限定し難い収束形の例

April 12 [Thu], 2018, 0:44

「一(9段目)」の収束の絶対性の確保の上で、金2枚が並ぶ形の問題がある。
「曲詰百歌仙」参考図「一(9段目)」では、69馬・同竜・49金打で詰むが、これが48金打・59玉・49金で詰む逆算をしようとすると最終手が寄ると引くの非限定となる。

これと似た非限定は曲詰の収束形で現れ易く、うっかり使ってしまうと後で修正が出来ない。

例えば、「詰棋めいと第17号P.98・森英生作13手詰」

詰上がり1例


変化同手数と非限定絡みで詰め上がり形が決まらないので、曲詰的には一間空く横1線とか金が縦に並ぶ2線の可能性もあるが、4金詰と見れば条件的には変わらない。
4駒で詰める作品はある程度見かけるが、4金詰では完全限定でない作もある様な印象がある。
それは金という駒の性格だと思うし、9段目で詰上がる形では発生しやすいと思う。

第819番落城の舞


作意は、 2018/05/06 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/03/19  の作意(スクロール)

第813番:
15金・同桂・13角成・同玉・25桂・14玉・26桂・同銀・13桂成・同玉・14歩・同玉・25銀・13玉・14歩・同角・24銀 まで17手詰


  • URL:http://yaplog.jp/mai_2rd/archive/765
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像僧侶(他PN、やきのり、簡素亡者)
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像解答欄魔
» 「詰将棋会合」の作品展が増加 (2012年03月08日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる