アドベント

December 14 [Fri], 2012, 22:25
もうすぐクリスマス。

子供達は、クリスマス会での、劇の発表の練習を、園でしている様子。

「今日はマリア様役だったよ」
「羊飼いだったよ」

と、報告してくれます。

誰がなんの役になるかは、
当日、先生が決めます。

きっとその時、降りてくる
天からの言葉で、役を決めるのかも。

子供達は、「今、」を生きています。
それはとても生き生きと、自由に。

劇を通して、子供達の深い深い潜在意識の中に、
「あなたは、天から、祝福されて生まれてきた子」
ということを、染み込ませるのだと
思います。


家では、羊毛で作ってみた、大天使が
赤ん坊のイエス様を抱いて、天から、
少しずつ降りてくる飾りを飾っています。

下には、ヨゼフとマリアの羊毛の立ち人形。

それと馬小屋。

子ども園では、それにロバと牛羊、羊飼いもいるそう。宿屋もだったかな。

紺色の布は、夜を表しています。

素敵なクリスマスが、訪れますように。

おすすめ上映会のお知らせ

August 20 [Mon], 2012, 8:39

秋田市遊学舎にて、『シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子供たちに〜』
上映会が開催されます。

●9月21日(金)
●18:30〜20:00
●秋田市遊学舎会議室
http://www.akita-kenmin.jp/yugakusha/
●会場費・資料代 500円
●お申込み締め切り 9月15日(土)
●主催 こども未来ねっと


内容、詳細はこども未来ねっと↓まで♪

http://kodomomirainetto.blog.fc2.com/blog-entry-70.html

私も観たかった映画です。

上映会のお知らせ♪

July 14 [Sat], 2012, 23:09
自主上映会のお知らせ♪



こんにちわ。



この度、8/11(土)秋田市で映画の自主上映会を開催することにしました。



映画のタイトルは 『カンタ!ティモール』
この映画は秋田県では初めての上映となります!



映画の舞台は東ティモールという南海に浮かぶ島国です。



東ティモールは独立してまだ10年ほどで、

この映画は、

その東ティモールの独立にまつわるドキュメンタリーです。



この島を襲った悲劇と、

それを生き抜いた東ティモールの人々の姿に

悲しみと感動の涙があふれました。



この映画は出来るだけたくさんの方々に

見て頂きたいと思っています。



ご友人やご家族お誘い合わせの上、是非お越しください。

また、興味のありそうなお友達などがいらっしゃいましたら、

転送していただけますと幸いです。


☆自主上映会プログラム☆

『カンタ!ティモール』(うたえ!ティモール)
〜南国ティモール ひとつの歌に導かれた運命の旅〜


監督:広田 奈津子

助監督/音楽監修:小向 サダム

監修:中川 敬(ソウル・フラワー・ユニオン)

   はえじま

南風島 渉(フォトジャーナリスト

「いつかロロサエの森で−

東ティモール・ゼロからの

出発(たびだち)」著
上映時間:110分
公式サイト:http://www.canta-timor.com



予告編:http://www.youtube.com/watch?v=vQ-e_RNEOoI
(ぜひご覧になってみてください♪)




◆上映日時

8月11日(土)14:30〜16:30
開場 14:00〜

◆会場

秋田県ゆとり生活創造センター遊学舎 会議室

〒010-1403 秋田市上北手荒巻字堺切24-2

◆料金

予約 大人1,000円、中高校生800円
当日 大人1,200円、中高校生800円

※暴行の描写が含まれます。

12歳以下の方、デリケートな方のご観賞はお控えください。

◆ご予約

佐々木までご連絡をお願いします。
@お名前、A電話番号をお知らせ下さい。



自主上映会開催者:佐々木
メール:maikon45@yahoo.co.jp
電話:09087893082

--------------------

東南アジア、東ティモールを舞台に、大地とのきずなを描くドキュメンタリー。

1999年までの24年間で人口の3分の1を失うという、狂気のような殺りくを受けた東ティモール。消えない悲しみを抱きながら、許すという選択をした人々の姿が、美しい音楽とともに綴られる。

日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモール問題を取り上げた、国内初の作品。

作者らは極力通訳を介さず、住民と共に暮らす中から歌と言葉を引き出した。ゲリラ兵や、女たち、シャーマン、獄中から東ティモール独立を率いた初代大統領の貴重なインタビューが含まれる。文、字を持たない口承文化特有の、詩のようにつむがれる言葉の数々が、胸に残って離れない。

◇監督:広田 奈津子
1979年愛知生まれ。南山大学スペイン語科卒。環太平洋の先住民に関心を寄せるうちに、東ティモールに出会う。2002年に同国を訪れ、アレックスの歌を耳にする。2003年、再びアレックスに会い、彼の歌を追いかけた旅が本作品となった。初作品。