バンド解散したしブログ引っ越し(OSHIRASE)

2013年02月21日(木) 11時40分
http://yamatsukarikimaru.blog.fc2.com/


上のブログに引っ越しました
よかったらお気に入りに登録して、どうぞ


バンド解散しました
新しいバンド始めました
AABACO(アバコ)という邪馬台国系おちゃめFUNKバンドです
MAGAZINESのメンバーが全員在籍するという奇妙な偶然に彩られたバンドです

まだHPとかないしライブ予定もないけど
頑張っていくつもりなんでシクヨロでどうぞ〜〜〜〜

我らが時代のソウルフル・クリスマス

2012年12月19日(水) 19時34分

ロック・バンドの解散なんてのは考えてみればミョーなハナシだ、
別に会社でも法人でも営利団体でもボランティア組織でもなく、
ただ何人かの人間が寄り集まってる名前のついたグループがあって、
それがただポンッ、と終わるだけだというのに、
そこにはいろんな悲しみや憶測や嘱望がついて回る。

別に書類ひとつサインするでもない。
ただ、始めたやつらが、終わると決めたから終わる、それだけのハナシなのであーる。
おっと、ビートルズはたしかロンドン高等裁判所まで引っ張り出して、
法的に解散手続きをしたとかしないとか聞くが…マァ、いいか。


われわれマガジンズは、今月14日をもってカイサンしたぞー。
カイサンなんて、やってみたら意外と味気ないものだった。
ウソだと思うひとは一度やってみたらいい。
少なくとも僕らのカイサンはそんな程度のモノだった。
『解散最高だぜ!また解散したいぜ!』と思うほどのモノではなかった。
まぁ、それはわれわれが人気者ではないからなのかもしれないがね。


セットリストなんてものを書き出してみよう。

1.あたしのミラクルエース
2.おかわりっ!クレージィフルーツ
3.あんた、ジョンレノンのなんなのさ
4.ベイビー・トワイライト
5.コマーシャルミュージック
6.21グラムちょっとの


たぶんこれであっているはずだ。
たぶん、というのは、この日のことをほとんど覚えていないからだ。
覚えていないということは、自分の中では大したことがないからだ。


そういえば、解散記念として、ただCD−RにCD未収録曲を入れただけのデモを40枚ばかし、
『ご自由にお取りください』コーナーに置いておいたのだが、
日を跨ぐころにはスッカリ無くなっていたらしい。
もらってくれた人、ありがとう。CD−Rの盤面に書いてあるのは全部オレ直筆の字です。
13年後ぐらいに値が跳ね上がるだろうから大事にしておいてくれ。


それの曲目なども、ついでに書きだしておこう。カンタンな一口メモも。

1.コマーシャルミュージック
その名の通り、歌詞も曲も売れ線のポップ・ミュージックでした。
歌詞は星井美希ちゃんというアイドルの事を考えながら書いた。
シャンプーのCMのタイアップが取りたかった。

2.借りてきた猫
猫は借りてくるものじゃない。

3.ベイビー・トワイライト
トワイライトというのは、日没前や日の出前の薄明るい時間帯のことです。
朝が来れば気分も変わるし、夜になったら心も変わるのです。

4.21グラムちょっとの
『ふっかつのじゅもん』というのは、ボクが大好きなドラクエからきているんですが、
ふっかつのじゅもんというのは生き返る呪文ではなくて、
セーブしたときの状態、つまり生きていた頃に時間を戻す呪文なんです。

5.おかわりっ!クレージィフルーツ
タイトルは『純情クレイジーフルーツ』という80年代の少女漫画から来ているのですが、
遂に誰からも指摘されることがありませんでした。
皆さん、少女漫画をもっと読みましょう。
『人工頭脳電気のトラブル 放浪息子は眼鏡属性 TVのボリューム エマージェンシー 少し下げてよ』←ここすき

6.ZOKKON☆たいむ 〜女の子の口じゃ言えないトコロに思いっきり××してほしいの!〜
いちばん気に入ってるタイトル。
マガジンズの曲名の中ではこれがいちばんかっこいいと思っている。

7.あだむのりぼん
ライブで全然やらなかった不遇の曲。
いま聴き返してるんですけど、ホントに僕は「揺れる乙女心」みたいなの好きなんですね。
『おつかれ地球、おやすみ神様』の攻撃力やばいね。



せっかくだからyoutubeとかで全曲あげちゃいたいですね、
もったいつけるよーなものでもないし。
まぁいいか。
手に入れた皆さんは楽しんでください。



もうすぐクリスマスですね〜皆さんクリスマスソング聴いてますか?
僕はクリスマスなんて別に好きではないですが、クリスマスソングは好きです。
泣く子も黙るソウル・ミュージックの名レーベル、
スタックス・レコードから出ている、ソウルフル・クリスマスというクリスマスソング集のレコードがありまして、
何弾か出ているようなんですけど、
それの第一弾がほんとーによいアルバムなんですね。
参加している面々がこりゃまた凄くてね、

ダニー・ハザウェイ、ブッカーT&ザMGズ、キング・カーティス、ソロモンバーク…
そして我らがオーティス・レディング。

ああっ、こうして名前を列挙してるだけでしびれちまうぜ。なんてことだ、ベイビー。
おうっ、サイコーだぜ、サイコーだ。いかしてるぜ。なんてソウルフルな唄なんだ。
もしクリスマスがなかったら、こんなサイコーのアルバムは聴けなかったんだな、
カンシャするぜ。
無駄にどいつもこいつも浮き足立ってるし、イルミネーションはチカチカうるさいし、
コンビニに行こうがスーパーマーケットに入ろうが同じ曲ばっかりかかっていやがるし、
おれはクリスマスなんて大っ嫌いなんだが、そー思えばいいところもあるんだ。

マライア・キャリーも山下達郎もユーミンもサイコーだが、
ここに入ってる奴等もサイコーだぜ。ぜひチェキラしてみてくれ。ソンはさせない。

いつかこのレコードを彼女にプレゼントできたら粋だよな〜ステキだよな〜
と妄想することがあるが、いまだに実現に至っていない。
ああっ、しまった、死にたくなってきた!!
大至急、大至急レコードをかけてくれ!!
オーティス・レディングのメリー・クリスマス・ベイビーをかけるんだ!

終わらないソウルフル・クリスマスを歌ってくれ、僕や君や彼らのため。

だいじょうぶ

2012年12月12日(水) 16時17分

マガジンズ解散によせて

2012年12月10日(月) 20時13分

もうツイッターとかで書いてるから今更なんですけど、
我々マガジンズ解散しま〜す、いっええ〜〜〜〜〜〜〜い!!!!!!!
ワッショイワッショイソイヤソイヤソイヤソイヤ!!!!
パフパフドンドンドンドンパフパフドンドンドンドン!!!!
ブリッ、ブリブリッ、ブリブリブリブリブリブリーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!
えっうんこ漏らし?
さて、解散後はメンバーそれぞれの道を歩みます!
ギターの粟野は、『自分の店を持つ』というかねてからの夢を叶えるために東京にラーメン屋の修行に、
ベースの粟田は、同じくかねてからの夢であったラウドネスのコピーバンドを結成し、
ドラムの力丸こと俺は、やっぱりかねてからの夢であった、まわし職人になるための修行としてLAに旅立ちます。

まぁ結成丸三年ですよ、
全国ツアーにレコーディングに自主企画に、この三年間いろいろやってきたですよ、
そりゃあ色々思い入れもありますしね、解散が寂しくないといえばそれはウソになりますよ、

でも…



でも……




解散して何が悪い!!!!!!





だいたいね、おかしな話なんですよ、
解散宣言したら案の定、『えーマガジンズ解散するんだー!!もっとライブ行けばよかったー!』とか、
『ファンだったのに…残念だ…』みたいな意見を結構目にしたんですけど、
にも関わらず、にも関わらずですよ!?
解散宣言後に頂いた今月14日のラストライブのチケット予約の枚数!
3枚!
四捨五入すると0枚!!いや四捨五入する必要は全くないんですけど!
元チェッカーズのタカモクがディナーショー開いたってもうちょっとチケット売れますよ!
まぁ3枚っていうのはあくまでボクが個人で頂いてる予約枚数ですから、
ひょっとしたら残りのメンバー二人が8万枚ぐらい予約を受けている可能性もありますけど!

まぁいかにマガジンズが皆に愛されたバンドだったか分かるようなエピソードが早くも展開されてますけどね〜…


というわけでラストライブのお知らせだよ!
当日ギリギリまでチケット予約受け付けてっから、是非来て!
ぜひ花束を携えて!あるいは花輪を送っていただいて!
もしくはナニワ金融道を全巻持ってきていただいて!
以下コピペ




’ねむいイベント3’
open17:30 start18:00 adv:\1,500 door:\2,000(plus1D\500)

出演: マガジンズ / 白黒バイパス / ユビサキ物語 / 小箱 / オバケハトモダチ /
TadpolE / bright color section 3 / とびだせ!おともだち / レムチャップ /
salsa(東京) / あばばずれ / kui! kui! / 本棚のモヨコ / まいご /
ハヤシユウタ / タマダマサシ / 墓石ドロボウ / 夢見てる(東京)/




とびだせ!おともだちというバンドがお送りするオールナイトイベントだそうです!!
おもしろそうなイベントじゃないですか〜、ビックリですよ!
マガジンズの三人が出会ったのも、ちょうど三年前の、とびだせ主催の企画『せまいイベント』だったので、
なんか運命を感じちゃいますよね!!
ちなみに我々マガジンズの出番はトップバッター、18時から!
お馴染みのあの名曲やなつかしのあの曲、マニアもニヤリのあの曲や、
安全地帯のカバー曲なんかも飛び出ます!エアロスミスのカバー曲も飛び出ます!
是非来てね!
チケット予約はこのコメント欄でも、HPに対するメールでも、何でもドント来いだぁ〜!!!




あと個人的な宣伝をいくつか!
札幌を拠点に活動する新進気鋭のロック・バンド、
爆弾ジョニーの新譜『イミナシ!』のレビューを書かせていただきました。
一生懸命心をこめて書きましたので、ぜひ読んでくださいっ!

http://ongaku.do/review/2012/12/5924/



あと、来月5日、札幌はベッシーホールで執り行われる、
爆弾ジョニー企画『爆弾ジョニーの気まぐれ企画』のフライヤーの全文章を担当しました!
企画に寄せたコメント、全バンドの紹介文、キャッチコピーに至るまで、
すべて 作:山塚りきまる(MAGAZINES)です!解散するというのに!
見かけたらぜひ手に取って読んでみてください、こちらも丹精込めて書いたですよ!
で、14日ラストライブが終わった時点で、(元MAGAZINES)って書き加えといて下さい!
a.k.aでも可!申し訳ないがa.k.bはNG!


それと、来月19・20日に洞爺湖で開催される、
セパタクローのオープン大会のポスター用文章も書かせて頂きました。

あとほかにも最近いろいろ書いてます!
人気赤マル急上昇中のライター山塚への仕事依頼は magazinessss@yahoo.co.jp まで!
コラムやレビュー、小説やエッセイ、地域交流の運動会のキャッチコピーからコントの台本まで、
何でもドンと来い!俺けっこういい文章書くよマジで!



じゃ良い感じに宣伝もできたんでこの辺でお別れ!
みんなライブ会場で会おうぜ!
全然関係ねーけど笑点の山田君のパーマって似合ってねえよなマジで!!!

ボクのCD/LP感想記

2012年12月10日(月) 9時48分
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

ハート型のエプロンをした、心優しい母親が愛する家族にクリーム・シチューをよそっている風景を映し出す、
薄型テレビジョンに唾を吐きかけ、
全身に“うんこ”を塗りたくって裸にサッカー・ソックスという出で立ちで電柱によりかかって、
虚空に向かって嘲笑を繰り返しているような、
“きれいはきたない、きたないはきれい”をその身を持って実践している、
諧謔主義者の若者は『CANDY SAYS』のこの子守唄のようなエレクトリック・ギターの調べをどう思うだろうか、
この世のありとあらゆるスキマを埋め尽くしている、
やさしさや美しさ、福祉のこころなどといったものを馬鹿にしないと生きられない彼らには、
この音像はどう映るのだろうか、それが気にかかる。
ワット・ゴーズ・オンでの乾いたスネアの音がボクの耳をくすぐっても、
ボクはそのことばかり、そのことばかり考えているのだ。




細野晴臣/はらいそ

過剰なまでにライトアップされた淫靡さ、イルミネーションを巻き付けられたエロチシズムが全面に漂っていて、
なるほどこれがトロピカル・ミュージック、なんて、
左手をパーに右手をグーにしてその右手をポンと左手に置いて、
ついつい一人ごちてしまう。雪吹きすさぶ北海道の山奥で。
かつて、彼が在籍した“はっぴいえんど”は、
モノクロームで埃っぽくて、深く深呼吸するとじゃりじゃりした空気が喉元になだれ込んでくるような、
記憶の中の東京、既に喪われた“ふるさと”(故郷という意識が希薄な東京民はその薄らとした記憶の中に故郷を求めていたのデアル)を演奏していたが、
数年を経て、このアルバムの一曲目に収録されるに至った『東京ラッシュ』は、
色とりどりの薬液を東京タワーの上からぶち撒いたような、
懐古にひたる暇もなくパンパンとネオンが背中を叩くような70年代後半の東京を音で描いている。
インドの庶民的な飲み物にチャイというものがあって、
これは簡単にいえば砂糖を大量に入れたミルクティーのようなもので、
ボクはそれを飲んだことがないのだけど、
その飲み物について想うとき、ボクのアタマの中では決まってこのアルバムの音がかすめるのデアル。


ガレージパンク日記

2012年11月27日(火) 16時42分

変則的なリズムの僅かな間断を縫って晩秋の言葉は鳴る (LIVE IN TOKYO '12)

2012年11月23日(金) 21時12分
これはテストには出ませんが、今晩あなたの夢に出るでしょう。


24時にシンデレラの魔法が解けて、
25時からアフター・サーヴィスが始まる。
終電を乗り過ごしたシンデレラたちは、数時間の夜をやり過ごすためにそれを利用する。

目をつむって、
3つ数えると、
ほら、ほうら。

ちょうどつむじのあたりの全能性細胞が放った微弱流電波がプロトプラスト信号に変換され、
そんでもって東京の上空を飛び交い始めただろう。
およそ十数年前に空中に築かれたキャンプは、
十数年の時を経て、サーヴィス・センターと化しているワケで、
そこのオペレーターたちが、その信号をひとつ・ひとつ、拾っているワケなんです。
文句も言わずにね。
こないだだって、経費削減のために給料が削られたというのに、
マッタクマッタク、見上げた女性たちです!


臨界点を突破した集中力は臨界点をはるか超えて、ひとつの到達点にたどり着く。


オペレーターはその届いた信号を、ヴァイオライト型癒着式ライト・フィルムで丁寧に梱包して、
解析センターに送ります。
タッチ・パネルで、しゅっ、しゅっとね。
よどみのないその流麗な指先は (エラー:雨偉人具)、
アメイジング・バド・パウエルVOL.1のピアノの音風景にも似て。

解析センターはその信号を青光ゼーマライト・システムで解析して、
その信号の中にある、
願いであったり、
意識であったり、
想いであったり、
欲望であったり、
憂鬱であったりを、
しっかりとカタチにするわけですね。

そのカタチはまぁ、だいたい球形で、そうね、だいたい軟式野球ボールの大きさぐらいで、
やわらかさは、そうだね、『雪見大福』ぐらいのものでしょうかね、
そんなようなカタチのものにするわけです。
これはテストには出ませんが、今晩あなたの夢に出るでしょう。

解析センターは、それを、世界中の人々の頭に投げつけるわけです。
指定郵便ですね、わかりやすくいうと。

それを受け取ったひとは、
その信号を送ったシンデレラたちに、
Eメールを打ったり、Cメールを打ったり、ビタミンB2が豊富な料理を作ったりするわけです。
俗に言うテレパシーというやつです。

テレパシーの構造というのは、だいたい、こんなかんじです。

どうしたって、感情を100パーセント言語化するのはむりな話なので、
こういうサーヴィス・センターが存在するわけなんです。
『モナリザ』をどんな絵か説明するのは、何万語を費やしたってむりな話でしょう?
けど、『モナリザ』をコンピュータに取り込んで、コード化してしまうのはできるでしょ。
だから、感情や意識をまるめたお団子をつくってね、新鮮なうちにそのまま投げつけてやるわけなんです。
だいたい、深夜帯にしか稼動してませんけどね。このシステム。

これはテストには出ませんが、今晩あなたの夢に出るでしょう。





テーマ:これはテストには出ませんが、今晩あなたの夢に出るでしょう。
ほか:完全なフリージャズつまりアドリブ
使用楽器:漫画喫茶のDELLのPC
公演場所:新宿の某漫画喫茶にて
演奏時間:26分45秒

俺の空2

2012年11月16日(金) 19時29分

俺の空 

2012年11月15日(木) 16時10分

めも

2012年10月30日(火) 21時01分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山塚・ギギギ・りきまる (MAGAZINES)
  • アイコン画像 誕生日:1990年3月12日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
magazinesという自称縦社会派バンドでドラムと作詞をやっています


http://www.magazines-web.com/


売文はじめました
仕事依頼はこちらへ
magazinessss@yahoo.co.jp
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像ピーマメ
» マガジンズ解散によせて (2013年01月13日)
アイコン画像よしひろ
» 我らが時代のソウルフル・クリスマス (2012年12月20日)
アイコン画像山塚・ギギギ・りきまる (MAGAZINES)
» ルルは一回二錠、じゃあララはどうかな? (2012年08月17日)
アイコン画像けーちゃん
» ルルは一回二錠、じゃあララはどうかな? (2012年08月16日)
アイコン画像山塚・ギギギ・りきまる (MAGAZINES)
» 誰よりも美しい夜を迎えるための方法その一(スリーマンを終えて) (2012年08月05日)
Yapme!一覧
読者になる