板零

December 05 [Mon], 2011, 6:10
インテリヤクザと秀才高校生

板倉さんはかつての自分と零を重ねて見るんだろうなあ。頭でっかちで自信過剰だったあの頃の自分と。

マギ(カシアリ)

April 19 [Tue], 2011, 1:09
煙草に火をつけ、大きく吸い込んだ。頭の中がクリアになると同時に胸の痛みが和らいでいく。ゆっくりと煙を吐き出すと、俺はいつもの自分を取り戻していた。

「……カシム?」
「おう」
「また吸ってる」

アリババは俺を一瞥して、ため息を吐きながら言った。俺は何故か可笑しくて、喉の奥から声が漏れた。

「何が可笑しいんだよっ」
「ふっ…別に」
「お前、さては俺が吸えないのをバカにしてんな?!」

アリババは俺の吸いかけを引ったくると、腹いっぱいに煙を吸い込んだ。

無理しちゃって。
そう思うや否やアリババの顔は真っ赤になり、激しくむせたのだった。

「ゴホッ!ゲホッ…」
「おいおい、大丈夫か」
「るせっ…平気だ…っ!ゴホッ」

そうは言ってもどう見ても平気ではなく、しばらく咳を続けるアリババの背中を擦ってやった。

「ゲホッ…くそっ…何でだよ」


俺は目を細めて、アリババの顔を見ていた。
正しくて綺麗で煙草も吸えない俺の相棒。欲しいものを全部持ってる、俺の相棒。
俺とお前を比べてしまうとき、俺の煙草は一本また一本と増えていくんだ。






ギンギンの人

September 06 [Mon], 2010, 23:37


ディラン マイ エンジェル

イナズマ

June 15 [Tue], 2010, 15:55


追記佐久間やばい

バーンとヒートの設定には夢が溢れている

May 31 [Mon], 2010, 20:17
ヒート君の病弱幼馴染み設定には反応せざるをえない。
ヒートは体が弱くても、周りと同じことができなくても悲観的になったりひがんだりしない子だと思う。
楽観的に『まぁなんとかなるわ』と思ってるというよりも(綱海あたりはそれ)『晴矢たちと遊べて楽しかったし今まで生きてこれたし皆優しいし俺は幸せだ』とか思ってそう。
晴矢はヒートだけこんなめに会うのはおかしいっつって腹が立ったり悲しくなったりするんだけど本人は誰が悪い訳じゃないからって落ち着いてる。それより本気で怒ったり悲しんだりしてる晴矢のことを心配したり…。
晴矢は茂人の問題をまるで自分のことのように感じていて、それが時に大げさのように見えてしまうんだけどそれは晴矢の感受性が強いから。
ヒートがいじめられてたら晴矢がやってきて撃退して
「何でやり返さないんだよ!!」
「だって叩いたら痛いからかわいそうだろ」
「お前はいいのかよ!あいつらお前がやり返さないから調子乗ってんだ!」
悔しい悔しいっていいながら号泣…そんな晴矢をなだめる茂人。

はるしげでもしげはるでもどっちでもいいわ。
P R