まゆみの英語教材「夏血栓」に要注意(1)

April 13 [Fri], 2018, 15:04
まゆみの英語教材「報道マスコミサイトでの、出会い系ご縁〜良縁悪縁」

「夏血栓」に要注意(1)夏の突然死との出合いを招く

予報系サイトによると、観測史上最も暑かった昨年に続き、今年も猛烈な暑さとの出合いが予想されているという。
★まゆみの英語教材 >>>
I say that an encounter with the furious heat is also expected this year following last year when it was hottest for record according to the forecast system site.


この夏一番の暑さとなった7月8日には525人が熱中症で搬送されていることから分かるように、サウナのような「酷暑」が容赦なく日本列島を包もうとしている。

 酷暑の季節といえば、真っ先に思い浮かぶのは熱中症との出合いだろう。

高齢者の場合、温度の感覚が鈍くなっているため、外で倒れる例だけでなくクーラーをつけないまま部屋で亡くなるケースも問題になっている。
★まゆみの英語教材 >>>
The case of which they die in the room without turning on the air-conditioner as well as the example which collapses outside are also a problem because a sense of the temperature becomes dull in case of a senior citizen.

 ところが、熱中症と比べて見過ごされがちな病気が身近にあることをご存じだろうか。
それが、夏に特有の脳梗塞や肺血栓塞栓症(そくせんしょう)、そして心筋梗塞との出合いだ。
最近では、これらは総称して「夏血栓」と呼ばれているが、従来の病気とどう違うのだろうか。
まずは夏に発症する脳梗塞の特徴から説明してゆこう。


「夏血栓」に要注意〜脳梗塞は夏に多い
 国立循環器病研究サイトの統計によると、脳梗塞との出合いは夏(6、7、8月)に罹る患者が最も多い。
血管が破れる脳出血が冬場に多発するのとは対照的だ。

「脳梗塞が夏に増えるのは理由があるのです」
★ここが、まゆみの英語教材 >>>
"It's well-founded that cerebral infarction increases in summer."

とは秋津医院の秋津壽男院長である。

「猛暑が続くと身体は熱を放出するために血管を広げるのです。
すると、血圧が落ちて血流が鈍くなってくる。
さらに大量の汗をかくことで水分が体外に逃げ、血液が濃くなってしまうのです。
ドロドロになった血液の中では血の塊(血栓)が作られやすくなり、それが脳血管で詰まってしまう。
これが夏の脳梗塞の原因です」


 それならビヤホール系で大ジョッキをぐっとあおれば水分補給になる、と思ったら大間違い。
ビール系には利尿作用があって逆に水分を外に連れ出してしまうのだ。
★まゆみの英語教材 >>>
In that case by the beerhouse system, a large-sized mug, much, if I think it'll be water supplement when inciting, big mistake.
A diuresis action goes well with beer a system, and water is taken out in outside reversely.

 気を付けなくてはならないのは、夏の脳梗塞が一見、健康な人でも罹りやすいという点だ。

 たとえば60キロの体重の人なら体内の血液の量は4〜5リットル。
外気が暑くなってくると、汗などで500ミリリットルほどの水分ならすぐに体から出てしまう。

そのため、血液は1割以上濃くなってしまうのだ。

「血栓はコレステロールが多い人や血液が濃い真性多血症の人に出来やすいのですが、そうでない人も血栓が作られやすくなってしまうのです」(秋津院長)
★>>>
"A person and blood with a lot of cholesterol tend to be done for a person with thick genuine plethora for a thrombus, the person who isn't so becomes easy for a thrombus to be made, too." (Akitsu director)


熱中症か脳梗塞か
 歌手の西城秀樹は2度脳梗塞に罹っているが、1度目はまだ48歳の時だった。
2003年6月、ディナーショーに出演するため韓国を訪れた際、サウナで体に負担をかけた後に発症したという。
真夏の暑い日に汗をダラダラかいているのと同じだ。
★ここが、まゆみの英語教材 >>>
Hideki Saijo, the singer had cerebral infarction twice, but the 1st time was still at 48 years old.
To appear on a dinner show in June, 2003, when visiting Korea, I say to a body that I developed the symptoms after imposing a burden, at a sauna.
On a day hot for midsummer, sweat, slovenly, it's same as being here.


 さらに、夏の脳梗塞系がやっかいなのは、熱中症系と間違えられやすいことである。
暑いなか、急にしゃがみ込んだり、倒れる人がいたら、日陰で休ませたり、水分補給など、熱中症の応急処置を取るものだ。
ところが、脳梗塞との出合いでそれをやってしまうと手遅れになってしまう。

 長年、脳梗塞患者を診てきた米山医院の米山公啓医師によると、

「熱中症か脳梗塞か分からない場合、一番簡単な見分け方として『ドロップハンド法』があります。
脳梗塞は身体の左右どちらかに症状が出ますから、動きが違ってくる。
やり方は寝ている状態で両方の腕を持ち上げ、ぱっと放す。
どちらかの腕が先にパタンと速く落ちると、脳梗塞の可能性が高い。
そうなったら一刻も早く救急車に乗せるべきです」


Presented from まゆみの英語教材「報道マスコミサイトでの、出会い系ご縁〜良縁悪縁」

マスコミ、報道での“気功”との出合い系悪縁?

March 11 [Sun], 2018, 9:37
Mayumiの「英語英会話マスコミ、報道サイトでの、出合い系良縁悪縁」

“気功”との出合い系悪縁?


 例えば、がんもどき理論で知られる近藤誠医師のセカンドオピニオン外来へ顔を出していたと噂されたものの、当の近藤氏は、

「それは嘘だ。僕の言っていることに関心はあっただろうけど、少なくとも僕のところには来ていません」
★ここが、まゆみの英語英会話教材 >>>
"That's false. I'd be interested in my talking about it, but I have not come to my place at least."


 と否定。
更に、「全身がん」で知られる女優・樹木希林が、自身が足繁く通うクリニックへの通院を勧めたと取り沙汰されたが、

「海老蔵さんとはご近所さんですが、交流はないのよ」
★ここが、まゆみの英語英会話教材 >>>
"Ebizou is Mr. neighborhood, I don't associate."


 と樹木当人は言うばかり。

 だが、ここへきてその一端が伝わってきたのである。

 事情を知る関係者は、

「気功との出合い系悪縁?に頼っていたのです。いわゆる標準治療は全くしていなかったと言います」
★ここが、まゆみの英語英会話教材>>>
"Dating bad relationship with qigong? I depended on NI. I say that so-called standard treatment wasn't being done at all."

と告白する。



 気功……。





がん治療に対し、何ら科学的根拠のないこの出合い系悪縁的療法へ夫妻をそそのかしたものは何か。
★ここが、まゆみの英語英会話教材 >>>
Qigong...,.... What is the one which coaxed a husband and wife to scientific this groundless dating bad relationship-like method of treatment at all to cancer treatment?


Presented from Mayumiの「英語英会話マスコミ、報道サイトでの、出合い系良縁悪縁」

マスコミ、報道「標準治療との出合い系良縁を受けず」

January 14 [Sun], 2018, 6:02
「英語会話マスコミ、報道サイトでの、出合い系良縁悪縁」

マスコミ、報道「標準治療との出合い系良縁を受けず」

2014年2月、PL東京健康管理センターで人間ドックを受けた際、左乳房に「しこり」が見つかった。
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
When receiving checkup at PL Tokyo health care center in February, 2014, "the stiffness" was found by the left breast.

マスコミ、報道
「精査すべし」と判断が下り、虎の門病院へ。
診察を受けたところ、腫瘍の存在が確認されたうえで、

「若い女性に多い良性の乳腺線維腺腫との出合いに見受けられたようです。
全く問題がなさそうなら半年後と言うのですが、白黒はっきりしないので“3カ月後に来てください”と伝えたのです。

彼女のブログには
〈「授乳中のしこりですし、心配いらないですよ。
半年後くらいに、念のため、また診てみましょう」と言われました〉と綴られていますが……」
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
Just in case, I'll examine again after half year,", and, that it was called>, it's written...,...,".

と、マスコミ、報道関係者。
ところが、麻央さんは多忙だったためか、受診が遅れ、再検査を受けたのはその8カ月後だった。
★ここが、まゆみの英語会話教材>>>
But, a check-up was late for whether it was the purpose with which Mao was busy, and it was the 8 months later that reexamination was received.

マスコミ、報道
「その時にがんとの出合い系悪縁が見つかり、針生検の結果、脇のリンパ節への出合い系転移がわかった。
比較的、進行が速かったけれどこの段階で治療に取りかかれば5年生存率は90%超。

当然、標準治療を勧めたのですが、麻央さん側は首を縦に振らなかったと言います」(同)
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
Of course, standard treatment was recommended, Mao says that the side didn't shake its head for disapproval lengthwise,", (the said)

 日本乳癌学会元理事長で帝京大医学部附属新宿クリニックの池田正氏が、こう疑義を呈する。

「標準治療とは、がんのタイプとステージを見て、手術と放射線、抗がん剤にホルモン療法、そして分子標的治療薬を組み合わせて治療していくものです。
麻央さんの場合、抗がん剤を先にやって小さくしてから手術するという方法もありました。
乳房を温存できればそうするし、無理でも再建という手がある。
ですから、標準治療との出合い系良縁を受けいれなかったのなら、その点は疑問です」

 そもそも、乳がん自体は命に影響を与えるものではない。
★ここが、まゆみの英語会話教材>>>
After all breast cancer doesn't have an influence on itself in the life.


しかしながら、それが他の臓器などへ出合い系転移した時に生命へとかかわってくる。
どうしても乳房を失いたくないという思いゆえのことだったのか。
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
Was it a thing because of the concern which doesn't want to be deprived of a breast no matter what?


 いずれにせよ標準治療から遠ざかったのは事実だが、その理由は定かではない。

 つまり14年10月から、16年6月9日にマスコミ、報道が〈麻央夫人 進行性がん〉とスクープし、これを受けた会見で海老蔵が乳がんだと認めるまで、いや、その後も含めて、どこで何をしていたのか判然としなかったのだ。



Presented from 「英語会話マスコミ、報道サイトでの、出合い系良縁悪縁」

小林さんを奪った「民間療法」との出合い系悪縁

December 17 [Sun], 2017, 17:59
「英語会話マスコミ、報道サイトでの、出合い系良縁悪縁」

小林さんを奪った「民間療法」との出合い系悪縁


 乳がんとの2年8カ月の闘いの末、天に召された小林麻央さん(享年34)。
病院での再検査を急ぎ、標準治療を受け入れ、命を奪うことになる忌わしき民間療法との出合い系悪縁を拒絶すべきだったのだが……。
★英語会話教材 >>>
I should refuse the disgusting "therapeutic cult" which will hurry reexamination at a hospital, accept standard treatment and take the life...,....


 去る6月23日、市川海老蔵(39)が自身の舞台公演の合間に、しかも予定時間を大幅に超える20分を掛けて訴えたかったのは、幸福との出合いとは何かということだった。
例えば、麻央さんがよく話していた言葉について問われ、時に震える声でこう答えている。
★英語会話教材 >>>
For example Mao is being asked about about the word about which I was often speaking and is answering so by the voice which sometimes trembles.


〈自分よりも相手のことを心配する優しさ。
(中略)
どこまでも自分よりも相手のことを思う気持ち。
これがね。一番多かったですね〉

 会見では出てくることはなかったが、心のうちに去来し、響いていたフレーズがあったはずだ。
★英語会話教材 >>>
It has not come out at Aimi, but it has to have recurred over the heart and have been a phrase which was sounding.

 あの過ちを消すことができるなら。
あの日に引き返すことができたならば……。

 事実、麻央さんが昨年9月に始めたブログには、こんな記述もあった。

〈あのとき、/もっと自分の身体を大切にすればよかった/あのとき、/もうひとつ病院に行けばよかった/あのとき、/信じなければよかった〉(9月4日)

 ならば、彼女の病歴を振り返っておかねばなるまい。
★英語会話教材 >>>
When it is, I have to look back to her case history.


Presented from 「英語会話マスコミ、報道サイトでの、出合い系良縁悪縁」

まゆみの「代替医療」との出合い系悪縁について

November 19 [Sun], 2017, 15:42
まゆみの「英語会話マスコミ、報道サイトでの、出合い系良縁悪縁」

小林麻央さんも頼った「代替医療」との出合い系悪縁について

 幼い子ども2人を残して34歳の若さで亡くなった小林麻央さん。

「標準治療に出合い、選んでいれば助かったのではないか」と、その死を惜しむ声があがっている。
★まゆみの英語会話教材 >>>
"When choosing standard treatment, maybe it was saved." and, the voice which regrets the death is rising.

乳がんそのものは手術での除去に加えて、放射線治療・抗がん剤・ホルモン療法・分子標的治療薬などとの出合い系統を組み合わせる“セオリー通り”の標準治療を行っていれば、5年生存率が90%を超えたとされる。

 先週発売の週刊新潮(7月6日号)では、麻央さんが気功に出合い、それに頼っていたという関係者の証言が報じられている。
★まゆみの英語会話教材 >>>
Testimony of the person concerned who says then that Mao depended on qigong for weekly Shincho of the sale (July 6 number) was reported last week.

事実、麻央さんのブログでは気功との出合い縁のほか、マッサージ、サプリメント、温浴療法、酵素風呂などの言葉が散見され、夫・海老蔵のブログからも長女・麗禾ちゃんや長男・勸玄くんをともなって気功に通っている様子が窺える。

 麻央さんはブロで綴っている。「マッサージをしたり気功をしたりサプリを飲んだりしても、私は本当に身体が鈍感だから効果がまだよく分からないの。」
★まゆみの英語会話教材 >>>
Mao is writing in a blog. "Even if I massage, do qigong and drink SAPURI, because a body is really insensible, don't I know the effect well yet."
思ったような効果が得られなかったことに、苦しい胸中が垣間見える。


 現代の科学では効果との出合い系統良縁が検証できていない治療法を総称して代替療法と呼ぶ。
英国の科学ジャーナリスト、サイモン・シン氏は著書『代替医療解剖』のなかで、鍼・ホメオパシー・カイロプラクティック・ハーブ療法という代表的な代替医療を、その起源から現状まで徹底取材し、科学的な評価を加えている。
またオステオパシー(整骨療法)やコロンセラピー(結腸洗浄)、酸素療法、医療用ヒルなど新奇な出合い系統的治療についても丁寧に検証している。
そのうえでこうサイモン・シン氏はこう語る。

「代替療法は大繁盛しているが、多くの場合は誤った考えを抱いてしまったセラピストによって、ときには大衆を食いものにするニセ医者との出合い系悪縁によって、人びとは繰り返しまどわされている。
今こそ、まやかしがはびこるのを食い止めて、本物の治療法を優先させるべきときではないだろうか」
★まゆみの英語会話教材 >>>
Isn't it when I stop eyewash thriving now, and should make them give priority to a real remedy,".

 歴史的にみれば、代替医療として出合い縁から広まったのち通常医療に受け入れられた治療法が数多く存在しており、そのメカニズムが未来において証明される療法もあるだろう。
代替医療が患者の心理的な苦痛を緩和するケースがあることも否定できない。

しかし、代替医療の導入にあたってはしっかりとその療法のリスクと現在時点での科学的評価を確かめることが重要だ。
★まゆみの英語会話教材 >>>
But it's important to make sure of risk of the method of treatment and the scientific grade as of present tightly in case of introduction of substitution medical treatment.


Presented from まゆみの「英語会話マスコミ、報道サイトでの、出合い系良縁悪縁」
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像名無しさん
» 漁場と領土の出会い縁を分けることが大切 (2013年04月05日)
アイコン画像増税反対
» 官僚さま!増税で税収ダウン!! (2011年10月08日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/mailjp/index1_0.rdf