マッドマックス 怒りのデス・ロードの日本語吹き替えの評価が厳しい

March 02 [Wed], 2016, 13:36



アカデミー賞で6部門最多受賞をキメたマッドマックス 怒りのデス・ロードですが、どうも日本語吹き替えの評価が芳しくないようです。

参考までに、日本語吹き替えを担当している主なキャストは以下の通りとなっています。

【日本語吹替え(一部抜粋)】
・マックス役:EXILE AKIRA
・イモータン・ジョー役:竹内 力
・エレクタス役:真壁刀義(新日本プロレス)

ではどういう口コミが出ているのか見てみましょう。

「マッドマックス 怒りのデス・ロードの日本語吹き替えについて触れている口コミについて」

無意味な吹き替えを付けておけば、情けのある人なら字幕版を見るでしょうね。

要するにワーナージャパンは吹き替えなんていうものには期待するなというメッセージとしてこのような吹き替えを付けたのでしょう。

その情だけは有難く受け取り、輸入盤を買うことにします。


とにかく吹き替えが聞くに堪えがたい…そう思ってしまうほど厳しい口コミですね。

吹き替えが無意味とバッサリ切り捨てていますし、輸入盤を買うことにするといわせるくらい、かなり酷いと感じたのでしょう。

映画は字幕版よりも吹き替え版の方がいいと思っている人はなかなか厳しい評価ですね。

芸能人を使うのに色々理由はあるかと思いますが、プロの声優さん・芸能人どちらの起用の仕方はとても考えさせられますね。
(決して担当した方々を悪く言うつもりはありませんが。。)

他にも色んな口コミをされているようなので、チェックしてみると良いと思います。

>>マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイの評価はこちらより