一人旅

December 30 [Fri], 2016, 17:14
一人旅にでてた。

節約で夜行バスで東京まで行き、新幹線や特急やバスに乗って名所をまわった。
RU486
この日のためにリュックを買った。一人だと相手に合わせる必要もなく、予定の変更もオッケーで、ゆったりのんびりできた。

彼なんかいなくていい。友達だってそう。お一人様と言われようが、さみしいと言われようが関係ない。人は裏切る。もう絶対信じない。一人が楽だ。ぬいぐるみの我が子だけが私の大切な存在。
威哥王
また行こう。どこに行こう。るるぶをかって研究しなきゃ

巨人倍増

与野党駆け引き続く 韓国大統領 辞任表明

December 01 [Thu], 2016, 12:27
韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が辞任表明したことを受け、与野党は三十日、それぞれ対応を協議した。野党が弾劾訴追を求める方針を改めて確認する一方、与党は来年四月までの退任に向けた協議を野党側に持ち掛けるなど双方の溝は埋まらないまま。与野党間の駆け引きがますます激化している。

 与党・セヌリ党主流派の鄭鎮碩(チョンジンソク)院内代表は三十日、「元老たちは来年四月の辞任と六月の大統領選という日程を提案した」とし、野党側に「交渉の場に出てきてほしい」と要請。大統領の任期を短縮するため、与野党が協議して憲法を改正する必要性に触れた。

 だが、共に民主党、国民の党など三野党の代表者らは同日の会合で、退陣を巡る与党との交渉に応じないことで一致。早ければ二日の弾劾案採決に向け最大限努力する方針を決めた。

 辞任を引き延ばしたい与党主流派と、弾劾訴追によって次期大統領選を優位に運びたい野党が激しく対立する中、与党非主流派はあいまいな態度だ。非主流派の幹部は「大統領は進退の期限を明示すべきだ。四月末がふさわしい」と主張し、九日までに与野党交渉がまとまらない場合、弾劾案に賛成する考えを示した。

 朴氏の二十九日の国民向け談話は、弾劾案議決に傾いていた非主流派と野党の間にくさびを打ち込む「延命策」ともされる。ただ、弾劾を成立させるには与党からの造反者が欠かせず、非主流派の動きは今後も鍵を握っている。

 朴氏に近い主流派は「九日に弾劾案を採決しても、可決の可能性は低い」などとけん制を強めている。非主流派としては、世論の動向を見極めつつ対応を練ることになりそうだ。

速勃100(ハヤボツ100)
米国金根

仙台地震にヒヤリ 今季加入の熊谷「またかと不安」

November 23 [Wed], 2016, 14:51
Bリーグ1部(B1)東地区、仙台89ERSのスタッフ、選手も驚きを隠せなかった。22日早朝に起きた福島沖地震。本拠を置く仙台は震度4を観測した。津波注意報はその後、津波警報となり、間橋健生ヘッドコーチ(45)は「警報が出たことで、選手もあれっ? と思ったのでは」と話した。この日は練習は欠席者はなく、通常通り行った。

 仙台港では、11年の東日本大震災以降最大の1メートル40センチの津波を観測した。今季から加入し、初めて県内で生活を送る熊谷宜之(30)は「宮城に来て初めての体験。また来るのか、と不安があった」と、大震災が頭をよぎったという。

 地震の揺れは長く続いた。16日に復帰したウェンデル・ホワイト(32)は「ベッドから落ちた。初めてだよ。落ちるのはこれが最後であることを祈るよ」と苦笑。チリジ・ネパウエ(27)は昨季、NBL熊本(現B2)に所属。今年4月の熊本地震時は試合先の東京にいたが、今回の地震は熊本に戻ってから体験した余震に「似ている」と言い、「東日本大震災の映像を米国で見た。津波警報はすごくびっくりした」と話した。仙台は今日23日、ホームに地区2位のA東京を迎え撃つ。

リドスプレー
蟻力神
五夜神生精片

サウジ、トランプ氏の「石油禁輸政策」を牽制

November 17 [Thu], 2016, 16:59
ニューヨーク(CNNMoney) 米国の次期大統領に決まったドナルド・トランプ氏が選挙期間中にサウジアラビア産石油の輸入停止を示唆した問題で、同国政府はこのほど、禁輸が裏目になる可能性があるとして牽制(けんせい)に動いた。

トランプ氏は、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討に向けて地上軍を派遣するか、もしくはISISと戦う米軍の費用を負担するかしない限り、サウジなどのアラブ諸国からの石油輸入を停止すべきだとの考えを示していた。

トランプ氏は3月、米紙ニューヨーク・タイムズに対して「サウジアラビアは米国なしで長くはもたないだろう」と述べた。

またトランプ氏は、エネルギー政策に関する演説において「敵対する勢力や石油カルテル」からの「米国の完全なエネルギー的自立」を実現したいとも訴えていた。

こうした発言を受け、サウジのハリファ石油相は今週、石油禁輸は米国にとって裏目に出る可能性があると述べた。

同相は英紙フィナンシャル・タイムズに対して「トランプ次期大統領は(石油輸入を続けることの)利益を理解するだろう。また石油産業の側も、いかなる製品であれ貿易障壁を設けることは不健全だという点について次期大統領に適切な助言を行うものと考えている」と述べた。

オバマ政権のエネルギー問題顧問を務めたこともあるコロンビア大学のジェーソン・ボードフ教授はCNNMoneの取材に対し、世界の石油市場の統合が進んでいる昨今、特定の国からの石油禁輸など「現実的ではない」と指摘した。

今年8月の米エネルギー情報局(EIA)のデータによれば、米国は1日あたり340万バレルの石油を石油輸出国機構(OPEC)諸国から輸入。うち3分の1近く、約110万バレルがサウジ産だった。


巨人倍増
RU486
威哥王

病院玄関に車、1人意識不明=栃木

November 10 [Thu], 2016, 16:47
10日午後2時10分ごろ、栃木県下野市の自治医科大学付属病院で、玄関付近に車が突っ込んだ。

 県警によると、歩行者3人が負傷し、うち1人は意識がないもよう。 

房事の神油
魔根金中草
韓国痩身一号
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる