夢の彼方へ/SCREW 

January 26 [Sat], 2008, 0:39
夢の彼方へ
   作詞:鋲  作曲:ゆうと

愛着の日々を抜け出す事も出来ずに
背を向けたはずの在りし日に思いを閉ざして


振り返る度に追い越される事ばかり気にしてた
目の前に映る今が全てだと走り続けた


憂愁の色に抱かれて戻される現在
置き去りにされた僕だけあの頃と少しも


変われずに一人駆け足の明日から逃れようとして
行く先は過去へ行く末は彼方へ走り続ける


確かなレールがそこにあるなら迷わないだろう?
未来はこの手の中に・・・産まれゆく瞬間感じて


無くした何か探そう遠回りでも構わない
見えない行方いつかまた取り戻せるまで


I’m just in love with a memory.
It is who cannot get away from here. プライドはいらない
失くした昨日を鮮やかに彩るよ過ぎ去った記憶と共に

Entrance to defeat/SCREW 

January 26 [Sat], 2008, 0:31
 Entrance to defeat
   作詞:鋲  作曲:和己

答えなど見つからない縺れた糸を手繰る様に曖昧な蜘蛛を掴む


起伏する脈拍に反復の日々映す
眩暈に飽き朝を待つ消えない迷声



生きる事さえ吐き捨てたなら
何を得、何を無くすだろう 在る事の意味を Ah−
白けた現在も無価値な明日も理由があるなら
苦し紛れ吐く言葉見失った答えを問う


可も不可も無い境地で独り
何一つ変われぬままで 何を残せるだろう Ah−
戯れた理想も荒んだ現実も乗り越えられたら
抱えきれず見放した過去を嘲け笑えるだろう


If I do not meet you. . .
There is not present me. . .
If I do not know you. . .

無情に迫る終わりまで生かされるこの命 訳など無いただ
赤く刻む情景を血走った陽に敗北を

儚きは散り逝く美しき零落と. . ./SCREW 

January 26 [Sat], 2008, 0:30
儚きは散り逝く美しき零落と. . .
   作詞:鋲  作曲:鋲

見えない孤独に君は気づかないのだろう?


気高さとは浅ましい自尊の盾
悪しきさえも目を塞ぐ正しき理性
一心にただ辿り着いたはずの今は Ah
そう儚さと知る. . .



不意に降り出す雨に流されれば良い
変える事出来ない未来なら
間に合わせの栄光に縋りつけば良い
満ち足りた答えがそこにあるなら


I lose one’s life
Life lost its meaning for him.

霞む光遠く今も残響の中埋もれたまま. . .

St. Highway/SCREW 

January 26 [Sat], 2008, 0:29
     St. Highway
   作詞:鋲  作曲:和己

見下ろした街並みはしゃしゃったネオンの海
ガム吐き捨てスピード上げた加速してく高鳴る鼓動


The wind is howling
遠くまでまだ見ぬ果てない世界へ・・・


枯れそうで消えそうで壊れそうな僕の為に君が必要だから
辛そうで泣きそうで悲しそうな君の為に何が出来るだろう?


決まり切った土砂降り何処までもついてくればいい


A rainy day
届くまで歌い続けていたい・・・



会いたくて会えなくて崩れそうな夜が来ても想っているよ君を
愛しくて恋しくて切なすぎる夜を超えたら会いに行くよ 星さえ蹴散らして


A breath of air
この手を離す事はないだろう・・・


枯れそうで消えそうで壊れそうな僕の為に君が必要だから
辛そうで泣きそうで悲しそうな君の為に何が出来るだろう?

Deformity to awake/SCREW 

January 26 [Sat], 2008, 0:27
  Deformity to awake
   作詞:鋲  作曲:ジン

無い物強請りいつも首を苦しめ
比例出来ず高望みする生きている心地忘れそうな夜


行く先見えず遮断がちらついている
求めた事は嘘なのか?自己を欺く形は絶えず


・・・黒い雨に溶けていく非現実的な夢を見ました・・・
・・・・・・明日とお別れする現実的な夢を見ました・・・・・・


眠る知性は対角なぞり生まれた奇形の異種
声を殺した無意義な生は残骸に没するのか?


眠る知性は対角なぞり生まれた奇形の異種
声を殺した無意義な生は‘’a passage way to the wreckage‘’
止まぬ鼓動が深い傷負う果てない叫び
弱さに溺れ無力な俺は何を求めるのか?

The previous night of hell/SCREW 

January 26 [Sat], 2008, 0:27
 The previous night of hell
   作詞:鋲  作曲:ゆうと

The sun lights me up again today.
乾ききったこの地に彷徨い水を求める


Neither life nor death matters here.
神にすら見放された俺に選択の余地は無い


右へ敬礼 左へ敬礼 前に敬礼 the worsship
左へ敬礼 右へ敬礼 前に敬礼 the worsship


Please die・・・for me suicide・・・


朦朧とする意識の中 脳裏を霞むshow delight. . .
生気も狂気に似た夢幻のholy life. . .
Wow−
『ベルクホーフから見渡す眺めは最高かい?』


Please don’t murder・・・
猛毒降らせて明日は無い



The fate that there is in your hand.
糞以下のお前等の叫びは虚しい犬の遠吠え


右へ敬礼 左へ敬礼 前に敬礼 the worsship
左へ敬礼 右へ敬礼 前に敬礼 the worsship


Please die・・・for me suicide・・・


朦朧とする意識の中 脳裏を霞むshow delight. . .
生気も狂気に似た夢幻のholy life. . .
Wow−
『ヨニナヲキザンダイマアナタハナニヲオモウ?』

PIG/D'espairsRay 

January 26 [Sat], 2008, 0:25
          PIG
   作詞:HIZUMI  作曲:Karyu

侮辱と憶測 愚弄と妄想 時が命喰らうまで
感情では飼いならせない 深く病み沈む闇
Suffer...Feed on body...



墜落のPIG 履き違えた権力と
欲望が示すまま貪る
肺中が感染症 汚染された息を吐き
垂れ流す愚かな You are ugly...



ヒヨワなPIG プライド捨て笑ってる
気が付けば踊らされ喰われてる
愛嬌が最高な自慢の鼻震わせて
嗅ぎ回るその姿 You are fucker!!


ウス汚い涙流しても心まで奇麗になれやしない
バラ撒かれた汚物の中 そう走っては知って愚かさに嘆くがいい...


悪魔のPIG 俺も同じ...
偽善のPIG お前も同類さ...
俺の眼は視点の違う双眼鏡
悪名が売りのRock star 演じて
最高な精神show 理想的な神を演じ
嘲笑う見下して Repeat a crime...


泥塗れの俺は叫ぶ 被害者の面で醜さを隠しながら...
過ちさえ喰らい尽くす”弱さ”という名の強情で「邪悪な豚」


腐りすぎた名も無き俺達は
過ちをまた繰り返していく
ただ...ただ...弱さ隠す為に...

閉ざしたその心を喰らい尽くす”弱さ”という名の強情で「邪悪な豚」
君の中で生きる そいつは光欲しがっている

MAZE/D'espairsRay 

January 26 [Sat], 2008, 0:25
         MAZE
   作詞:HIZUMI  作曲:TSUKASA

Mephistの囁きに惑わされ
手を伸ばせば 闇の壁に潰されそうになる
ネガティブな感情さえ無くて
抜け殻のように歩いて砕け散った



[陽のあたる場所も無い 迷いの世界で]


傷跡見えない痛みを知らずに生きたいのなら
クダラナイ幻想を捨て眼に見える全てを 焼き尽くせ...


ただひとつ捨てきれずに残された
君だけの声を繋いで探し出すから



[安らぎを許さない 魔酔いの窠で]


もう芝居なんていらない 偽りで塗り潰した
醜さに「苦しいよ...」と 孤独に嘆くなら
化けの皮裂いて今すぐ 「救いが欲しい...」と叫べ
迷い込むその前に この俺がその手を掴むから


手探りで擦り抜けた想いは闇と戯れ
奪われた翼に、引き裂かれ痛む手足
君さえ...君まで...



希望さえ見えない世界で 自由など欲しくはない
決められた出口など 求める気すらない
化けの皮裂いて今すぐ 「救いが欲しい...」と叫べ
塞がれたその先は この俺が創ろう
化けの皮裂いて たとえ君が光無くし
迷い込むその前に この俺がその手を掴むから

Kaleidoscope/D'espairsRay 

January 26 [Sat], 2008, 0:23
       Kaleidoscope
   作詞:HIZUMI  作曲:Karyu

逸れた傷だらけの鳥を見てた
君ならば何を想うだろう?
虚ろな君の目が寂しくて
色褪せた...まるで終わりを見てる様に



揺れた空の下 君の手に温もりをただ伝えていたい 絶えるまで...


燃えゆく碧き海が地平線も
ほら裂ける まるで終わりへと向かう様に



今海を越え 降り注ぐ色彩が描き出す地で
枯れない想いが今 砕け散る君の傍へ...この歌に乗せ



渡る鳥が旅の終わりを夢見ていた その瞳はどれだけ情景見つめた?


割れた空の中 君の手に温もりをただ伝えていたい
君と目に映そう 幾憶の色が溶け込む景色を...
この歌を口癖の様に 君だけに溢れ出す言ノ葉を繋ぎ想いを届けて...

Angeldust/D'espairsRay 

January 26 [Sat], 2008, 0:22
       Angeldust
   作詞:HIZUMI  作曲:Karyu

With all of my pain undying spirit of mine
With all of your pain undying spirit of yours



Howl of Existence
新たな風が闇を裂く



無限に溢れ出す創造 加速していく鼓動...



With all of my pain undying heart of mine
With all of your pain undying heart of yours



Scream your Existence
可能性が歴史を刻む



眩しい未来への誕生 共鳴する感動...ah



Brand New Days...Brand New World...Brand New Sunrise...
”Hello”I’m just feeling to the last scene...
”Hello”I’m just falling with you...



風囁いた 声、生きる意味を乗せて
星瞬いて 夢、産まれてゆく生命へ
語り継ぐ 願いを託して



Brand New Days...Brand New World...Brand New Sunrise...
”Hello”I’m just feeling to the last scene...
”Hello”I’m just falling with you...
”Hello”I want to love this world...
profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒズキ
読者になる
本館はコチラ↓
Madness≠blanc

歌詞リクエストがあればどうぞ。

†更新情報†

1.26
D'espairsRay
SCREW
Comment
アイコン画像Parajumpers Salg
» REND:LOOP/SCREW (2013年09月18日)
アイコン画像a
» Spica/JOKER (2013年09月07日)
アイコン画像url
» 夢の彼方へ/SCREW (2011年08月16日)
アイコン画像ひまじん
» 夢の彼方へ/SCREW (2008年10月22日)
アイコン画像すかし
» 夢の彼方へ/SCREW (2008年10月20日)
アイコン画像ヨシオ
» 夢の彼方へ/SCREW (2008年10月17日)
アイコン画像猫男爵
» 夢の彼方へ/SCREW (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 夢の彼方へ/SCREW (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» 夢の彼方へ/SCREW (2008年10月06日)
アイコン画像ぷるん
» 夢の彼方へ/SCREW (2008年10月06日)
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる