女子の会とククサ。

September 19 [Mon], 2011, 17:51
昨日は我が家で女子会でした。

大好きな仲間と持ち寄りで集まり、
美味しいものを囲んで、
おしゃべりに花を咲かせるこの会。

不定期に毎年幾度か開催されるこの会も、
震災以降は話題の種も様変わりしました。

被災地のこと、
子供のこと、
食べ物のこと、
エネルギーのこと、
地球のこと。

女性としてそっぽは向けないこといろいろ。。


素敵なクリエイターが集まるこの会だけに、
わたしたちのしたいこと。
わたしたちにできること。。

みんなで顔を寄せ合って、考えをいろいろを繋げていくと
大きな円となってぐるぐるといい循環が出来ることが判明!


実現するには気力も労力も相当なものだろうけれど、
振り返ればきっとそこには笑顔がキラキラと輝く
素晴らしい未来に繋がるのだろうと実感。。


昨日は明るい未来に向けての大きな第一歩。。



素晴らしいこの仲間に出逢えた奇跡に
ぐっと胸が熱くなった一日でした。。


そんな素晴らしき日に、
友達から思いがけないプレゼント!



フィンランドのククサ。

ラップランドに古くから伝わるククサは、
北方民族サーメ人が、白樺のこぶをひとつひとつ
使う人のしあわせを願いながらくり抜きつくるもの。

「ククサをプレゼントされた人は必ずしあわせになる」
と言われていてフィンランドでは
大切な人にプレゼントするものなのだそう。


そんな素敵な意味のある贈り物に
胸がじーんと熱くなりました。

ありがとう。

大切に大切に使っていこうと思います♥

チェルノブイリハート

September 07 [Wed], 2011, 13:08
東北で起きた大震災からまもなく半年が過ぎようとしています。

テレビでは毎日バラエティー番組が画面を賑わし、
福島で起きた原発事故はまるで無かったかのようにさえ思えるこの頃です。


夏が来て、気分も開放的になり湘南の海は
今年も沢山の人で賑わっていました。

けれど福島へと目をやると、原発は終息なんて程遠く、
現在も深刻な状況は続いたまま。。
解決の糸口さえも見つかっていません。

福島の子供達は暑い中、室内で過ごす日々。
放射能の影響で子供が子供らしく過ごすことが出来ずにいます。
福島の子供達に配られる線量を測るガラスバッチは、
子供達の身を護るものではなく調査のためのものだと。。

この国のこういった対応に愕然としました。


「風評被害を防ごう。」
「食べて応援!!」
とメディアや政府は経済を回すことに必死。


けれどそれ、本当に食べて大丈夫?
本当にしっかりとした検査を通った食べ物?
果たしてそれが本当の意味でのサポートと言えるの?

どうしてもっと長いスパンで考えた
人道的な支援や対応が出来ないのだろう。。

検査をしているのはごく一部の場所やごく一部の食材。

他国よりも数段に高い数値を設け、
検査をしてもちゃんとした数値は国民全員に届くようには発表されず、
危険な地域の子供達を避難させることなく、
危険な地域の酪農家、農家、漁業関係者に補償もせず
危険な可能性のある食材を生産し、日本中で販売する有様。

それでいて
「食べて応援!!」
とは一体なんたることでしょう。。

先日近所のスーパーで表示があいまいな食材の産地を
勇気を出して店員さんに尋ねてみました。

すると店員さんの顔は一瞬にして曇り、
怪訝そうなその顔には
「産地で差別するなんて。。」
そう書かれていました。

けれど将来子供を産んで育てたいわたし達には
そんな危険をはらんだ応援は出来ません。

結局その食材をわたしは購入することが出来ず
いたたまれない気分で帰宅しました。

もしそれがしっかりとした検査を通り、
本当に安全と確認されたのなら
わたしだって東北の食品を手に取ります。

けれど本当の安全が確認されない今、
自分や大切な人を護るためには
そういったサポートは出来ません。

今日、チェルノブイリハートという映画を見ました。

チェルノブイリの原発事故から25年経った今、
子供達がどのように暮らしているのか、、。

日本では原発事故の後、
御用学者が口を揃え「健康被害はありません」
と言ったその答えがチェルノブイリの事故から25年経った「今」なのです。

その光景は壮絶でした。
けれど目を逸らすことなど出来ませんでした。

わたしたちはそこから学んでしっかりと受け止めていかねばなりません。

子供達が暮らす未来に希望をもたらすのがわたしたち大人の役目。

その為には今すべきことは何なのか?

今回の原発事故を、福島だけで起きたこと。
そう考えている方達にこそ見ていただきたい映画です。

今なら日本語の字幕付きでこちらから見れます。


放射能のことや原発の事を考えるいいきっかけになると思います。
目に見えない放射能の本当の恐ろしさを知ってください。


9月11日の今度の週末は全国的に原発を止めるべくデモが開かれます。
わたしたちも地元藤沢でのデモに参加します。

全国の脱原発アクションはこちら


この国はトップを決めるのも、原発を存続するのかを決めることにも
わたしたち国民に選択権はありません。


でもだからと言って、仕方ない。。と諦めるわけにはいかないのです。

きっと声を上げなければ何も変わらないのです。
世界では国民のデモで覆ったこともあるのです。

だからわたしは声を上げることにします。
危険な電気はもういらない。
もっと安心して暮らせる国にしていきたい。
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:**flower-yoh**
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2月4日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ハンドメイド
    ・ファッション
    ・アート
読者になる
作品、出展に関するお問い合わせはこちらまで
yoh.handmade☆gmail.com
☆をあっとまーくに変換してください。

本ブログの内容・画像を、営利・非営利を問わず無断で利用、及び転写・複製することを禁じます。