モラトリアム宣言の時期

July 28 [Tue], 2009, 12:55
株式マーケットは上昇基調にありますが、
選挙後は要注意です。

選挙後は、新政権への期待感で
上値を追える展開と読んでいます。

しかし、その後は、現実問題が山積みですので、
一転して反落するのではないでしょうか。

最も大きな問題は、来年度予算です。

政府の財政状況は既に短期的には資金づまり状態です。

現与党と官僚により騙し騙しまわしてきた資金繰りが、
新政権になった時に円滑にできるかどうか疑問です。

新政権が、金庫の中身を見た時に、
どのような選択肢があるのでしょうか?

1、前政権のやってきたことと同じ先延ばしをする。
2、前政権の膿を出す。

もし、2なら、国家財政の運営において、
資金繰りが日に日に悪化しているわけですから、
支払いを一時凍結する可能性はあります。

カリフォルニア州は7月に支払延期宣言をしました。

日本も他人事ではありません。

カリフォルニアよりも財政状況は悪化しています。

国のモラトリアム宣言に備えて
対策は早めに打ちたいところです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maidas65
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1965年4月16日
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-シンガポール
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/maidas65/index1_0.rdf