、太くて腰のある髪の毛を取り戻すことができました。

髪を強く引っ張っても抜けないし、シャンプー後に抜けがごっそり排水溝にたまることがありません。雨の日も風の日も普通に出かけられるようになりました。



いろんなヘアスタイルを試せるようになったんですが、僕がどうやって髪の毛のボリュームを取り戻したのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。


■育毛剤は使うべき?

薄毛が進んでいる状態から髪の毛を取り戻すには、やはり育毛剤が欠かせません。自力で髪の毛を増やすのは不可能ではないと思いますが、かなり困難だと思われます。

成功するかどうかも分からない険しい道を行くくらいならば、成功の可能性がうんと高くなる育毛剤を使うべきです。薄毛は進めば進むほど治りずらくなりますし。



ただ育毛剤の中には頭皮を荒れさせる危険があるものも多いので注意が必要です。育毛効果が高くても頭皮環境が悪化すると、髪の毛の質が弱くなって、すぐに抜けてしまうだけです。




■頭皮を育てる育毛成分

育毛剤を使うとしても、頭皮環境を改善させることが最重要です。ミノキシジルのように、育毛効果が高いことが証明されていても、頭皮環境を悪化させるものはお勧めできません。

では頭皮環境を整えるにはどんな育毛剤を使うと良いのかというと、キャピキシルという成分をを配合したモノが良いです。キャピキシルとは最近開発された、天然成分の育毛成分なんです。



強力な細胞修復機能が備わっていて、なんと切断された指をつなぎ合わせる手術にも使われているほど。死にかけた毛根を効果的に復活してくれます。

おまけに抜け毛まで強力に防いでくれるんですが、頭皮に負担をかけることがありません。これから育毛剤を使うならば、キャピキシルが入っているものを選ぶべきです。



■キャピキシルを使うならこの育毛剤

キャピキシルの入った育毛剤には結構いろんなものがあるんですが、おすすめなのはキャピキシルの粒子サイズがすごく細かい単位にまで細分化されているスカルプ5.0cが良いです。

スカルプ5.0cなら、頭皮のより深い位置までキャピキシルを浸透させることができます。頭皮から流れ落ちることなく、もれなく育毛を促してくれるんです。



僕もスカルプ5.0を使い始めて1ヶ月ほどで抜け毛が収まり始め、2か月くらいからどんどん髪の毛が増えていきました。半年後には、生まれ変わったように、濃くて太い髪の毛で頭皮が覆われるようになりました。

僕の頭皮に髪の毛を甦らせてくれたスカルプ5.0cがこれです。今なら返金保証付きで試すことができるので、効果を確かめてみるなら今のうちですよ。
↓↓↓
ザスカルプ







はげたらカツラ?植毛?

July 29 [Fri], 2016, 13:33
はげたら、自力での髪の毛を増やすのは諦めて、さっさとカツラにしたり植毛にしたほうが手っ取り早いのは間違いありません。
ただカツラにしたらしたで、「ばれていないかな?」「本当はみんな知っているんじゃないかな?」という疑心暗鬼に襲われることになります。ある日突然、カツラにしたとしても、みんなに切り出すのがついつい遅れて、なぁなぁになる人も少なくないんです。

植毛にしても、髪の毛の長さが変わらないので、困るのは髪を切るときです。着る方としても、動悸ってよいのかわからないので、ヘアスタイルを作るのが意外と難しいんです。
薄毛を改善する力がまだ残っているうちは、やはり自分の髪の毛を増やすべきです。正しい対策さえできれば、意外と簡単に髪の毛を生えそろうことができるんです。