未来に希望を。。

June 11 [Sat], 2011, 10:13
東日本大震災から今日で3カ月が経ちました。

震災により家族や友人、家や職場、学校など日常を一瞬で失ってしまった
みなさまに謹んでお見舞い申し上げます。

わたしにとってもこの震災はとても大きな出来事で、
今もなお心の中で消化することは出来ず、
あの光景を思い出さない日はありません。

今なお復旧のめどが立たない中、勇敢に現実と向き合い前を向いて
一歩一歩と希望を持って進む東北の方々の力強い姿に
毎日奮い立たされています。

福島で起きた原発事故。
みなさんはどのように思っているのでしょうか?

以前から原発に疑問を持っていたわたしにとってこの事故は
震災ではなく人災としか思えないでいます。

気付いた時にはちいさな島国の日本に54機も原発が立ち並び、
こんなに豊かになった今でさえ新たな原発を建てようと、
30年以上も前の計画を無意味に実行しようとする大きな力が働いている。

電力は足りているはずの日本。
素晴らしい自然を破壊し、近隣住民の生活を犠牲にして
お金と有意義な施設や雇用という名の甘い蜜で人の心を変え、
廃棄物の処理法も決まっていない原発を立ててしまうのは
無謀で身勝手な一部の人の利権にのみ必要なのだろうと思う。

世界で唯一の核被害国日本が核の怖さを忘れてしまった結果、
今また核で大きな被害を出してしまいました。

「原発は安全で安心」というありもしない神話を今まで信じて来たみなさん。
原発は本当に安全だと思いますか?

事故が起きた今。
政府は直ちに被害がないから心配はないという。

だからもう安全なんだ!

ニュースでも大きく取り上げないし、実際目に見える被害はないし。。

だから予防なんて必要ない!

そんな風に考える多くの人に目を覚ましてほしいと思います。

原発は危険です。
今現在も目に見えない放射性物質はわたしたちの周りに存在します。
空気が汚れ、海が汚れ、わたしたちの日常に入り込み、
生きることを脅かすのです。

200キロ以上も離れた場所にいるわたし達はまだ「まし」ですが、
わたし達関東の為に電力を作ってくれていた福島の人たちには
大変な被害が及びます。
チェルノブイリの経過を振り返れば今の福島が辿る未来が見えます。

怖いことを言うようですが、核に平和利用などあり得ないのです。

地震大国である日本にとって今福島でおきていることは
他の地域でも起こりうること。
もし東海地震が起きたら浜岡が同じことになるのです。

生きる以上わたしたちは未来に希望を伝えていかねばなりません。
わたしたちも戦争を乗り越えた先祖達から豊かな暮らしを引き継ぎました。

少し豊かに育ち過ぎてしまったわたしたち。
わたしたちは今まで敷かれたレールに甘んじて
のほほんとしすぎてしまったのかもしれません。

けれどわたし達には他国に勝る我慢強さと理性と素晴らしい技術があります。
この震災で試されたわたしたちの国民性は素晴らしいものでしたよね?
そんな素晴らしい国民性を持った我が国ならば
多少の苦難は乗り越えられるはず。

今こそ起こしてしまった事故を悔い改め、生き方をシフトしていきませんか?
未来へと希望を繋ぐ努力が今こそ必要だと思うのです。
未来の世界に沢山の希望と笑顔があふれることをわたしは願います。

そしてこの美しい地球を汚してしまった罪をしっかりと償い
新たな生き方で世界中へ謝罪したいと思います。


ぜひみなさんも原発のこと真剣に考えてみてください。


最後に作家の村上春樹さんが授賞式のスピーチで
今回の原発事故に触れています。
きっとみなさんの考えるきっかけになるのではないか。。と思います。
どうぞ読んでみてください。

http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040017000c.html

2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:**flower-yoh**
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2月4日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ハンドメイド
    ・ファッション
    ・アート
読者になる
作品、出展に関するお問い合わせはこちらまで
yoh.handmade☆gmail.com
☆をあっとまーくに変換してください。

本ブログの内容・画像を、営利・非営利を問わず無断で利用、及び転写・複製することを禁じます。