::うさ君のひとりごと:: 

2004年11月20日(土) 1時30分

ボク、うさぎ。名前はまだ無い。
何でか分からないけど、ずっとお外で迷子になってたみたいなの。

気がついたら、ボクはおっきな白い建物に連れてかれてたんだ。
そこには犬さんや猫さんもいっぱ〜いいたよ。
たくさんの大人達がボクの面倒を見てくれて、優しくしてくれたよ。
長くて歩きづらかった爪を切ってくれたし、おいしいものたくさん食べさせてもらった。
だからボクはお礼に、いっぱい手を舐めてあげたんだ。

ボクはこれから、ここで暮らすのかなぁ・・・って思ってたんだけど、違った。
しばらくしたら、はるさんっていう女の人がボクを迎えにきたんだ。
さよならの時は、たくさんの大人達が「幸せになれよ!」って声かけてくれた。
それで、ボクはみーさんっていうコの家で、暮らす事になったみたい。

ボクは「斜頸」っていう病気なんだって。
ボクの何が普通と違うのか、自分では分からないんだけどね。
でもボクには、みーママとはるママっていう、2人のママがいるんだヨ。

病院 

2004年11月20日(土) 3時15分
・診察料・・・1500円
・ホテル・・・3750円

・血液検査(生化学)・・・5500円 (問題なし)
・血液検査(血球)・・・2000円 (問題なし)
・血液検査(特殊)・・・4000円 ←EZ検査依頼

・レントゲン検査・・・4500円 
(頭蓋骨部。

耳空はきれいで、白くなっている部分は見られない。

眼球上に完治したヒビのような外傷痕あり。斜頸との関連性は考えにくいとの事。

耳鏡で見た際に、右下顎の第一前臼歯が他より高かったが、スパイクはなく、
レントゲンでは歯根のラインもきれいに揃っている。今後の経過を見守る。
→Q:「斜頸の為に、かみ癖が出て伸びている可能性は?」
A:「可能性としてはある」)

・糞便検査(直説法)・・・1000円 
(コクシジウムも見られず、酵母菌等腸内細菌の状態良好)

〈税込計:23362円〉

★所見★
歯などの全身状態から、年齢的には1,2歳位、いってても3,4歳ではないか。
最も疑われるのはEZ。
パスツレラの場合、内耳炎や涙鼻水等、何らかの症状が確認できるが、
斜頸以外はここまでキレイな状態のコの場合は、まずEZではないか。
首が曲がっている状態に慣れており、眼振等がない状態からも、
発症してから、かなり時間が経っているものと思われてる。
「ここまで曲がっているコの場合、一生斜頸の状態のままだと思って欲しい」と言われる。

針治療については、ローリングが出た時、気圧が低くなって調子が悪くなった時、曲がりがひどくなった時などにオススメ。後頭部、耳と耳の間に神経のツボ有り。
自宅でのマッサージ方法を伺った所、この部分の他に、
耳の付け根(神経が集まっている)や首周りを優しくマッサージとの事。

一日目@みー 

2004年11月20日(土) 3時17分
キラキラした黒目がとってもかわいい男の子です。
ダッチ柄も綺麗に入っているの。

運動障害は見られるけど、基本的には元気。ただ、食は細く糞の状態も・・・。
先生は平気って言ったけど、ちょっと痩せ気味なのが心配。

うちの姫達の、サークルまわり●撒き散らしダンスに、ウハウハ大興奮。
足ダン&ブゥーを早くも披露。水入れにも2度程前足ポチャン!
掃除の時間には、早速カクカクのターゲットにされてしいました。(T−T)
斜頸と言えども、本人はいっちょまえのつもり。やっぱり若い男の子だヨ。
でも、大興奮でケージの中を旋回しまくって、転げてしまったのには焦りました。><

ピカピカの新品ケージを、クリスマスプレゼントにとくれた、Iさん。
必要なものがあれば・・・と、写メいっぱい送ってくれた、Tさんも。
励ましてくれたお友達みんな。
本当にありがとねっ。すっごく感謝しています。

それからはるさん、本当にお疲れ様☆
給水ボトルにキャリーやペットシーツ、ペレット、
何よりウチノのバスマットをありがとうです。
今後とも、大変お世話になりますが、よろしくお願い致します。

で、このうさ君。ど〜も臭うな、クサいな・・・って、ずっと気になってたんです。
思い切って、ひっくり返し抱っこしてみた所、
身体の裏側がとっても汚れてました。
催眠術がかかっている間に、パチリ☆


えーっと。。。にょろにょろミミズ君は無視してぇ、、、この画像だと
あんまり伝わらないかもしれないですが、おしっこで相当毛が汚れてます。
まるで下半身麻痺のコみたい。
身体が不自由なせいなのか、今までの環境のせいなのか?
タマタマには盲腸糞まで。(+o+)ひゃ〜。
明日、ぬるま湯タオルでキレイキレイしてあげよう。
今日は、もうゆっくり休んでねー。

本日の戦利品 

2004年11月21日(日) 1時05分
今日はうさ君の買い物で、大忙し!/(^人^)\




まずは近所の100円SHOP巡りでゲットしたお品。
床に近い低い位置が生活圏のうさ君に合わせて、揃えてみました。
上から:
・お菓子の型→野菜入れ。普通の紙より丈夫そうだし、転んでも怪我の心配がなさそう。
・ドレッシングボトル→お湯を入れて、下半身の部分洗浄に。
・プラスチックカゴ→牧草入れにぴったり♪これは、かなり素敵理想!
・ガラスの灰皿→右の赤チェックは家に元々あるもの。
うちのピットちゃんが、赤ちゃんの時に使ってました。
浅めの作りがえさ入れに良い。
重さもあって安定しているし、縁が太いので、くわえて放り投げる事もできません。


OXBOWのチモシー。
柔らかいので、転んでもうさ君の目に傷がつきにくいです。
らびっとわぁるどさんへ行ってみたら、
オリジナル牧草しか扱ってなかったので、新宿デパートで購入。
我が家の牧草を、あまり口にしなかったうさ君ですが、
ちょっとずつ食べてくれている様子です。

らびっとわぁるどさんでは、30分くらい色々お話も聞いてもらえたし、
今月の「うさぎと暮らす」と「マッサージ大辞典」をゲットしたので大満足♪
私は発売日とかを忘れがちな人だけど、うさ友達がいつも
「明日は発売日ですね!」とか「買いました!」と教えてくれるので、
お陰で購入できていたりするのです。
前から気になっていた、ウワサの「高原の朝摘み牧草」も、
うちの子達用に購入できました〜。
いざという時には、シッターをお願いしますと、お願いもしてこれました。

新宿ハンズでは、サークルの内側に立てかけるパネルを購入。
幅70のぴったりサイズにカットしてもらうよう、依頼しておきました。
明日受け取りに行く予定です。

夕飯用に、有機野菜SHOPでお野菜を購入♪

介護の環境を整えるって事は、
そのコに合わせてどんどん変化していくって事だから、
これからも様子見つつ、考え考えしていこうと思います。

うさ君の様子 

2004年11月21日(日) 1時50分
うさ君、ケージの中で斜めりながらも、
ぐるぐると元気に走り回っているのですが、
今日だけでも、3度くらい転んで、ばたつく事がありました。
やはり、床はウチノのマットなどを敷いてあげないと、
眼など特に、怪我の心配があると思いました。

うさ君は、とっても人なつこい子で、ナデナデが大好き☆
人が近寄ると、ケージの中で喜んで走り回る陽気なコです。
カクカク攻撃には、参りますが・・・。(^^;)
今日は、思い切って下半身を洗いました。
嫌な事にも立派に耐えてくれました〜。




□本日のご飯
・ペレット→バックアイ16 16g×2回
・野菜→水菜、ブロッコリー、リーフレタス120g
・牧草(あまり食べません)
うさ君は野菜が大好きで、結構抵抗なく種類を食べるので、
野菜を食べ慣れていて、それで育ってきたような感じがします。
ペットショップなどではなく、やはり誰かに、
それも大事に飼われていたのではないでしょうか。

★メモ★
ビタミンBが豊富な、神経に良い野菜。
ブロッコリー、カリフラワー、菜の花、あしたば、小松菜、サラダ菜。
セロリは、胃・腎臓・肝臓を強化し神経鎮静作用があるそうです。


左が今日の●、右が昨日の夜していた●。
写真だけでも、随分いい●するようになってきているの、
分かるでしょー?^^
昨日していた●は、形もイビツで小さく、真っ黒でカチカチに乾いてました。
腸の動きが弱く、水分不足(腸の脱水症状?)になっている感じでした。
今日は丸くなって、水分も含んでます。
まだ最高!とは言えないけど、確実に良くなってマス。

初めてのペロペロ 

2004年11月22日(月) 8時00分
今日はうさ君が、初めてペロペロしてくれました〜。感激!
舐めてくれたって事は、私に気を許してくれたって事かしら?

うさ君の背中:ハート型に模様が入ってます。
みー:「うさ君、ケージの中でルーレット走りして、
    ●を外にいっぱい跳ね飛ばすのはやめてよねっ」
うさ君:「だって、ピットちゃんだってメルモちゃんだって
     お部屋の中にいっぱい●まき散らしてるじゃないか〜。
     お行儀悪いのはボクだけじゃないもんねっ。」

みー:「・・・・」
うさ君:「それに、ボクのケージの前にいた後は、●が山盛りしてあるよ。」

□本日のご飯
・ペレット→バックアイ16 15g×2回
・野菜→水菜、ブロッコリー、リーフレタス、パセリ、にんじん 計150g
・牧草(あまり食べません)

掃除の時、一日の●の数を数えてみたら、148粒でした。
まだまだですな〜。うちの子達、一日400粒は少なくともしてますから。

今日はハンズからパネルを持って帰って、サークルの内側に立てかけました。
うさ君の発情、女の子達の姿が見えなくなったせいで、すこ〜しは治まった様子。
ヨカッタ、ヨカッタ。
でもうちのピットちゃんは、パネルをバリバリバリッと前足ですごい音たてたり、
ホリホリしたり、奥へ回ってみたり、何とかうさ君の様子を見ようと必死です。

P・S・・・・
うさ君の名前、まだ決まってません〜。
このまま「うさ」という名で良いのでは?!みたいな話も。

斜頸の症状 

2004年11月22日(月) 23時14分
舐めうさですな。
うさ君の斜頸ですが、大体いつも真横を向いている感じで
動き回ったりしていると、それ以上曲がっている時もある印象です。
基本的には、いつも時計回りの方向にグルグル回りながら移動。
両手でグルーミングなどもたまに見られ、左方向にもゆっくり方向変換する時もあるし、
曲がりと反対側、左側のお腹の一部も、器用に舐めれます。
食糞は、ちょっとどうしているのか分かりません。
というか、まだ胃腸機能が完全回復していない様子なので、
盲腸糞自体をしていないようです。

うさ君の目は、白目を剥く事なく、真っ黒くキラキラきれいです。
これは言うなれば、うさ君の脳の世界が、
90度の角度で安定してしまっているという事。
斜頸になりたてコは、白目を剥いていたりするけれども・・・。
試しに、首の後ろのツボを押しながら、ゆっくり首の位置を戻してみました。
そうすると、逆にうさ君は半分くらい白目を剥いてしまいます。

うさ君は、抱っこしようとすると、ひっくり返って
バタバタえび反りになってしまいます。
世界がグワンッと、激しく動いて急激なめまいを起こすのでしょう。
でも私は、だんだん、うさ君の抱っこをマスターしてきた気がします♪

方法@:眼を覆って、めまいが起こらないようにゆっくり抱っこ。
方法A:うさ君の傾きの方向に、ゆっくりひねりながら抱っこ。

うさ君は普通のうさぎとあまり変わらないと私は意識しちゃうけど、
やっぱり、うさ君の世界に合わせなきゃならない部分があるんだなぁ
そういう細やかなトコに気づいてあげなきゃ・・・と思いました。

うさ君の名前、決定♪ 

2004年11月23日(火) 22時27分
今日は、はるさんが、ウチノのマットをたくさん持ってきてくださいました。ママの愛ですな〜。ありがとうございます!!私もこれで毎日の洗濯、必要なくなるので助かりますっ。



はるさんには、うさ君が保護された現場近くの警察へそれとなく声かけていただくのと、周辺に迷子捜しの張り紙がないか、それとなく見ていただく事をお願いしました。もし元飼い主さんがうさ君を探しているのならば、センター等にもヒアリングをしたはずとは思うのですが、一応の事はして、満足しておきたいと思いました。

うさ君の名前、決まりました♪発表します。じゃじゃじゃ〜ん。「うた」君です。
以後、お見知りおきを。・・・実は「うさ君」という呼び名の、変化系が由来なんですけどね。

それと今日、うた君の様子を見たはるさんが「うさ君の首の曲がり、良くなってない?」と。それで気づいたのですが、うちに来た日は90度以上行っているように見えて、寝るときも片耳が床についていたのが、今はついてない!80度くらいになってます。万歳!ちょっとでも戻ってくれてると、うれしい☆

□本日のご飯
・ペレット→バックアイ16 11g+14g
・野菜→ブロッコリー、リーフレタス、春菊、山東菜 計300g
・牧草(少し、食べるようになった?)
我が家であげてたうさぎ舎のUSチモシーも、高原の朝摘み牧草も、OXBOWもダメだった、うた君。ついに私の最終秘密兵器(早いな)のPeti Lapinオーツヘイを試したトコロ、割と良い感じです。

今夜から、我が家のうさぎ全員で●攻撃はまだしも、おしっこ大合戦が始まっていて、飼い主泣きそうです・・・。某掲示板でもよく質問ありますが、多頭飼いにはご注意を!うさぎの縄張り意識は奥が深い。

エンセファリトゾーン(EZ)@ 

2004年11月24日(水) 18時31分
うた君は、エンセの疑いが高いとの事です。
うた君が斜頸と聞いた時、一番最初に思い浮かんだのは、
「うた君をお迎えするなら、うちの子達にフェンベンタゾールをワンクール飲ませなきゃ!」
という事です。
うた君の血液は、既に検査依頼に出しています。
そしてうちの子達も、昨日病院で採血してきました。

エンセファリトゾーンは、原虫が脳や腎臓に寄生して、主に中枢神経に障害を起こす病気です。 経口、呼気、粘膜、糞尿などから感染し、感染力は極めて高いようですが、パスツレラ菌と同じように、日和見感染と言って、原虫がいたから必ずしも病気になる訳ではありません。
日本でも、ほとんどのうさぎさんがエンセを持っているのではないか?と言われているそうです。病院の先生も、検査するうさぎさん・うさぎさんが、余りにも陽性反応が出てしまっている。90%位…とおっしゃっていました。もちろん、検査するうさぎさんにほとんど斜頸症状がある為、とも考えられますが。

私は、うた君をお迎えする前に、先生にお電話で相談させていただきました。
その際の先生のご意見としては、

・フェンベはあくまで駆除薬であって、予防薬ではない。蟯虫と一緒で、その時はなくなっても、何かのきっかけでまたうつる事があるので、ワクチンにはならない。

・安全性への懸念。副作用が低いと言われているが、それでもたくさんの投与例の中で少数、必ず肝機能障害を起こす子がいるので、できればむやみな投与は避けたい。
(と言っても、こういうケースは元々体力が落ちているコだとは思いますが)

・長期間(一ヶ月)、毎日薬を飲ませる事に対するうさぎさんへのストレスと、飼主への負担。


などの理由から、全員EZに陽性反応がないかどうか検査してみて、陽性の子にピンポイントに治療をする・・・という方法を取る事にしました。

注:上記の事は、私のかかりつけの獣医師の考え方であって、先生によって方針の違いもあるかと思います。また、EZはまだまだ研究段階の病気ですので、今後、経験値を重ねていく事で、様々な事が解明され、治療方法も変わっていく可能性があります。

エンセファリトゾーン(EZ)A 

2004年11月24日(水) 18時34分
うた君の飼育環境:飼主の心うさ知らず・・・(ピット)の図



予防としては、以下の事を心がけています。

・飼い主が手をまめに洗うようにする。

・うちの子達とうた君の生活環境をサークル+パネルで分け、接触を断つ。

・掃除の順番は、うちの子達→(手を洗う)→うた君→(手を洗う)で行う。

・掃除用具をうた君専用で用意し、サークル内では靴下を履き替える。


これを実行するのはズボラな私としてはひじょ〜〜に面倒臭いし、効率も悪い。
やっている内に、これで本当に防げるのか、どこまで意味があるのか、どーせ皆エンセいるんだろ?!(笑)とか考えてしまいます。
本当にクリーンな環境を作るというのは、とっても難しいと感じています。
フツーに服についてて外から帰ってきた時に、移ったりなんていいう可能性もある訳だそうで・・・しかも、スポアは乾燥した状態で、一ヶ月生きるぅ?!(今月のうさ暮ら読んだ?)
病院の先生には、うつらないコはうつらないのに、うつるコは簡単にうつるとか言われ困惑です。そこんとこ、ギョウチュウに似てるなぁ、やっぱ。
とりあえず、得意の開き直りで、最低限やる事だけやって、深く考えない事にしました。
うた君はバイキンじゃないんだよぅ。
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mailtolapin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる