歯科医療の歴史ずら〜り、「痛っ 歯が痛い」が横浜開港資料館で開催@神奈川 

March 02 [Wed], 2011, 10:00
近代歯科医学発祥の地である横浜の、
虫歯治療と予防の歴史を歯科医療器具等を通して辿る企画展
【痛っ 歯が痛い〜歯科医学の誕生と横浜】が4月24日まで、
横浜市中区日本大通の横浜開港資料館で開かれている。

展示されているのは、江戸時代の虫歯の治療法を伝える資料の他、
1865年に横浜を訪れて開業し、近代の歯科医学を齎した米国人の
歯科医師イーストレーキの資料や現代に繋がる各種医療機器、
虫歯予防を呼びかける各種チラシ等約150点。

こうした展示から、免許制度に変わって行く歯科医制度の歴史や、
西洋の歯科医療の様子、歯科医師会の結成や学校歯科医制度の導入、
歯磨きを普及させたライオンのポスター等、
虫歯治療の発展史が概観出来る。

海外と日本の歯科でインプラント治療

資料の多くは、県歯科医師会【歯の博物館】や、
歯科医療の歴史に詳しく著書も多い歯科医の大野粛英さん、
羽坂勇司さんが提供。

「開港の150年前に伝えられた日本の歯科医学は、
いまや世界最高水準とも言われています。
西洋人歯科医の来日前から今に至る横浜の
歯科事情の歴史をぜひ見て欲しい。」
と、同館では話している。

入館料大人200円、小中学生100円。月曜休館。
問い合わせは同館電話045-201-2100

象の牙に虫歯@インド歯科医が大治療 

December 02 [Thu], 2010, 12:52
象さんも大変。

【11月28日 AFP】インドで、牙に虫歯を患っていた象に、
歯科医師らが大掛かりな治療を行った。関係者が26日、語った。

医師らによると、11月初旬にペットの27歳の雄の象が運び込まれた。
虫歯で牙が損傷して居たと言う。
検査の結果、歯科医3人と獣医らのチームは、
象に通常の根管治療を施す事を決定した。
治療は2時間半に及んだ。

「特大の治療器具や設備、
それに虫歯の穴を埋める樹脂も大量に必要だった。」
と、歯科医は語った。


牙のサイズは長さ50cmほど。穴は深さ6cmにもなった。
「人間の場合、穴を埋めるのに使う樹脂は4gほど。
でも象の牙の穴を埋めるには188gも必要だったよ。」

牙にドリルで穴を開け、穴に樹脂を詰め込む間、
象はとてもおとなしくしていたと言う。
「治療時には麻酔を使わなかったが、
象は非常に協力的で、飼い主の言う事に従っていた。」
と、医師は語った。

過密な県内の診療所・・・経営難 

September 08 [Wed], 2010, 14:11
徳島県内の歯科診療所の経営が厳しくなっている。
県内は人口10万人当たりの歯科医師数(2008年)が
東京に次ぐ全国2番目、歯科診療所数が全国6番目と過密地域。
人口減に伴う過当競争に加え、
最近では不況の影響で患者の通院控えも目立つと言う。

「人口が減る中で患者を取り合うのだから、経営が上向く筈がない」。
徳島市内で診療所を営む男性歯科医(67)はタメ息をつく。
収入は1980年代半ばをピークに右肩下がり。
診療報酬のマイナス改定が続いた2002〜2010年で、
更に10%以上落ち込んだと言う。

全国保険医団体連合会は、
「歯科医の5人に1人が年収300万円以下のワーキングプア」
と指摘する。歯科診療所の経営難は全国的な傾向で、
男性歯科医は
「儲かる歯医者とそうでない歯医者の二極化が顕著になっている。」
と話す。

厚生労働省の2008年の調査では、
県内の歯科医師数は813人(10万人当たり102.4人)、
診療所数は432カ所(54.4カ所)。
1980年を境に急激な伸びを見せ、
この30年間で歯科医と診療所の数は倍増した。

背景には1960年代に虫歯が社会問題化し、
各地に歯学部や歯科大が新設された事がある。
徳島大学も1976年に歯学部を開設し、
次々と歯医者の卵を送り出した。
県歯科医師会等は、徳島では県外の学生が
県内で開業するケースが多かった事も理由の一つと見る。

患者離れも深刻だ。治療費を抑える為に通院を控える人が増加。
徳島市内の別の診療所で働く男性歯科医(51)は、
「内科と違って歯の痛みは出来る限り我慢しようという人が多く、
矯正等の保険外診療も減少傾向にある。
最新技術を導入して差別化を図りたくても設備投資に費用がかさむ。」
と嘆く。

県内で廃業した診療所は2007年度7件、2008年度4件。
目立って増えてはいないが、多くの診療所が正念場に立たされている。

歯科医師の処分取り消し命令:横浜 

April 19 [Mon], 2010, 12:48
診療報酬の不正請求に関与したとして、
神奈川社会保険事務局に保険医登録を取り消された宮沢貞歯科医師が、
国に処分取り消しを求めた訴訟の判決が横浜地裁で行われた。


佐村浩之裁判長は、
「故意に診療録へ不実記載を行ったとは認められず、処分は違法。」
と、処分の取り消しを命じた。

判決等によると、宮沢医師は2004年8月から2006年12月まで
三重県津市の「真弓歯科クリニック」に勤務。
同クリニックで診療報酬の不正請求が発覚し、
2007年5月に院長らと共に保険医登録を取り消された。


宮沢医師は
「固定給で勤務しており、不正請求の必要性や動機がない。」
等と主張。2006年10月には三重社会保険事務局に
同クリニックの不正請求について情報提供をしており、判決は
「原告は直接的・具体的に利益を得る立場にはなく、
コンピューターに不実記載となる入力をした事実を認めるに足りる証拠はない。」
等と結論付けた。

関東信越厚生局医療課は、
「判決内容を精査の上で協議し、対応を決めたい。」
と、コメントしている。

医療機関の倒産49件に・・・ 

December 25 [Fri], 2009, 14:55
平成21年の全国の病院、歯科診療所等の
医療機関の倒産件数が、11月末時点で49件に。

平成17年度以降で最悪となる事が
帝国データバンクの集計で判明した。

一般診療所が26件で最も多く、
次いで歯科診療所の14件、病院の9件。

【ニュース】大麻宅配便!歯科医師逮捕・・・ 

October 19 [Mon], 2009, 15:56
薬物関係のニュース、多いですね。。。



10月19日、宮崎県警日向署は、
歯科医師、三壁信洋容疑者(29歳)ら5人を
大麻取締法違反(譲り渡し等)容疑で逮捕したと発表した。

他の逮捕者は、いずれも宮崎県日向市の20歳代の男女。
5人はサーフィン仲間で、宮崎市内で知り合ったという。


三壁容疑者は7月末に、男2人に宅急便を使って
乾燥大麻計約20グラムを6万円で譲り渡した疑い。

【ニュース】ガンダムのプラモ製作が技工士の入社試験 

September 30 [Wed], 2009, 17:44
義歯加工メーカー「バイテック・グローバル・ジャパン」(東京都中央区)は、
今年度の新卒採用試験の実技に、
アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル(ガンプラ)の製作を導入する。
集団面接の中で、3時間以内に「シャア専用ザク」を組み立て、塗装をして評価する。

実技は、集団試験の集団面接で実施し、
ガンプラを組み立て、実物とは違うイメージで、3色以上をつかって塗装する。
プラモデルづくりで手先の器用さや作業の丁寧さを見るだけでなく、
色は各色1本ずつでグループの全員が時間内に完成させることが条件となるため、
協調性や主体性も評価の対象となる。

入社試験は10月7日から4回実施する予定。