MAHAROグループ

December 01 [Sat], 2012, 13:02
MAHAROは、人と自然と動物との共生を目指し、総合的・多角的・国際的な視点から共生福祉に関する活動を展開します。

あ ゆ み
2007年当時高校生であった(みやざきゆき)(まきうちえみこ)と殺処分される動物がいることを同世代の人へ伝えたいと学生ボランティア団体HAPPY★DOGを立ち上げ活動をスタート。
うんちをゼロにすることを目的にゴミ拾いを休日に行ったり、補助犬を育成する団体への支援として牛乳パックや書き損じハガキ、使用済み切手を回収して寄付などをおこないました。
その後、メンバー全員が社会人となり解散。
新たに、人と自然と動物との共生を目指すMAHAROを立ち上げ活動をスタートしました。共生★福祉をテーマに活動しています。

団 体 概 要
団体名人と自然と動物との共生を目指す MAHARO
理念
・MAHAROは、人と自然と動物との共生を目指します。
・MAHAROは、人と自然と動物に優しい社会を実現します。
・MAHAROは、人と自然と動物に関する研究を行います。

活 動 内 容
動物介在
MAHARO所属犬を中心に、保育園・幼稚園・福祉施設・病院などの施設訪問を行います。
小学校・中学校・高校などで「いのちの授業」を開催しています。
※ケアワーカー及びドッグトレーナーの資格を所有するスタッフを中心に施設でのレクリエーションの提案も行っています。お気軽にご相談ください。
共生コラム
マハロのいろ】・・・人と自然と動物との共生に関するコラムを毎月発行しています。360度さまざまな角度から共生を考えるきっかけになるよう発行しています。今まで興味のなかった分野を知る・学ぶきっかけになるコラムを目指しています。※特別号の一部を多言語発行しています。
マハロのはな】・・・人と自然と動物との共生に関する1つの分野を1年間かけて学ぶコラムを発行しています。
マハロのふくし】・・・福祉従事者向け ふくし を学ぶコラムを発行しています。福祉の質の向上を目指し、社会福祉・児童福祉・高齢者福祉・障害者福祉・介護知識・医学知識を発信しています。
MAHARO Colors】・・・日本に住む外国人・留学生向け共生コラムを発行しています。言語は英語です。海外の専門家を中心に発行しています。どなたでも無料で読むことができます。
MAHARO+(マハロプラス)
高齢者・障害者・妊娠中・小さなお子様がいるご家庭・在日外国人の方が飼育する犬及び猫の飼育支援をしています。急な入院やお出かけ時、お世話が一時的にできないなどのご相談内容に応じシッター業務の他、トレーニング相談を行っています。(地域密着型支援です。)

MAHARO 所 属 犬
チョコ・・・Wダックス・・・2012年2月3日生・・・動物介在活動犬:動物介在教育犬
モカ・・・Wコーギー・・・2012年3月1日生・・・動物介在活動犬(訓練中)
レイア・・・Lレトリーバー・・・2012年3月18日生・・・動物介在活動犬:平成27年嘱託警察犬
アクア・・・Gシェパード・・・2012年4月19日生・・・動物介在教育犬:平成27年嘱託警察犬
※災害救助犬訓練中

S T A F F
おおたけいこ(事務担当)
くどうみか(イベント担当)
すずきえみこ(元動物看護士・トレーナー・2児の母)旧姓:牧内
みやざきゆき(福祉施設勤務非常勤勤務)
うらたけんご(外部アドバイザー)
よねくらなな(生活相談員)
かのう・ふるかわ・しまぶくろ
他 ボランティアスタッフ在籍

  • URL:http://yaplog.jp/maharonoiro/archive/25
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。