神様

March 13 [Wed], 2013, 11:57
神様はいるかいないかは分からない。
私はどちらかというと、信じている派だ。

別にココって時に助けてくれるとは思っていない。
それは神様がすることではないだろうから。
神様は皆を平等に愛し、見守るだけの存在。
私ごときを助けてくれるわけがない。

と、思いつつも、心の中で神様に祈ってしまうのはどこかで期待しているのだろうか。
いやいやきっと、自分に言い聞かしているのもあるからだろうと思う。そうであってほしい。

そんな私は、神話も好きだ。

神様も様々な性格な人がいて、生活があり、人生がある。
それがこと細かくかかれていたり、星や災害等に当てられているのだから、本当にそうなのかもしれないなんて思ってしまう。

でも生憎どこかの信者になるつもりも、なりたいと思うことも一切ない。

ただ、いたらいいな〜程度だ。

寝れない夜に思うこと

March 10 [Sun], 2013, 23:45
風ががたがたと窓をたたいて非常にうるさい。
相手が風なので、うるさいと言って黙らせれるはずもなく、ひたすら我慢だろう。

だがここまでうるさいと、なかなか寝れなくなる。

私はそんなに繊細ではないはずなのだが、今夜はなぜか気になってしまう。
こういう時は、無理に眠らないのがいいと思う。

だからのんびりとテレビを見ながら一服。
特に見たいと言う番組もやっていないが、BGM程度に流しながらも、とりあえず一服だ。

こうやって煙草の本数が増えてしまうのかもしれない。

明日は急に寒くなるらしい。
確かに外の空気は少し寒かった。
でも明後日は、また暖かくなるらしい。

まさに春らしい。

あぁ眠気がきた。
うとうとするのが一番気持ち良い。
おやすみなさい。

一番集中できる時

March 06 [Wed], 2013, 8:30
眠気がピークなとき、実は私はその時が一番集中できるのかもしれない。
そう気付いたのはつい最近。

子供の幼稚園用具を夜なべしている時に気付いた。

気付いたら朝になっていて、眠気も疲労もピークに達していたと思う。
だが、構わずに作業を続けていたら、一番上手く綺麗に縫えた。
なんてことだ。

つまりは追い込まれると、一番の自分の実力が開花されるという事なのかもしれない。
なんてことだ。
そんな疲れる事を、毎度できる筈もない。
綺麗にできるのは嬉しいが、その分疲労は半端ない。

徹夜など学生時代はよくやったものの、日中存分に休む事が出来ない今は、結構無謀な事だろう。
なのにその時が一番集中できているとは。

嬉しいやら悲しいやら、なんとも言えない。

タオル

March 01 [Fri], 2013, 13:45
うちはどれだけ家族がいるのだ、というくらいタオルの枚数が多い。
バスタオルは十数枚あるだろうし、フェイスタオルなどはその倍あるだろう。

なぜそんなにも多くなったのか。
それは古いものを捨てられない私のせいだと思う。

タオルの肌触りが悪くなり、少々汚れというかゴワツキ出すと新しいタオルを大量購入している。
そして古いタオルを雑巾やなにやらに使って、新しいものと少しずつ変えるのだ。

だが、雑巾にするにもそんなに大量に作るわけでもないし、拭けるのだからと取っておいてしまう。
故にタオルの枚数が増えるばかり。
タンスに入れるのも一苦労だ。

だからといって捨てるのも惜しい。
まだ体を拭く事が出来るから。

もったいない精神が変なところで発動している私を、別な私の冷静な目で見れば、やりすぎだと思う。
けど捨てれないのだから仕方がない。
これは治す気もないので、家族には我慢をしてもらおうと思う。頑張れ。

我が家の洋服事情

March 01 [Fri], 2013, 9:39
私は元々シンプルな洋服が好きだ。
ゴテゴテしたものや、派手なものはあまり好まない。

夫もどちらかというと、シンプルなものを好む。
持っている洋服のほとんどが黒だ。
クローゼットを見ると、黒ばかりでどれがどれか分からなくなるほど。

私も黒い洋服をよく着るから人の事は言えないが…
たまには違う色を試して欲しいとも思う。想像はまったく出来ないが。

そんな私達両親だけど、子供の洋服だとその好みは変わる。

可愛らしいものもちょっと流行ものも、子供にはたくさん着せたいと思ってしまう。
私が似合わないものも似合っているからかもしれないが。
息子も娘も、オシャレなものばかり。

それを着こなせる子供達が誇らしいやら、羨ましいやらである。

ぬいぐるみ

February 26 [Tue], 2013, 12:21
うちにはぬいぐるみがたくさんある。
私も好きなのだが、娘が大好きなのだ。

ほとんどが両親からの贈り物だったり、親戚からいらないからと譲ってもらったものばかり。
UFOキャッチャーで取ったものもある。

だからおもちゃ箱の横には、ぬいぐるみがたくさん並べられている。
場所もとるしかさばるため、片付けるのが一苦労。

だが、ぬいぐるみを捨てるという事は全く頭にない。
私もぬいぐるみが大好きだからという理由もあるが、むしろ処分など出来ないと言う事が最大の理由だ。

小さい頃に引越しした時一掃したが、その時は身を切られるくらい悲しかった。
それと同じ事を娘にやらせるなど、今は出来るはずもない。

娘がいらないくらいの年になったら、誰かに譲るもよし、売るのも良しかと思う。
でも捨てるという事はしないだろう。

ぬいぐるみにも魂が宿っているかもしれないから、そんな事はできない。
私には、出来ない。
だから今は、大変でも我慢だ。

朝が来た

February 23 [Sat], 2013, 6:30
朝が来た。

今日もいつものように朝が来た。
暖かい太陽が昇り、うちの庭に降り注ぐ。

今日は布団をほせるだろうか。
洗濯物は干せるだろうか。
どこの公園に行こうか。
たしか買いたい物があったから、少し遠くの公園に行ってから帰りに買い物をして帰ろう。

一日の予定を頭で組み立てながら、朝の一服。
これがまた美味しいのだ。

ご飯とお弁当を作る準備をする。
今日は食べてくれるだろうか。
昨日は緑がブロッコリー以外なかったから、ほうれん草のバター焼きを入れてみよう。
何種類かの献立を頭にいれつつ、作業を始める。

さぁ朝の忙しい時間まであと少し。
忙しいはずなのに、今日はなんだか気分がいい。

そう思いながら私はゆっくりと煙草の火を消す。
これが私の朝の日常だ。

日本舞踊

February 19 [Tue], 2013, 17:11
日本舞踊というものは、とても美しい。

少し違うが、学生の頃剣舞と鬼剣舞という踊りを部活というか、集まりで習っていた。
扇子と鈴を持ってくるくると回りながら踊る踊りだ。
大人数で踊る様はとても圧巻で、気持ちが良い。

いくら踊っても踊り足りないくらい、私は大好きだ。

だが、生憎その2つしか知らない。
少人数または1人で踊る日本舞踊は知らない。

どこかで習える場所を探しているのだが、そういう特殊なのは中々見つからない。
近くにあるのはフラダンスや社交ダンスやクラシックバレエ、ブレイクダンス等だ。
空手や剣道はあるというのに、やはりジャンルが違うからなのだろうか。

落ち着いたら習いたい物などたくさんあるが、日本舞踊も一つだ。
やはり日本の踊りは素晴らしいと思う。
クロネコヤマト引越し口コミ

突然落ちるという事

February 19 [Tue], 2013, 7:55
何かをしている最中に意識が飛ぶ、という事を体験したことがあるだろうか。
私はなぜか結構だいぶある。

それはきっと寝落ちという行為なのかもしれないと思う。

寝落ち…何かの作業中でも、寝て落ちてしまい、記憶が一時飛んでしまう事。
私は最近この状況に悩んでいる。

疲れているのかもしれないだろうが、すぐにぱたっと寝てしまう。
作業が途中だったりするものだから、本当に困るのだ。

これを克服するのなんて、睡眠以外ないのだろうか。
半日寝れば起きないのだろうか。

心配かけてたくない。
もうきっと十分心配かけてしまっただろう。
私を覗き込んだ瞳が悲しそうだった。

自分で解決できるかもしれないが、やはり手伝ってもらうのはとても助かった。

アトピーの悩み

February 16 [Sat], 2013, 23:55
私はアトピーである。

夏になると、肘の裏とか膝の裏…つまり肌と肌がぶつかりやすい場所に汗疹がアトピーに変わってしまう。
変わるのかは分からないが、とにかく赤くなってボツボツが出てきてしまう。
それが目障りの上、とても痒い。それが辛い。

そしてそれは頭皮までも被害に及ぶ。

フケのように頭皮の皮が剥がれやすくなってきていて、毎日洗っているというのにボロボロと出てくる。
薬を塗ればよいのだが、頭部の髪が邪魔をして中々うまく出来ないのだ。

もちろんこちらも痒い。凄く痒い。
だがかくとフケのようにポロポロと落ちてきて不衛生に見える。

これが主に夏に発生する、アトピーの悩みともいえるだろう。

こういう時、暑い日が嫌になる。
でも夏は嫌いになれない、むしろ大好きだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルやん
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/maemae108/index1_0.rdf