しっぽさん脱走! 

2005年04月08日(金) 18時00分
東京は天気が良く暖かくて洗濯ものやフトンを干すのにとても気持の良い日和でした。

いつものように主人をベランダで見送って「さて掃除でもするかっ」と寝室の方のベランダの窓を網戸にして洗濯などをはじめる。いつものように朝はTVがついていて掃除をするまにちょっと休憩と思ってソファに座っていた。
ウチで飼っている猫(しっぽ)さんはウチに来て6年。完全家猫になってからは4年くらい。

冬は窓を閉めているのでたまに換気などで窓が開くとちょっと興奮する

この日も朝からちょっと落ち着かない様子だった。良く開けるリビングと反対側の仕事部屋の窓の網戸は開けられないようにガムテープで貼付けてある。唯一、寝室の窓だけ網戸が開閉できるようになっている。

この日はうかつにもその窓まで網戸にしていた。と言うのもスグに作業するハズだったし、リビングから寝室はすぐ横なので見える範囲だし、なによりしっぽさんは仕事部屋の窓辺りで座って外を眺めているのを確認していたから安心してしまっていた。

ほんの少しTVに夢中になってしまった。
寝室でカタッと音がした。
なんだかちょっと嫌な予感。
体を少し傾けて覗くと網戸が20cmぐらい開いていた。
「ウソッ〜!!!」
慌ててベランダを覗いても誰もいない。

ポスターとチラシ 

2005年04月09日(土) 20時32分
今日は土曜日、主人も休みなので2人してしっぽさんの捜索をすることに。

早速、迷子チラシを制作。こゆうのは仕事柄スグに作れる。昨日の時点でデザインも決まっていたし

取りあえず自宅周辺を中心にチラシをポストへ入れる。周辺の電柱にもチラシを濡れても大丈夫なようにクリアファイルにいれて四方をテープで止めてから貼付けた。

土曜日で天気も良かったので外へ出ている人も結構いたので、直接チラシを手渡してお願いする。人によってはとても心配そうに話を聞いてくれる方もいた。東京といっても郊外でしかも少し奥まった住宅地と言うかちょっと田舎っぽいところなので皆とても親切な気がする。猫を飼っている家も多くて関心をもってくれる人も多そうだ。

最初の情報 

2005年04月10日(日) 20時57分
早朝になってもやっぱりしっぽさんは帰ってこなかった
さすがに眠れない私を見て
「もういいよぉ・・・」と主人が言った。

主人は猫を飼うのがはじめてで、もともと性格はとても心配屋さん。昨日今日と戻らないのがとても心配らしく、そんな事で無理して体調を崩す事の方が心配らしく。半ば諦めモードにすらなっていた。

私は実家に居た頃から何回か猫を飼っていて何回も脱走を繰り返したりそのまま居なくなったり病気で亡くなってしまったりと、そうゆう免疫は多少ある方で、性格的にもポジティブなので、私からすれば『出来る限りの事をしないといざと言うときに諦めがつなかい』と思ってしまう。とくに数日戻ってこないなんて猫飼ってりゃ良くある事。だけど自分の不注意が原因と言う後ろめたさもあって、笑って主人を励ます余裕は私にはない。そんなこんなで今日も朝から口論ではじまった。

なんだか諦めモードの主人が許せず朝から1人で近所へ捜索に出かけた。
昨日近所のパン屋さんにもチラシを渡していた。たまたま外に出ていたパン屋のおばさんに出くわした。チラシをお店に貼っておいてくれたらしく、それを見た子供が250mほど離れた公園で他の猫と喧嘩しているところを見たと言う情報を教えてくれた。
情報があった事もとても嬉しかったけど、頼んでもいないのにお店にはっておいてくれたのがスゴク嬉しかった。

ありがたい電話 

2005年04月11日(月) 21時23分
居なくなって最初の平日がやってきた。
朝から、もちろん主人は元気がない。肉体と精神の疲れがドドォ〜ときて、他の事にはあたまがまわらない。仕事に行きたくないと言うから

「じゃ、いかんとき!」と言うと
「そうするつもり・・・」と力なく返事するが
「で、仕事大丈夫なん?」と聞くと
「大丈夫じゃない・・・・」とため息まじりに頭を抱え込む・・・・

あ・・・朝から重たすぎるぅ・・・・・少しは気持ちの切り替えしてもらえればこっちもラクなのに・・・・でも、主人の心配ごとは実はこれだけではなく他にあるので仕方ないのだけれど・・・・

主人は嫌がりながらもなんとか会社へ出勤した。
私は自宅で仕事をしている。さすがに居なくなった日から私も仕事が手につかずに、ほったらかしにしていたので、今日はちゃんとやらないと、と言う事で昼間の捜索は今日はお休み。開けている寝室の窓を気にしながら1日中パソコンに向かっていた。

発見!? 

2005年04月12日(火) 12時52分
昨日は疲れて寝てしまったので、朝5時に起きて捜索開始。
と思って外に出てマンションの裏手に回ると、ちょうど家のベランダの前に大きな白い毛玉が・・・・

あっ!しっぽだ

おびき出し用に置いていたマタタビの木をガシガシとかじっていた。最初は私たちに気が付いていない様子だったが、声をかけると「うおっ!」と言う感じでびっくりしていた。
驚かせていけないと思ってその場で名前を呼んでカツオ節とマタタビの粉を見せたが、そのまま駐車場を横切って隣の家の低い塀まで登ってしまった。

何度も呼び掛けながらそっと近付くが、向こうも警戒心が強く徐々に距離を開けるように振り返っては逃げ振り返っては逃げを繰り返し、とうとう見えないところまで逃げてしまった。

あまり、追い掛けても怖がらせてしまう可能性が高いのでその後は周辺を少し探す程度で終らせた。

雨のせいでドロドロになっていたが、とても元気そうな感じで私は少し安心した

違う猫? 

2005年04月13日(水) 8時24分
今日も早朝からの捜索た為早起き。
まず、ベランダから外側を覗いてみたが今日は誰も居なかった。少し前まで結構雨が強く降っていたので居ないとは思ってたけど。

今日は昨日しっぽさんが逃げていった方向へ向かう。そっちには神社があって餌付けのおばさんもくるらしいので、猫には良い環境のよう。神社の階段を上ると境内の左側にちょこんとしっぽさんに似た猫が座っていた。と言うより裏から出て来たと言う感じ。

私はまたそぉぉ〜と、今度はいつも餌をあげているお皿とトレー持参でそこへかつお節を入れて名前を読んでみる。しかし、あんまり反応してくれない。

でも、慌てる様子でもなくプイッと横を向いて斜めの方向へスタスタと立ち去った。後ろ姿を見て

似てるけど違うそれが2人の結論だった。

確かに全体的に毛の感じも短毛っぽかったし、シッポも短くて模様も少し違う印象だった。でも雨に濡れているし正直わからない。私は逃げている後ろ姿や歩き方などがちょっと違う感じがした。

神社の周辺をぐるっと探してみるが姿はやっぱり見えなかった。

再び目撃情報! 

2005年04月14日(木) 8時54分
夕べ寝るのがいつもより少し遅かったせいか、今朝はなかなか目が覚めない。
昨日、天気予報で霜がおりるほど寒い朝になるときいていたので、さすがに窓の開いた寝室ではなられないので、暖かい方のリビングでふとんを並べて寝た。そのせいか、夜中に1度も目覚めなかったし、目覚まし時計を止めた後も2度寝してしまった

いつもより少し遅めに起きて、昨日置いておいたエサを見てみると全て残っている。ノラ猫さえきていないようだ。寒くてまだ活動していないんだろうか?

今日はやっぱり目が覚めないので捜索はお休み再び布団に入った

それから2時間ぐらいしてもう1度エサを見てみると
皿ごとないっ!

外に出て確認してみるとマグロのトレーだけベランダの前の駐車場に空になって落ちていた。誰か人間が故意に片付けたのかとちょっと心配になったが、どうやら違うようだ。ウチのマンションの1階の住民は皆猫を飼っている、もちろんペットOK。ウチが猫を探しているのも知っているのでマンションの住民が片付けるのは時間的にもちょっとありえないし。ベランダの塀なんて完全に人の敷地内だからね。
でも、ツナを入れていた紙のお皿がまだ見つからないのがちょっと気になる。

また発見!! 

2005年04月15日(金) 6時33分
昨日寝る前に再びベランダの前にツナを置いて就寝した。
早朝見てみるとすっかり空になっていたが、今度はおもりでしっかり固定していたので皿が行方不明になることなくツナだけが綺麗になくなっていた。

なくなったツナを補充してから捜索へ出かける。

今日はきのう目撃情報があった辺り
から最初に目撃情報があった公園へと向かう。公園では数匹の猫がたむろしていたが、その中にしっぽさんはいなかった。中にはしっぽさんと同じ白とオレンジの柄の猫がいたので、もしかしたら最初の目撃情報の子供はこの猫と見間違えた可能性もあるなぁと思った。
そこから今度は反対側の神社の方へもいってみたが、今日は猫っ子1人いなかった。

今朝も収穫無しかぁ〜と少しがっかりして家に戻って来ると、隣の大家さんちの蔵の角で後ろ向きでジッと座っているしっぽさんを発見!!

しっぽさんと私の距離は塀を隔てて5mほど。ハッキリしっぽさんだと分かる距離だ。しかも、おとといまでの雨にもかかわらず、あのボワボワした毛並みが健在なままなのまでハッキリ見えた。

声をかけてしまうとまた逃げてしまうので、一体どうするべきかとても悩んだ。間に塀があるので体を低くして近寄る事は不可能。しばらく悩んで、静かに名前を読んでみた。

振り向いた。やっぱり、しっぽさんだ!
こっちをジィ〜〜と見ている。
どうしよう?!取りあえず鰹節をかばんから取り出して見せてみた。
まだジィ〜〜とこっちを見ている。が少し警戒がとけてきたのか数回まばたきをした。
止まった時間が少し続く・・・・鰹節を手に取って見た。

あっ!!
逃げてしまった!!

そのまま蔵の裏側へ隠れてしまった。蔵は大家さんの敷地内なので勝手には入れない。反対側から回って見てみたがもう姿は見えなかった。

しかし、これで居る場所はだいたい確定できたので、後はどうやって捕獲するかだけだ。

とあるボランティアサイトで猫を捕獲する為の捕獲機を無料で貸してくれるところがある。それを借りて自分たちで捕獲するか、探偵さんに相談するか、今のところ検討中だ。

また発見!!パート2 

2005年04月15日(金) 19時33分
夜になって再び、目撃情報が入った!
今まで発見していなかった反対側50mほどの距離だ。
少し悩んで一応現場を見ておこうと、懐中電灯片手に家を出たら、ちょうどその場所からウチの方向へ帰宅中のしっぽさんと道でばったり遭遇した
2人ともパタッと足を止めて数秒間停止したまま。
私は、少し後ろへ下がってしっぽさんから見えにくいマンションの方へ隠れた。しっぽさんもそれを確認するように、ジリジリと戻って来る。さらに後ろへとさがる私を見て、そこからなんとか確認できる位置の低い塀からこっちを覗いている。私が知らんぷりをしていると安心したかのように、マンションの横をすぅ〜と通って裏側へ逃げて行った。
ゆっくりと後を追い掛けたがもうどこへ行ったか分からなくなっていた。

なんか、ほんとうに行動範囲がウチの周りなのがハッキリしてきて嬉しい。同時にこんなに近くにいるのに捕まえられないのがもどかしい。そのうちふらっと家の中間で戻って来てもおかしくない距離なのにね。

そう簡単にはいかないのが猫なのかぁ。あ〜やっぱり猫なのかぁ(笑)

遅い主人の帰宅を待ってから、早速、猫専門の探偵さんに電話をしてみた。この探偵さんは、迷子情報を扱っている掲示板などに書き込みをしてからスグに売り込みメールを下さった方で、何人かの人が実際に依頼してそれなりの成果もあげている。しかし、口コミだけでなんとかやっている感じで、ちゃんとしたHPもなければ、ほとんど捜索に出ていてメールのレスがとにかく遅い。2回メールして戻って来たレスが、質問している内容とちょっと違うし、ほんとに大丈夫かな?と言う不安は否めない。しかし、実際電話してみると話ベタではあるが、信頼は出来そうな感じだった。

何を待っているのか? 

2005年04月16日(土) 6時05分
今日はいつもより早めの起床。まだ外は薄暗い。
早速、外の餌をベランダの中から確認するとマグロの方だけ綺麗に無くなっている。ツナはしっかり残っていた。なんて贅沢な猫なんだ!!

捜索に出かけようと着替えをしてもう1度窓の外を見てみるとベランダの目の前に毛づくろいをしている、しっぽさんを発見!!しばらくすると、こっちに気が付いた。取りあえずこっちが家の中だと言うこともあって、逃げる様子でもなく、じっとこっちを見て何かを待っている感じ。

御飯を待っているのかな?と思ってツナ缶を持って外に出てみると車の影にかくれてじっとこっちを見ている。ツナを補充してすぐに家に戻ると(な〜んだツナか・・)と言う感じで興味なく別の場所へ移動してしまった。まだ近くにいるかもしれないと、またたび粉を持って外に出てみると、道路を挟んだ家の駐車場の車の前にじっとしていた。なんとか、またたび粉でよって来てくれないかと時間をかけてみたが、寄ってくる気配は全くなし。家に戻って外を見てみたが、もうどこかへ行ってしまったみたいで姿はなかった。

回収したラックのガムテープ部分には明らかにしっぽさんのものだと思われる毛がしっかりくっついていた。目で確認もしているし、もう餌場の特定もできた。あとは探偵さんにおまかせするだけ。とにかくそれまでは交通事故にあわないで元気で居て欲しい。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しっぽ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1999年
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
★このサイトについて

このサイトは迷子になった我が家の大事な家族を保護するまでの実録日記です。立ち上げの意図は、自分の経験が今後誰かの役に立てば良いと言う事と、猫友達への経過報告、なにより日記を書く事で自分への励みになると思ってはじめました。おかげさまで現在は無事に平和な日々を過ごしております。
2005.4.28(管理人:G)