【ペットロス】を乗り越えるには・・

June 15 [Wed], 2016, 11:03
ペットの死は飼い主にとって胸が締め付けられる思いや
喪失感を感じたり

心にぽっかりとあいた穴をどうすればいいのか
悔やんで、悩んでしまうものです。


やはり、

【ペットロス】を乗り越えるには、
愛するペットの死を認めるのが第一歩だと思います。

この先いろいろとペットのことを
思い出すことがあるでしょう。

でも一歩ずつでいいから、ペットのいない生活に慣れていき
時間とともに乗り越えていく事です。


もちろん、

そう簡単に虚無感や喪失感というのは
埋まるものではありませんが、

一歩づつ焦らずに時間をかけて
いつか克服できるものと思って日々を過ごしていきましょう。


最近では

【ペットロス】を乗り越えるために自宅の庭や室内でも
机の上にも置くこともできるような

世界で一つだけの
「手作りのペットのお墓」を購入する方が多いようです。

また、

各種ペットの仏壇や仏具、備品などサービスも
あるようですから、

アナタの【ペットロス】を乗り越えるための
一つのアイテムとして考えてみてはいかがでしょうか。

【世界で一つだけの手作りペットのお墓】に
興味のある方はこちらをクリックしてください。





【ペットロス】を軽く考えてはいけません

June 15 [Wed], 2016, 11:01
一般的に自分の家族である人、父や母、夫や妻、兄弟、祖父、祖母など
を愛する人を亡くした場合に悲しみ嘆くことを「ヒューマンロス」って言いますが

【ペットロス】も同様に

大好きなペットと家の中で暮らし、
一緒に寝起きし、食事をし、寛ぎ、遊び、じゃれあい、心を交わし

いつでも側にいてくれて、家族の心を癒し、励まし、支え、
助けてくれ強く深い絆で繋がっていて・・etc

家族同然に接してきた
人にとっては深く大きな悲しみなんです。


周囲の人からすれば、

「たかがペットが死んだくらいでこんなに悲しむのか」とか

「そんなに悲しむ意味が分からない、異常じゃないの?」・・

「なんでペットが死んで仕事を休むの」

「いつまで引きずっているんだよ」

・・・と思う方が割といるようです。

これはペットを飼ったことが
無い人にはよくわからないことだと思います。


【ペットロス】になると、

心身にいろんな変化が起こってくることがあります。

例えば、

不安になる、物事に集中できない、落ち着かない、孤独感、罪悪感
死んだペットが見えたりとか、パニックに陥ることもあります。


また、

涙が出る、食欲不振、過食、不眠、下痢、便秘、頭痛、腹痛
全身の疲れ

等々が起こったりすることもあります。


だから、

ペットロス】を軽く考えてはいけないのです。




【ペットロス】は時間が少しづつ解決してくれます。

June 15 [Wed], 2016, 10:57

大好きなペットが亡くなった寂しや辛さは
すぐに解決できるものではないです。


亡くなった事実が受け入れなくて、落ち込んでしまったり
なかなか立ち直れずに、

しまいにはうつ病になってしまい、
入院までしたなんてことも実際あります。



精神的にも身体的にも病的におちいってしまうという
事も起こるわけです。


しかし、【ペットロス】は


段々と時間が経過していくうちにペットが亡くなった
現実を受け止めていくことができるようになるはずです。


時々、つらい気持ちや悲しい気持ちになるようなことがあっても
それはあたりまえのことですから・・


それは【ヒューマンロス】と変わらない気持ちですから。

もう少し、時間がたっていくといい思い出や楽しかったことなど
もたくさん出てくるはずですよ。



その時は悲しいなら遠慮しないで泣いてください。
その涙が辛さや寂しさを流してくれますから。


そして、少しづつ目を向いて歩いていけるように
きっとなりますから。


ペット用墓石通販店【こころ工房】