インディーズで活躍するミュージシャンをちぇっく!第三弾は南正人! 

September 18 [Sun], 2005, 22:58
今回は、インディーズ界の重鎮中の重鎮、南正人さんです。激動の60年代、価値観が変わりゆく、日本の中で、一心として、自分のオン・マイ・ウェイを貫き通した、伝説のビートニク・ミュージシャン 彼です!こちら、南正人が自らの自伝としてマガジンファイブより出版したのが、”KEEP ON! Minami Masato 1965/2005”です。

南正人の音楽は気持ちよく自然体でゆらゆらゆれる感じであり、世界中のどこで聞いてもばっちり、クールにあう曲ですが、本読むと、なんか、絶対に動じない、彼のスピリツを感じてしまいます。

以下で購入できますし、HMVでも店頭にて好評発売中です!!!
http://www.apia-net.com/shop/pel/index.html

いや〜、昭和ってラブ&ピースだな:)

インディーズで活躍するミュージシャンをちぇっく!第二弾は牲捜! 

September 18 [Sun], 2005, 22:55
インディーズで活躍するミュージシャンをちぇっく!第二弾は牲捜!こちらも、早速、最新アルバム”空走ルーレット”を聞いてみました。彼女の声は耳からはなれず、めくるめく言葉と一緒に牲捜ワールドへ引きずりこまれます。特に、私のお気に入りの1曲”ジーザス2000”牲捜の純粋なまでの歌声が底からの叫びにも聞こえます。これこそが、歌だ!牲捜は歌をうたっている!

近頃、BGMのよーなー音楽、うっすぺらい表面の言葉を連ねた音楽が多い中で、インディーズが誇る牲捜ワールドが広がる音楽は貴重です!

こちらも、インディーズCDレーベルで試聴ができます。
http://www.apia-net.com/shop/pel/index.html

また、DVDがかっこよかった!本当に牲捜は女版松田優作だ!と思うのは私だけ。。。
ライブもまた、かっこいいんだな。

インディーズで活躍するミュージシャンをちぇっく!第一弾は長谷志恩! 

September 18 [Sun], 2005, 22:48
cookypuがインディーズで活躍するミュージシャンをちぇっく。インディーズならではの規制や商業的な狙いがないミュージックのみご紹介していこうと思います。

〜第一弾は長谷志恩〜
長谷志恩ファーストアルバム”登校拒否児”を聞きました。はじめは主人(音楽系の職業)に何も言われず、手渡されたこの一枚。まっすぐな彼の言葉、歌声にうたれました。だって、テレビで流れてくる若い子の歌って、ほとんど愛だの恋だの、最近の流行は友情とか、家族なのかな??ヒップホップ調のメロディーに乗せて♪

ニートや引きこもりが話題になったり、コミュニケーションべたな世の中な〜のに、誰も本当の孤独やそこから生まれる強さを歌わないなんて。。。

しか〜し!インディーズ・長谷志恩は違いました。アルバムに収録されている登校拒否児の詩の1節、
”もしも、君んちが、大丈夫ならば、帰らないで”

これ、リアルです。初めて現代の孤独がぐさぐさと刺さりました。自分自身の奥底の淋しさが触れられ、開放されました。

タイトルはやや暗くて、近寄りがたい、長谷志恩ファーストアルバム”登校拒否児”ではありますが、人間本来の強さや弱さ、まっすぐさと、現実と、力溢れんばかりのこの一枚はぜひ、おすすめです。

試聴できます!
http://www.apia-net.com/shop/pel/index.html
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maguma
読者になる
Yapme!一覧
読者になる