プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maemaemaemae96
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
辛さからの脱出 / 2005年11月04日(金)
自分のコレまでの人生に区切り、気持ちの切り替えをするために書く事にしました。

私は、学生結婚をし、子供を早くに産みました。
学校に子連れで登校し、反対した親にも認めてもらおうと家事・育児にも全力で取り組みました。旦那となった方も学生をヤメ、働きに出ました。一緒に暮らすまで、彼の性格に気づきませんでした。一緒に暮らし始めて数日後、彼は人格が変わったかのように豹変し、私に馬乗りになって殴り始めました。
しばらく殴った後、私が放心状態でいると、私の事はほったらかしにし、さっさと寝てしまいました。翌日、彼が元に戻っており、どおしたの?何があったの?誰にやられたの?
と全く知らない風になってました。
私は外にも出れないほど顔が腫れ、怖くて誰にも言えませんでした。
それから幾度もこの様な事態になったのですが、
それでもわからなかったんです。彼のキレるキッカケが。
異常愛とでもいうのでしょうか。極度の嫉妬心。子供にまで嫉妬をし、まだ小さい子を
叱っていたりしていました。私は怖くて怖くて逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。
でもまだこの頃は『親に反対されて結婚したのだから耐えなきゃ』という気持ち、
それだけで乗り越えました。一人の友達に相談をし、実際に3人で会って話し合いましたが
黙りで何も解決はしませんでした。しかしその夜また彼はキレました。
私が友達を駐車場におくっている間に玄関の鍵を閉め、電気を消し先に寝てしまいました。
私は携帯もなく雪の中コンビニへ行き20円借りて公衆電話で親に迎えにきてもらいました。車内では何も話しませんでしたが、翌日初めて親に事実を打ち明けました。
親はかなり驚いていて言葉も無くただただ悲しい表情で私の話を聞いてくれました。
この時私の中ではすでに離婚を覚悟していました。
 
   
Posted at 11:23/ この記事のURL
辛さからの脱出2 / 2005年11月04日(金)
離婚までは思ったよりもスムーズに事が進みました。
しかし、自分がこんなになるとは思ってもいませんでした。
DV・・・になるなんて。
私は離婚後引っ越しをしホット子供と2人の生活をしていました。幸せに2人暮らしを
していたのですが、自分のある異変に気づきました。
男性が怖い。夜が怖い。大きい声が怖い。頭が痛い。
そんな自分のマイナス的な考えから変な物を見るようになったり、幻覚を見たり
常に何かに追われてる感覚になり、その後数年間私はDVや鬱と戦う事になりました。
過呼吸も発症し、事あるごとに私は皆に迷惑を掛けてきました。
私はどうして。私だけどうして。そんなマイナス思考がどんどん私を追いつめてました。
睡眠薬、安定剤、胃薬、鎮痛剤、吐き気止め。沢山の薬を飲んで毎日の生活を必死に
過ごしてました。しかしやる気は起きず、楽しくもなく、自分に対しての疑問ばかり。
不安になり頭いたくなり胃が痛くなりで薬を飲んで、気持ち悪くなり、吐き気止めを飲んで
、フラフラになり、血圧もさがり、体温も下がり、血はドロドロになり、悪循環。
いつまでこんな症状が続くのか不安でした。
しかし、子供の存在は大きく私を支えてくれました。
しっかりしなきゃ。頑張れ私。と言い聞かせ・・・でも、薬からはなかなか脱出できませんでした。
 
   
Posted at 12:14/ この記事のURL
辛さからの脱出3 / 2005年11月04日(金)
精神科でのカウンセリング。どの病院へ行っても納得いかない。
内科、眼科、耳鼻科、胃腸科、整体、いつもどこかの病院で見てもらい、
でもやっぱりどこも悪くない。
自分が自分を認めていないから、それでも行く。
病院用の財布を作ってまでもした。増える薬に何故か満足もした。
それでも夕方から夜にかけ恐怖さで眠れず、食べれず、早く朝が来るのをまった。
一日同じ形で同じ場所に寝続ける日もあった。何も食べず。
いつ脱出できるか、出来ないのでは?考えては行けない事迄考える日もあった。

そんなある日血液検査から重大な事を知る事になった。
私の血は赤血球ばかりで、かなりのドロドロ。動かない。
先生によると、薬の飲み過ぎで内蔵も悪くなってると。
本当にヤバいですよという話でした。
これはいけないと気づいて私は、薬の代わりにサプリを『コレを飲めば治る』
と暗示をかけ、飲むようにし、薬抜きに挑戦しました。
と同時に交感神経副交感神経の切り替えがうまく行く様な努力もしました。
 
   
Posted at 15:33/ この記事のURL
辛さからの脱出4 / 2005年11月04日(金)
私は運のいい事に健食のモニターをしました。
まずは血をサラサラにしないと、薬も効かないし。
1日2リットルお水を飲み、モニターの食品もとり、半信半疑のまま
1年とりあえず続けました。夜眠れなかったのが徐々に眠れるようになり、
血圧も正常値になり、頭痛もへり、だんだん症状が良くなりました。
ただ、精神が不安定の時に極度の潔癖症になったのはまだまだ抜けきりません。
外食が怖いし、他人と同じ狭い空間(車・電車など)にいるのが耐えれない。
マスクや手袋しないと怖い。除菌シートが手放せない。切って売ってる野菜が食べれない。
お土産が食べれない。手を何回も洗わないと気が済まない。などなど
まだまだ大変ですが、日々成長していると思います。
DVの症状は一旦おさまったのですが、ある事件がキッカケでまた少し出てきました。
それは、実家の近くに彼が毎日いるというのです。
その事実を知った時恐怖のあまり実家に帰れなくなりました。
外出先で会うんじゃないかとか怖くって・・・
2、3週間続いたのですが、また突然いなくなったようです。
親から聞き安心したのですが、夢で魘されたりして気分がまた悪くなりました。
未だ男性とはうまくお話が出来ません。
クラス会でも女の子の間から出れません。
それでも少しずつ日々努力しています。
 
   
Posted at 20:06/ この記事のURL
辛さからの脱出5 / 2005年11月04日(金)
その事について悩んでると、ある人に会いこんな事を言われました。
あなたの心の奥底にしこりがある。しこりを自分が(事実なので)理解し、消化しないと
だめだって。私はピンと来ました。離婚やDVなど被害者意識ばかりじゃなく、現実を受け止めろって事だと気づきました。そのことも意識しながら今現在生活しています。
とても難しいですが、まだ若いのにこんな事で時間を使うのがもったいないなって。
ピキピキした生活は疲れる。少し気を抜ける生活をしたいと思います。
生きている事に感謝し、そして自然の物を食べ、大地の力を取り入れて、全てに笑顔で
受け止めようじゃないかって気持ちを持って、そして納得すること。
天気がよければ布団を干し、朝日を浴びて、少し散歩をし、雨の日は雨でしか楽しめない事にチャレンジし、常に前向きになれるよう、幸せになれるよう毎日少しでも出来るように
出来たら自分を褒めて☆私の場合周りに凄く助けられました。ご縁あっての事だと思います。出会った方々にもの凄く感謝をしております。一生大事にして行きたいと思います。
 
   
Posted at 20:22/ この記事のURL
乗り越えたい、理解したい自分の事。 / 2005年11月15日(火)
自分のここが嫌いっていっぱいあると思う。
私もいっぱいある。でも考えようには良い所かもしれない。(内容にもよりますが)
容姿もですが、性格的な事も。私の場合潔癖性これは実際キツいです。特にウィルスが嫌いです。
だから一回着て出た物はすぐに洗濯するし、毎日何度もうがい手荒いをします。髪の毛一本一本も気になります。子どもに対しても同じく、授業受けている間の密室状態が心配でなりません。
免疫アップして行くしかないのです。自分で守るしかないのです。そういう様々な心配性がずっと嫌でした。
でも少し考え方を変えようかなって思います。例えば免疫アップ料理をするのは、家族皆が健康になれるし、
毎日の洗濯も気持ちいいし、夜室内に干せばある程度の湿度も保てるし、経済的!!って。
なんてできたお母さんなんだって。(自分を)好きになれる気がした。
本当はアッケラカンと居れる人になりたいけれど、出来ないから無理矢理そういう努力はしないどこうって。
笑顔で受け止める事。大事だよね。
理屈っぽく考えなければ精神的にやられないだろうけれど、結果を出す為には色々考えるべきだし、
難しいだろうけれど、口に出したり文面にしたりして気持ちの整理をするのが前向きになる一歩だと思う。
皆に話さなくても(日記だったり、ブログだったり)目標というか、決断だったり、理想だったり言ってるとそういう方向に向かうんじゃないか?って。後ろ向きな発言とかだともっと落ち込むのじゃないかな?って。
母親は笑顔が一番!笑顔になれる法則みたいな物を自分の中で作りたいです。
もし読んでる方で自分と考えが違うとか思う方が居たとしても、今は私これが精一杯です。
ごめんなさい。どうしても脱皮したいのです。これからの自分の人生一個一個噛み締めるように大事に自分で自分を幸せにします。
 
   
Posted at 22:23/ この記事のURL
どうしようもない気持ち / 2005年11月16日(水)
わたしのどうしようもない嘆き。今の旦那と前の旦那が先週接触しました。関係はないと思いますが、先週イタ電に悩まされてました。この間変えたのですが、気になって仕方がないのです。やっと気持ちの整理がついたのに、これじゃぁまた症状が元に戻ってしまう。不安で胸がドキドキしてきて、耳鳴りがし始めました。関係ないと言い聞かせてるのですが。接触した時の話は全く聞いていないのでどんな感じだったとかもわかりません。誰がいたずらしたのかもはっきりしていません。でもどうしても結びつけてしまうのです。私は一体いつまでこんな事で悩むんだろう。前の旦那との怖い体験はココにかけれない事もいっぱいありました。だから濃くこびり付いているんだと思います。書いている今も胸が締め付けられる感じがして息苦しいです。どうしよう。あのまま殺されていたらもっと楽だったのかな。イカンイカン前向きになる為のブログなのだから。
同じような事で悩んでいる方は沢山居ると思います。忘れる事は出来ないと思いますが、出来る限り今の幸せを大切にして行きたいですね。きっと辛かった分今度は幸せになれるんだと信じて。こうやって書いているとやっぱり気持ちが落ち着いてきます。明日も精一杯頑張ります!笑顔でお外に出れるように。
 
   
Posted at 23:21/ この記事のURL
今日は落ち着いてます。 / 2005年11月18日(金)
昨日小学校の時の先生に手紙を書きました。私の中で一番の先生です。
先生の言った言葉は小学校の時には少し難しかったけれど、
あのとき一番大きく成長したのでは?と思うんだ。だから何かいっぱいになった時思い出すんです。
そんな先生に手紙を書いた事によって少し落ち着きました。今日休みを取り、何も考えず1日好きな事をしました。きっとその事もあってよけいすっきりしたと思います。久々ネイルも塗り、マッサージもし、昼寝もしました。今日は良かったです。旦那様からも優しいメールが届き、明日は子どもの学芸会。楽しみです。何着ていこうかなっ
 
   
Posted at 21:26/ この記事のURL
最近のこと / 2006年01月12日(木)
最近は安定をしています。
江原さんの本などを読み、自分と戦ってます。
そのせいか最近は自信の無い日でも帽子をかぶらず、きちんとした格好で
お出かけをするようになりました。
胸をはることも背筋を伸ばす事も気にして心がけています。
呼吸法も取り入れ、爽やかな気分になれるよう心がけています。
今年は人のためになれるような自分になりたいなぁ。
そして私を産んでくれたお母さん、お母さんを産んでくれたおばあちゃん・・・
ご先祖様たちに感謝します。ありがとうね!!
 
   
Posted at 14:35/ この記事のURL
P R
 
 
Powered by yaplog!