総量規制による融資条件の違いとノーローンの在籍確認

December 22 [Mon], 2014, 21:07
消費者金融と銀行カードローンの最大の違いは総量規制があるかないかということでしょう。

消費者金融は貸金業法の規制を受けるので、借り入れが銀行以外の全社を合わせて年収の3分の1までに制限されます。

年収の金額によってはあまり多くの金額を借りることはできない場合があります。

この総量規制の制限に伴って、消費者金融には年収審査が義務付けられています。

1社で50万、全社合わせて100万を超える金額を借りるとき、年収を証明する書類の提出を受けて審査を行わなければいけません。

銀行カードローンに比べて少額の借り入れでも年収証明をしなければいけないのです。

これに対して銀行は総量規制の制限を受けず、年収を審査しなければいけない義務もありません。

年収証明不要で借りることができる金額はどれも消費者金融より高めに設定されており、銀行カードローンは独自の審査基準でどのくらいまでの金額を融資できるか決定できるのです。

もちろんノーローン 在籍確認はありますので注意しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まいこ
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/maiko830803/index1_0.rdf