変更 

February 08 [Wed], 2006, 10:08
http://ayumikan.fruitblog.net/

にブログを変更しました。
ブックマークしてる人は変更よろしくおねがいします
二月の終わりくらいにはこの日記を閉鎖します

久しぶり 

January 23 [Mon], 2006, 6:57
全然書いてなかった。こっちの日記・・・
さて、私は成人式に日本に帰ってきました。
祖父母がおいていっているのをひしひしと感じました。
一人で立つことのできなくなった祖父。自分の育った、自分のつくった家にもかえることができない。
小さな家を坂の下につくって、そこで寝泊りしていている祖父。

30代で、働きざかりまっさかりの人が、「I'm getting older」という。
だいっきらいだ。
あんたは一人で立つことができる。トイレにいったって、トイレから出ようとしてもすくっと立ちあがることができる。トイレで用をたした後に立ちあがるのがしんどくってそこに座っている時間なんか経験したことがない。

祖父は30代の時は働いて、働いて、働いた。いい人生かわかりゃしない
でも、やらなければならなかった。
強いと思う
その頑固な祖父と一緒にいなければならない、祖父よりも働かなければならなかった小さな体の祖母。女の人は本当に強い。

そんな祖母が、うつ病と診断された。

祖母は精神に異常なんかないという。精神の病気なんて、恥ずかしくて人にいえないからだと思う。
あたしは狂ってない。そうとだけいう。

私はうつ病は心の風邪引きだよ、となだめる。だけど70ウン年間の考えは20歳の言葉でそう変えられることができないのも私は知っている。

祖父は脳の病気もあり、自分の怒りを抑えることができない。(多分薬のせいで)自分がどんどん動けなくなってるのもあって、祖母にわがままを言い出した。そんな祖母は祖父の面倒だけみて一日を終えることなんてできない。それこそうつが進行していくかもしれないし、祖母はまだ会社で働いているし。

しかし祖母も体がいうことをきかなくなり、仕事のことを考えると頭が一杯になってその日夜中眠れなくなる。

そんな祖父母をおいてカナダにこなければならなかったこと(これは私のチョイスだけど)それからそこで奮闘しなければならない母をおいてこなければならなかったことは私の心残りだ。

家族っていうものはよくわからないけれど、(父と一緒に暮らさない私には父親の尊厳もわからないし)とにかく、家族全員がシアワセになってほしい。それが私の願いだ。

礼儀 

December 06 [Tue], 2005, 9:33
時間がないのに勉強を教えてるんだから、
別にお金ももらってないんだから、
うちに招いて、ごはんをご馳走して、勉強をおしえたときくらいは
クッキーの一枚でも、ジュースの一つでも
もってくるのが礼儀だ。

礼儀って、生活するうえで一番重要なんだから。

すんごい、笑顔 

November 30 [Wed], 2005, 4:23
なんなんだ、その笑顔は・・・
すんごい無垢で、穢れのない、なんなんだ、その笑顔は・・・
まるで幼稚園生
あゆみを見るとその笑顔なんだもん
Happy~ とかいっちゃって
照れるっちゅうねん

あんな風に、笑ってたな。去年。大好きな人の前で。
もちろん今も笑ってると思う。
でも私が愛してるよりも相手に愛されるのって、シアワセ◎

このHappyが、いつまでも続かないかもしれない不安もあるよ
ギリシャ神話の一つの物語に、
神様を助けた貧しい老夫婦が一つだけお願いする。
お金持ちになりたい
そんなお願いなんかじゃない

二人で、一緒に死にたい  って

そして二人は木になっていく
穏やかな風を二人で感じながら、木になっていく

気持ちが分かる気がする。

ちょっとだけ・・ね

やっべーー 

November 29 [Tue], 2005, 11:49
ラストスパートをかけそこないました。
明日はAsian studiesのテスト、木曜日はhistoryのテスト、金曜日は5枚のエッセイの締め切り!!!!
全部、すぐできるもんじゃないし・・・!!
世の中の皆さんは、ぱっぱっぱーと自分のノートやらをみてできるんでしょうが・・・
あゆみは人のノートを集めるところから始まります。
そして、エッセイだって、あんな文法の間違いの量で提出なんかできないので、
友達のチェックが必要です

人より一杯リスクをかかえてるんだから、努力しなくっちゃ!
ここにいる意味がないさ!!!

くやしい 

November 28 [Mon], 2005, 13:12
くやしい

くやしい

くやしい

なんであゆみはカナディアンじゃないの?
どうしてあゆみはここで演劇の勉強してんの?
あゆみは努力してるのかな?

もう諦めちゃったのかな?

でも大学生のお芝居をみたあとに、あんなに涙が出たのは
悔しかったからで
悔しいって思ったら
きっと

前に進めるって、

しんじてるよ

頑張れるよ、自分!!!!!!
何度も何度も、クラスをfaileする夢とかみちゃうけど、きっと、

大丈夫!!!!!!!!!


しんゆう 

November 26 [Sat], 2005, 3:00
親友・・・
親しい友と書いて、親友・・

あたしの親友は、かわっています。笑 
小学校では、あゆみは男の子と遊んでいる時がおおかったし、とにかく「うるさい」「やんちゃ」「すぐ泣く」イメージがあって、おとなしい女の子とは一緒に遊んだ覚えはありません。
私は田舎出身なので、クラスはたったの17人。みんな個性豊かであたしは小学校がすんごく大好きなんだけど、そんな中でも親友と一緒に遊んだ、って記憶はない。
でもそんな田舎から飛び出して、一緒に私立の女子高に行ったのが、私と、その親友。

親友とあゆみの性格は全然違う。中1のとき、わたしはぎりぎりのJRにのって学校にいったけど、その子は一つ前のJRで通ってた。私は文系だけど、明らかに理系だった。
テニスやってて、朝練やってたし、夜も遅いJRに乗って帰ってたから廊下ですれ違うくらい、とか夜のJRが一緒、とか、そのくらいしか接点はない時もあった。
それでもこんなに仲良くなれたのは、やっぱり月日がたったからかな。

小学校の思い出もshareできる子は、中高でその子だけだったし、
あゆみがすんごいわがままな子から段々変化していくのを見てたし、
テストの日は、朝のJRの中で必死に単語とか覚えてたし。

あたしのわがままを聞いてくれたり −私は知らずにきつい事を時々言っちゃうけどー 「いいすぎだよ!」って笑いながら言ってくれるし。あ・・・今考えたら、喧嘩したことないかも。(いいのかな?笑)

but I can believe, I can trust her.

I talked about my relationship yesterday. She just said that if I was happy, she was happy too. She just hopes my happindess.
I was so surprised that she did not care about that.
well... that is my BEST FRIEND. I can share with her everything.
I'm really really comfortable being with her. I don't have to hide anything of my feeling. I just can be there.

OH I love ya!!! if you were a boy...I would....hahaha

anyways. thanks for reading this.

well2 

November 20 [Sun], 2005, 14:45
続き
とにかく、みんなに自慢したいくらい、凄い、いい人なのだ。
私は、結構人を助けるときが多い。けど、本当に助けれたことは数少ない・・・
でもその子は、いつも助けてくれる。変なカナディアンがいたら守ってくれるし、クラスだって、カナダでのおぼつかない生活だって、気持ち的にも、全て支えてくれる。
はっきり言って、このカナダの大学で、わたしみたいな英語できないバカが頑張ったって程は知れてる。支えられすぎて、その子がいないと駄目になっちゃうのは目にみえてるけど、

今はいいんじゃないかな。って・・・思います。私もその子に必要とされてるのが分かるから・・・。

hrm...I hope it's gonna be all right...
I have a lot to tell you guys about my feeling...cuz I think I need to explain well...
anyways... have a good night!!

well... 

November 20 [Sun], 2005, 14:16
who said that I cannot love anybody...
well...
Nobody said that....maybe except my parents...

あゆみはあまり恋愛経験がないけれど、
人を好きになる、という感情は知ってる。
普通と違うかもしれないけど、
今はkind of...付き合ってる子がいます。

前の日記に書いたように、私はリズムが似てたり、何かに対して情熱を持ってる人が好きです。
会って二日や三日でいろんな事を話せるようになる人って、本当にいないと思う。
especially, Canadian.
あゆみは少しかわっているのかもしれないけど、カナディアンの性格が分からないんです。
もちろん、「おもしろい人」「暗い人」そういう区別はできる。
だけど、日本人やアジア人のように、「この人になら何でも話せる」とか、「一緒にいるとおちつく」とか、親しい友達にならある、そんな感情をもったことがない。
先生とかはもちろん違うけど、カナディアンの同い年の人とか、本当に怖くて、引いてしまう。だから今の演技のクラスにも友達は一人もいない。悲しいことに・・・

とにかく、そんな中で、カナディアンの人と最近はじめて友達になった。ただの知り合いじゃない。
何でも話せる、落ち着ける、いつでも一緒にいたいと思う、「友達」。
その子はハーフだから、日本語を聞くことができる(喋るのは難しいみたいで、英語でいつも答えるんだけど)
だから何でも話せる、ってのもあるんだけどね。

いつも一緒にいて、バカみたいなこといって、お互いを知っていって、普通に「恋に落ちた」・・・のかな。
全体をとおしていくとそんな感じ。
でも問題が一つ。(まあそれは日記にはかかないとして・・・)

ともだち! 

November 20 [Sun], 2005, 14:15
すぐ仲良くなれるのはどんなトモダチか??!!

どうして仲良くなったんだろう?

いつもこんなことを考えます。

あゆみがすぐに仲良くなれるトモダチは、

リズムが似てるひと。
頭がいい人。(IQが高い、って意味だけじゃなくて)
何かに情熱を持っている人。
ユメが似てる人。
その人なりの哲学とか、倫理観を持っていて、その筋が通っている人。
年上の人。
芸術系の人。

色んな人に会うけど、
いつも、その人達はあゆみが必要としている時に現れてくれる。たとえば、

中1で、「女優になりたい」っていう夢を親からも他の友達からも馬鹿にされてたとき、「私はTVタレントになりたいっていつも人に言うよ。」っていう自分に凄く芯の通った女の子と友達になれた。

その人のおかげで自分の夢を口にすることを躊躇せずにいえるようになった。(凄く小さなことなんだけどね!)

人のおかげであゆみは変われるし、人のおかげで自分自身の可能性を広げられる。そして自分自身を信じられる。

最近、本当にいい出会いをしたからそう思います。もしそんな出会いをしなかったらきっとあたしは日本に逃げ帰っていたと思う。

今年は究極にラッキーが続いてる。来年悪いことがないといいんだけどなぁ・・・

in conclusion,トモダチに、カンシャ♪
P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像あゆみ
» しんゆう (2005年11月29日)
アイコン画像hide
» しんゆう (2005年11月28日)
アイコン画像あゆみ
» ほほいっ (2005年10月17日)
アイコン画像いそこ
» ほほいっ (2005年10月13日)
アイコン画像あゆみ
» やり直し (2005年10月04日)
アイコン画像shoko
» やり直し (2005年10月03日)
アイコン画像あゆみ
» あわわわわ (2005年10月02日)
アイコン画像Min
» あわわわわ (2005年09月22日)
アイコン画像あゆみ
» ブログ復活〜〜 (2005年09月21日)
アイコン画像MInさん〜〜泣
» ブログ復活〜〜 (2005年09月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mahoutukaiayu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる