伊吹島
2013.07.28 [Sun] 22:15

瀬戸内芸術祭 夏の陣。
伊吹島と宇野港に行ってきました。

曇ってんのに、暑い。
私は雨女なのに。ちっとも雨降んない。
猫が頻繁に現れて、癒しの時間をくれるけど。

伊吹島では無料コミュニティバスならぬ、無料コミュニティ軽四がお出迎え。
なんで、こんなにいっぱい無料コミュニティ軽四が港に集まってんのかな〜と思ったら、島は急な坂だらけなのであった。
坂ばっかりで、暑さとあわせて死にそうになる。
這いつくばらなきゃ、のぼれないような坂。
まさに、心臓破りとはこのことである・・・。
おまけに、作品展示場所には、クーラーがいっさいない。
かわりに、吹き抜ける海風のありがたさを知る。

作品では、オスカール、やっぱり最高。
玄関あけて、膨らむドーム。
オスカール家の前に広がる風景。
ひゃぁ〜って思って、心がじわっとして泣きそうでありました。
アラーキーも、面白かった。

みんな、とても気さくで、よくしゃべりかけてくれる。
船の上では、80歳のおじいちゃんが、島の浦島伝説だったり、観音の話、岡八郎の話など。
作品の受付では、違う作品の説明を。
「今日はもう誰も来てないんで、ちょっとしゃべりたくて」と、作品の説明と自分の思いを。
「ちょっと特別に」と屋上に上がらせてくれたり。
なんか、気取ってなくて、いい。

いつもの瀬戸内芸術祭とちょっと違う経験をした気がする。

家に帰って、孤独のグルメを見ていたら、主人公・井之頭五郎が店の主人にうんちくを語られた後の台詞が、今回の瀬戸内芸術祭で私が感じたことと同じだった。

「でも、こういうご主人の話っていうのは、ネット情報とは違って味わいが違うんだよなぁ。多少面倒くさいけど」
 

よつばカフェさんで
2013.06.12 [Wed] 23:04

わたくしごとで、作品を作ることを休んでいましたが、再開。
よつばカフェさんでマトリョーシカなどなど、また販売していただけることになりました。
ありがとうございます!
ということで、奈良へお越しの際は、よつばカフェにぜひお立ち寄り下さい!!

しかし、暑すぎるよ〜
雨も降らないし。
私がひさびさに旅行するぞ!となると大抵雨が降るので、雨を降らすためには旅行を計画せねばなるまい。
 

ひさびさに。
2013.06.11 [Tue] 23:39

マトリョーシカのオーダーを頂いて、金曜日に納品しました。
友達のいとこさんが経営する、神戸のファンダンゴというお店です。
オーナーさん、コックさん、美人さん、ふくろう、黒猫。というオーダーだったのですが、フクロウがうまくかけず、四苦八苦。
それを、見抜かれてしまいました・・・。

私のいちおしメニューは、コカかな。
ああ、おなかが減って参りました。

 

ヨーロレイヒ。
2013.06.09 [Sun] 18:35

なんか、向こう脛に、たくさんの青あざができてる。
なんだろうなぁ・・・って思ってたけど、オクトーバーフェストで踊ったときだったんだな。
今年はいろんな人といって、いろんな話ができた。

去年も「内海さんやから、(しかたなくやけど)一緒にきてんで」と言われて、なんだかとてもうれしい言葉をくれたのですが、いっこうに踊ってもらえず、しゅんとして帰ったのです。
しかし今年は一緒に踊ってもらえてうれしかった!
泣きそうになったくらいの感激!そして喜びはプライスレス!
この人の魅力は、こういう所だと思う。

私がしつこく
「オクトーバーフェスト行こうよ!」
といろんなひとを誘っているのを見兼ねて、ひとまわり年下の男子が、なかば切れ気味に
「じゃあ!行きましょうよ!オクトーバーフェスト!」
と泥酔中に誘ってくれ。
酔いもさめた翌週、年下男子に確認したところ、勢いで言ってしまったことを後悔しているように顔を曇らせながらも、
「あの約束は生きています」
といってくれ、申し訳ない気分もしたが。
席に座ると、防御線を張るかのように、私の横に鞄をおかれたことに幾分かの悲しみを感じたけれど、普段あまり話をしない若者とのおちょくったり、おちょくられたりと会話は楽しかった。
未来ある男子のいきいきとした話は、どんな話であれ聞いていて清々しいものだった。
いろんなことを楽しむ力があり、吸収する力があるって、本当にすてきだな。

会社関係の人と、会場で出会って、一緒に踊ったり。
そして、ばか騒ぎしているところをたくさんの人に見られたりして。
日々の憂さをたくさん晴らせたなぁ。
 

ラフラフ展。
2011.04.03 [Sun] 01:21


ラフラフ展、はじまります。
イトウユミコさんと私、ふたりっきり。
時間があればみなさん来て下さいね。
今回はいろんなロシアの童話のマトリョーシカを展示します。
そして、去年のロシアに行った時のお土産も販売します。

ラフラフ展
4/14(木)〜4/17(日)
11:00〜18:00(最終日は17:00までです)
@ギャラリードミンゴ
兵庫県神戸市中央区三宮町2丁目8-1
078-331-4630 


 

なぜか武蔵丸にみえた、ネマニャ。
2011.03.05 [Sat] 22:22

今日は、待ちに待ったネマニャのコンサート。
会場で、ビールを一杯頂いてから、着席。

クラシックのコンサートとは思えないくらいの、とてもフランクな感じのみなさん。
今回もブラボーおじさんがいてくれてよかった。
会場も、演奏者も楽しくなってしまうよねぇ。
ネマニャは、ほほえみをたたえながら、弾く。
かわいい。
と思ってみていたら、だんだん武蔵丸に見えてきた。
笑顔がかわいかったもんな、武蔵丸。
なんて思いながらの前半。

で、後半。
なつかしい土地の思い出も、タイトルからは想像できないような、なんだか激しくて切ないものを感じた。
そして、悪魔のトリル。
夢の中で悪魔に魂を売って伝授された曲とは。
悪魔もやりよるな、なかなか。心かき乱す曲だった。悪魔もなんだか、さびしいのかもしれない。

アンコールはどの曲も、素晴らしかった。
ビバルディの四季・夏も、ものすごいパワーだったし。
セルビア人のネマニャが、ジプシー音楽をやってくれたので、そりゃもう感激である。
こっちはもう、踊り出したい気分である。
ブラボーおじさんも私と同じ気持ちだったに違いなく、ブラ〜ボ〜!!!を連発していた。
で、アンダルシアのロマンス。
今回一番鳥肌がたち、胸の奥がじわっときた。
ブラボーおじさんは、ネマニャに「また来てね〜!!」と叫んでいた。
ネマニャに届いたかなぁ、この日本語。
私も、指笛でもできるようにしときたいもんだ。
と思い、練習したら、指がよだれまみれに。

感激ついでに、前から買うか買わないか迷っていたお皿を買い、ネマニャとクラシックを弾いているタラフのCDを買った。
ん〜なんだか、いい日だ。
 

雨女、直島に降り立つ。
2011.02.13 [Sun] 00:00

ついにこの日が来たのである。直島上陸!
もう、ずっと前から、友達と「直島いこ〜」といいつつ、実現しなかった。
みんな車持ってなかったし、日帰りできるようなところとも思っていなくて。
んでもって、昔は激高ベネッセしか泊まるとこないと思ってたからなぁ。
今日、ついに、実現した日帰り直島旅行♪

とはいえ、なんだか風と雪。雨女の本領発揮と行ったところ。
こんなところで発揮せず、干ばつ地帯で発揮したいところだけれども。
おかげで、私は横殴りの雪などを満喫。
なんつうか、悪天候ってわりとテンションあがるんですわ。
しかし車中、肩身は狭い。

で、宇野港。淀川テクニックのチヌ。

突堤の先までダッシュして、凍えながら、撮影。

フェリーの中で、ちびっこにチョコレートを持ってかれる。
ちびっこは自由でよろしい。
15分ほど経つとフェリーから、赤かぼちゃ!

テンションあがっちゃうね〜!!

で、地中美術館へ。
どこもかしこも、行列。タレルの作品一つ、観れなかった・・・。たぶん一番興奮するであろう作品である・・・。他のをみて、そう思った。瞳孔が開いていくのが分かった。振り向いての衝撃も。見上げて頬にあたる雨粒も。からだの中に色が染み込んでいくような感覚。
好きな緑と紫の取り合わせのモネは、心落ち着くものだった。睡蓮はどこに?というほどのぼやけ具合も、感覚が溶けていく感じで。
ウォルター・デ・マリアは写真で見るとなんともぱっとしないものだと思うんだけれど、実際作品を見ると球体に圧倒されてしまう。右に曲がって黒の球体を目にした途端、おおっ!と声を出しそうになるんで。
駆け足だったけど、なかなかに面白い地中美術館であった。

その後、黄色かぼちゃを観にいったのだけれども、それを通りこして走り出してしまう私。
ニキ!あんた、ニキちゃうんかいなぁ!!
こんなところにおるんかいなぁ!ここがベネッセの屋外作品群やったんかいな〜!!
もっと遠くにおるもんやとばかり思ってたでぇ!!!
ちょっと待っとりや、おばちゃんちょっと買い物してくるさかいな。

で、そのままショップに走り込み、草間弥生系を買いあさり、その後ニキ作品をニヤニヤしながら撮る。えへへ。

ダッシュで黄色かぼちゃに戻る。むらがる女子たち。おばちゃん、海っかわから撮りたいねんけどもやなぁ・・・と心の中でつぶやきながら、波打ち際で撮る弱気な私。


はぁ。宮浦付近で観たいものは大分観ることができた。
I湯にも浸かりたかったし、地中美術館のナイトプログラムおよび、見逃したオープン・スカイもあるし、本村地区の家プロジェクトも観ることができなかったので、もう一回来よっと。
おっと赤かぼちゃの中にも入ってへんわ。

珍道中は、楽しかった。みんな大好きだ〜!!!
 

目が合ったんちゃうん!?の妄想は健在。
2011.01.16 [Sun] 23:23

勝手に、15日だと思い込んで、危うく加古川まででかけそうになったほど楽しみにしていた、ソウルフラワーアコースティックパルチザン!!!!

行って参りましたわ〜♪
コアなファンではないけれど、高校生の時に黎紅堂でCD買って以来、ずっと聴き続けているバンドなのである。
厳密に言えば、ニューエストモデルだけど。

始まる前に、メンバーの音楽がずっと流れていたのだけれど、聞き覚えのある曲が・・・。
さ、さよならCOLORやないかい!!
と思わず、心の中で叫びました。
ん〜リクオさん、カバーしちゃったのね。

っで、始まりました。
タカシ〜!!!っつて、永積さんではなくて、中川敬さんどす。
いや〜もう、楽しいわぁ。曲もさることながら、MCがおもしろい。
あまりに面白くて、笑顔のまま固まってしまった。途中引きつってきた。なんという幸せな顔の引きつり。
私は、パイプ椅子に座って聴いていたのけれど、私なんで椅子に座っちゃったんだろう?とCHARAばりに思ってしまいました。
おどれねぇ〜、座っちゃ、おどれねぇ〜のよ。
もぞもぞしながら、楽しむ。
私にしっくり来る、リズムと声だぁ〜・・・。
リクオさんのピアノプレイもすんごかった。マウンテンバイクって歌、ものすんごい楽しい!!!

それに、加古川にはまた来ますって!
うれしい。
葉加瀬太郎も、美輪明宏も、もう来ないと思いますけどね〜って言ったこの加古川に。
また来ますって、言ってくれた〜♪
東加古川の仮設住宅での思い出と一緒に、今日の日も忘れないでいて欲しいなぁ。

そして、ライブではお決まりの。
「いま、目、あったんちゃうん!!!???」
の妄想。
いやぁ。中川敬さんと、目、お〜たな。イヒヒ。

とにやにやしつつ、死んぬまで生〜きる我等の掟〜♪と酔っぱらってもないのに、口ずさみながら、粉雪舞い散るなか、自転車で帰宅。

寒いが、あったかい。
中川敬さん、やっぱ、大好き!
 

あけましておめでとうございます。
2011.01.01 [Sat] 00:00


2011年が始まりました。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年の思い出は、ロシア旅行やら、埼玉の先生の家にお邪魔したことやら、瀬戸内国際芸術祭やら、わりといろんなところへ出かけることができたこと。
今年もいろんなところへ行くことができるといいな。
それと、もっとひとりでいろんなところに行くことに慣れないとな。

昨年の驚きは、なんども熱を出したこと。
38.8分の熱が出て、薬飲んだら、翌日35.8分になっていたこと。
いやぁ、もう体調には十分気をつけていきましょ。
そうそう、真央ちゃんによく泣かされた(笑)
このあいだなんて、滑走始まる前から泣いてましたからな。
涙腺緩んできてるのは、老いでしょうか。

昨年から新たな住人、ズズ公と共に暮らしはじめた。
家をしっちゃかめっちゃかにするので、げんなりしています。
今年は落ち着いて欲しいものです。おちびと仲良くして欲しい・・・。

ソウルフラワーアコースティックパルチザンで、今年の幕開け。
3月はネマニャだ!!!
どんな音楽を聴きに行こうかな。

そして今年は、マトリョーシカづくり、がんばるっす!!!
聞き上手になるっす!!!
ADSLから光にしたいっす!!!
iPod欲しいっす!!!
クリスマスに予定入れたいっす!!!
 

チャッツワースでパルチザン。
2010.12.04 [Sat] 17:17

昨日、イギリスの庭を紹介する番組を見ていて、なんだかええとこだなぁ。と言っていると、その場所はチャッツワースと言って、わが町でお気に入りの紅茶屋さんと同じ名前であった。
むむ、これは、明日、チャッツワースに行きなさいということだな。
ということで、今日、自転車で行ってきた。
ひっそりビルの2階でゆっくりのんびりできる感じが好きだったのだけれど、1階の花屋さんまでもがチャッツワースになっていて、いっぱいだった。
2階からお客さんが出ていく様子が見えたので、2階へあがる。
6人用のテーブルにとおされ、ちょっと広すぎるので、ソファに並んで2人で座る。
おばさんグループがたくさんいたので、隣にいる母親の声も聞こえづらい。
でてくる料理も紅茶も変わらずおいしいので、なんだかほっとするわ。
イギリスの生キャラメルも、おいしかった。

この紅茶屋さんはいつからか、ライブのお知らせなどをたくさん置くようになり、タカダワタル的ゼロのちらしなども貼っていて、なんだかわが町もすこしずつ変わっていってうれしいなぁ。と思っていた。
おいしい料理と、アイスロイヤルミルクティーで満足して、階段を降りていくと、なんだか気になるチラシがあったので、手に取ると、なななななななんと。
ソウルフラワーアコースティックパルチザンがわが町に来る!!!!
ぎゃおっ!!!!
地方巡業!!!!
て、て、店長!!!チケット買うです!!!

「チケットは買うんじゃなくて、取り置きです。」

買わなくていいのかい。当日でいいってのかい。
この、チケット買うです!!!の勢いをどこにもってけばいいっつ〜のだ。

ってんで、なぜか今はやりのタジン鍋ではなく、パエリア鍋を買って、明日はパエリアを作ることになったとさ。
あら、めでたいね〜♪