蘇芳 

2007年04月02日(月) 2時08分

桜色に衣は深く染めて着む花の散りなむのちのかたみに

古今和歌集 紀有朋(きのありとも) 


桜は平安時代から生活に浸透してきた。とは言っても本来の桜ではないらしい。

染井吉野は品種改良されたものなんだってさ。昔の人もやるね。

山桜がほんとうの桜なのかもしれない。

昔は紅花か蘇芳で淡く色を染めるのが「桜色の衣」だったそうだ。




今の時期、桜は花だけじゃなくて幹も桜色になっている。

皮を削ぐことはできないから検証する機会は少ないけど。

ほんとうだよ。




一年かけてあの桜はまた全身であの色を出している。

冬の間もじっと堪えてきたんだ。この色を出すために。



私はこの一年で何をしただろう。

桜は、また咲いたよ。



萌黄色 

2007年04月02日(月) 1時59分

日本には四季がある。

山は今はちょうど、萌黄色。



冬  茶色

   赤
  
春  抹茶色

   黄色   

   萌黄色


こうやって色は変わってくる。立体感も変わってくるんだ。

変わっていくその色は、ほんとうに圧巻。

見逃したらあっという間に変わるから、気をつけないと見過ごすよ?

そういえば後で良いから、なんでその色になるのかって木に聞いてみてほしいんだ。




四季のない国には住めないや。

   

生成り色 

2007年04月02日(月) 1時47分


日本人ってよく働くよね。

経済的に豊かになった社会で普通の家庭で、育ったきた。

あのね私、平気そうにしてたけどほんとうは寂しかったよ。

もっとほんとうは一緒にいたかったよ。



今の日本にはいろんな事件があるね。

それは働きすぎだから起きるんだと想うんだ。

もっといろんなことを感じよう。

目を向ければいろんなことがあるよ。

でも、それを受け留める入れ物すら持ってないんだ。

ほんとうは入れ物をくれる人は沢山いるはずだったのに。

大丈夫だよ、私が分けてあげる。






それにいろんなものを入れてきて


桜色 

2007年04月02日(月) 1時42分


ある人に言われた


「夢が叶う手相が出てる」

「おもしろいことを考えている」

「行動しなさい」

「打たれ強くなりなさい」


   本当かな?

って昔ほど、素直じゃなくなった私がそこにはいた。

でもそれらの言葉に縋ってみたいと感じる私もそこにはいた。





叶うものなら私の願い、叶えてみたい。

ずっと夢見てきた。

それらが叶うことを。

たとえどの道を選べばいいかわからなくても。

その都度、選んでいって進もう。

いつかそう決めて、そうしてきた。





でも叶うはずはないと想っていた   願いたち

何度も叶うことを祈った       大切な願い


叶えたい。

口に十。叶う。

だから私は言うことにした。

表現することにした。



2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:truecloth
読者になる


とあるめで始めたブログです。

自己主張苦手な私が

っていることを表現します。

みなさんにわるように努力するので

何卒、よろしくお願い致します。
Yapme!一覧
読者になる