私の行く年、来る年。
2011.12.22 [Thu] 23:26

2011年は、色々なことが始動した1年でした。

私自身も、周りの環境も、そして世の中も。

でも、その始まり方が少しむりやりな気もしますが、
なんか、留まっていられない、という感じ。

今年1年の私の動き。

お正月にいろんな意味で憧れのイタリアへ旅行したことで、
それまでアウトプットしつづけてからっぽになりつつあった
気力を養い、帰国後、そのままの勢いでフリーランスに転身。

1月終わりにはHETEROPHONYでアトリエを借りることに。
2月下旬から3月中旬にかけ、新しく出会いのあったギャラリーで、
HETEROPHONYとしては初めての個展。
最終日に東日本大震災が起きる。

表現者として、世の中の状況から自粛もやむを得ないと覚悟していたけど、
地元のアツい方々のご支援を受け、7月には北海道南富良野での大規模なパフォーマンス。
ダムの堤体内という通常は入る事もできない場所でパフォーマンスが出来た事は、
終わった今の方が信じられない程・・・。

8月終わりには、これもまた新しく出会った宇都宮のギャラリーで展示。
そこはなんと、母親がきっかけで好きになった大谷石で作られた石蔵。
運命を感じずにはいられない。しかも宇都宮は私の家族にとっても関わりのある場所。

9月にはアトリエを移転し、HETEROPHONYの新しいスタートを切る。
10月からはフリーの仕事の流れが一気に加速。超忙しくなる。
11月から12月頭にかけ、HETEROPHONYの仲間でもある「fiiju」
のディレクションに本格的に参入。

そして、つい先日、夏のお礼回りに三度、南富良野へ。
そうこうしているうちに来年の春に大きな展示を2カ所で開催出来る事に・・・!

こうして振り返ると息つく暇もなく駆け抜けたな感がありますが、
これは決して一人では出来ない事。

一緒に行動する仲間や応援してくれる人がいてこそ。

これまで人にあまり興味のなかった私が、
さすがに人との繋がり、出会いの大切さを本当の意味で実感するに至った、
とてもとても重要な年だったと思います。

色んな事があって、出会う人、去る人が居て、
私の今の立つ位置に気づく事が出来た。

一人で考えていてもこれは到底分かる事はなかったと思います。

さてさて、来年もいまのところ、しょっぱなから目白押しの模様です。

ここまで来たらいい加減後戻りは出来ないので、
精神的にも、社会的にも。
やっていくしか道はないのです。
 

今月末、宇都宮にて。
2011.08.20 [Sat] 21:53

先月の南富良野町のこともまだブログに書いていない状況ですが、
もう次の展示が迫っております・・・。

8月29日(月)宇都宮ギャラリー悠日
東日本大震災復興支援 チャリティーアート展
−アーティストのパワーで被災地に希望を届けよう−
http://www.art-ejeq.com/

いつもお世話になっている秋葉原のギャラリーCOEXISTの松下オーナーの呼びかけにより
今年5月から震災チャリティーアート展が各所で開催されていました。
この8月は宇都宮のギャラリー悠日で開催中で、
最終日前日となる29日に私たちHETEROPHONYが展示をさせていただきます。

チャリティーについては色々と考えていること、考えなくてはいけないことが
たくさんあるのですが、とりあへずは目の前の課題に後悔なく一生懸命取り組みます。

宇都宮へは個人的に赴いたことはありましたが、こちらのギャラリー悠日さんは初めて。
なんと私の大好きな大谷石の石蔵をギャラリーに改装したというなんとも魅惑的な場所なのです。
あの質感に包まれて、しかも自分の展示が出来るなんて、失神しそうです。。

月曜日なのでなかなか見に行きたい!と思っても難しいかと思いますが、
遅めのお盆休み中の方、僕は(私は)カレンダー通りに生きるのなんかまっぴらごめんだ、
なんていうアグレッシブな方、ぜひ宇都宮へ遊びにきてください!

東武宇都宮線「南宇都宮駅」駅前です。
ここの一画は大谷石の石蔵群なんだそうですので、
大谷石フェチの方にもオススメスポットですよ。
 

小さい頃は神様が居て不思議に夢を叶えてくれた。
2011.07.02 [Sat] 18:19

先日、6月27〜28日、北海道南富良野町へ行ってきました。
目的はパーフォーマンス会場の下見。

もう今月になってしまいましたが、
ようやく発表できます。

7月29日、南富良野町かなやま湖キャンプ場野外ステージ
にてHETEROPHONYでのアートパフォーマンスをやります!
他、ワークショップや別な空間でのパフォーマンスもあり!!

去年に引き続き、2回目のかなやま湖。



今回は町の観光協会がものすごく協力して頂いて
かなり大きなプロジェクトとなっています。
半年くらいこの企画のためにいろいろ動いてくださっていて
本当に心の底から感謝しています。

パフォーマンスの詳細は随時HETEROPHONYのホームページで
アップしていきますので、ぜひチェックしてください!



さてさて、先述した通り、今回は南富良野のたくさんの方々に
お世話になっていて、私たちの構想よりはるかに大きなことが
できる環境を用意してくださいました。

今年に入ってから私の周りでは本当にたくさんの先輩たちが
私や仲間のために愛情を注いでくれていて、
去年までの生活とは良い方向に一変しています。

私は何も努力していないのに、こんなに良くしてもらって
本当に良いのだろうか・・・と思うくらいです。
不思議な気持ちになります。

思えば、昨年HETEROPHONYがアートチームとなってから、
自分一人ではなし得ないことが容易に叶うようになっていました。

タイトルのユーミンの歌詞の一節ですが、
小さい頃に比べたら、自分の思うようにしたり、やりたいことをする、というのが
歳と比例するように叶わなくなっていきます。
そうするには犠牲にしなければいけないことも多々あったり。
普通に大人になるだけでもそうなのに、アートの道を歩いて行くとなると相当な覚悟がなければ
すぐに比較対象を探して負けてしまうようなところです。

こんなことを描くと中高生なんかは大人になりくないなーなんて思うかもしれませんね(笑)

でも不思議なんです、ここ最近。

やりたいことが叶う、思う通りになる。
まあもちろん全てではないですが、私が大切にしていることを、
周りの人も大切にしてくれる、言わばサポーターでしょうか。

周りの人からどれだけ大切にされるか、
そして自分もどれだけ大切にするか。
それが幸せというやつなのかも。
なんて思うようになっています。

でも、もちろんこの状態を保つためのポイントもあって、
大切にする、されるという認識をお互いが持てるようにするために、
礼儀をおこたらなこと。

ここまでたくさんのサポーターを関わってくると、
自分なりの常識、礼儀では通用しないんですね、気持ちが合っても。

みんなが分かる「大切」を表現しなくてはいけないから。

アートなんてやっていると常識にとらわれない、とか普通じゃだめ、とか
そんなことが求められているようなイメージがありますが、
破天荒じゃ生き残れない、でも優等生もまた然り。

きっと正解じゃないですよ、ここに書いていることは。
でも、自分のために大きなことをしてくれる人って、
いないことの方が多いから、今居るなら、その時モードにならないとね。

当たり前はじゃない環境で、いろいろ経験できているので、魂が成長してる気がする(笑)
 

踏み出してみた後。
2011.05.04 [Wed] 23:21

GWももう終盤ですね。
すこし前ですが、京都へ逃避行(小旅行)へ行ってきました!


京都駅の高層っぷりがやばい!
空中散歩ができるという最上階まで行ってみました!
目線が京都タワーと同じでビックリ。




ちょうど二条城が夜のライトアップをしてしました。
震災の影響でライトアップやイベントの中止が相次ぐ中、
節電に考慮した形で行われていましたが、
やっぱり暗闇の中の光ってとても綺麗で癒やされるなあと。
お堀を照らしていたライトで石垣にゆらめく水面が投影されていたのは圧巻!




銀閣寺オシャレ。
ここは京都旅行に来たら毎回行きたい!と思える場所。
何時間でも座って眺めてみていたい。
贅沢な時間でした。




いままで旅をすることがどういう効果をもたらすのか
あまり気に留めたことはありませんでしたが、
人間は環境で変わるカメレオン的なところがあるので、
旅によってその環境を変えることができるということは、
短期間で自分の違う面に気づくことができるということなのかなと。

よく「かわいい子には旅をさせろ」といいますが、
「自分がかわいけりゃ旅をしろ」ってな感じでしょうか。
お粗末さまでした。。
 

内省。
2011.03.17 [Thu] 11:08

HPとTwitterではアナウンスをしましたが、
ブログではまだ出来ていませんでした。

2月22日から秋葉原のgalleryCOEXISTで行っていた
HETEROPHONYの展示「荘厳色の芥」ですが、
最終日も含めた3月12日(土)、13日(日)を
今回の地震の影響で展示と予定していたイベントを
中止させていただきました。

今週になって当日ギャラリーに足を運んで頂いた方も
いらっしゃったと知って、本当に申し訳ないです。

展示自体に被害はありませんでしたが、
ギャラリーの2階のカフェではワインボトルが
ほぼ全部落ちて割れて結構大変だったようです。

このような形で終わってしまい悔しい気持ちもありますが、
今回はHETEROPHONYでのギャラリー展示が初めてだったので、
本当にいろいろなことを勉強できたし、身に付きました。

今では気持ちも落ち着いてやれてよかったと改めて思っています。


それにしても今回こんなに大きな天変地異が起き、
私はいろんなことを考え直させられることが多いです。

東京では震災後も普通に生活ができているので、
こういう余裕のある人は努めて落ち着いて行動をして、
むしろ、いつもの生活を見直すチャンスなんじゃないか
と思っています。

小さなことだけど停電のとき、
部屋を散らかり放題にしていたら、
足下が危ないし、懐中電灯もどこにあるかわからない。
なので、部屋はいつもきれいに整理整頓しておくとか。

昼夜逆転生活になりがちですが、
早起き早寝をすれば照明を使う時間が少なくて済んだり。
電力が被災地で回復して深夜の寒さも電気で暖められるのであれば、
深夜の電力もそっちに回してもらいたい。

俗に言われる「ちゃんとした生活」というのが
合理的であるということを痛感したわけです。
もちろん、いろんな理由でそうしたくでも出来ない場合も
あると思うけど、なるたけね。
意識するのとしないのでは全然違うし。

私が小さい頃は学校で避難訓練が定期的にあったし、
防災グッズが常時家の納戸に用意されていたり。

でも何不自由ない生活に慣れすぎて、
考え方や気持ちも乱れてきていたんだなあと。

もっと言えば自分の体調とか気持ちにさえ、
耳を澄ますこともなくなっていたんじゃないかな。

もっと自分の起こす一つ一つのことを
丁寧にやることが必要ですね。
自分が何をしているのか自分で理解すること。

慣れる事が功を奏す場合もあるけど、
慣れ過ぎはハードでもソフトでも良い事ないです。

「何となく」とか「慣れ」っていうことが
自覚しているなら見直そう。

うん、そうしよう。
 

今日は勝井さんが来る!
2011.03.05 [Sat] 11:48

HETEROPHONY「荘厳色の芥」の展示の様子はこんな感じ!





既にご来場いただいた方からはご好評を得ていて
本当にありがたいです☆

今日はここでROVOでも活躍するエレクトリックヴァイオリニスト
勝井祐二氏のソロライブがあります!

勝井さんの音をご存知の方なら、ここでどんな世界が繰り広げられるのか
ワクワクしませんか??

少なくともHETEROPHONYのメンバーは全員この1週間くらい
テンションあがってます(笑)

今日の16時30分オープン、17時スタート!
ワンドリンク付きで1,500円です。

リハのため直前の時間はクローズするかもしれませんが、
14時過ぎくらいまでは普通に展示も見れますので、
ぜひ今日は一日秋葉原の異空間で楽しんでください!

お問い合わせは、
メール:info@heterophony.net
twitter:carminemadder

 

「荘厳色の芥」のインフォメーション☆
2011.02.28 [Mon] 16:47

carmine madderが参加するアートチーム
「HETEROPHONY」のインスタレーション展示を
秋葉原のgallery COEXISTで来月3/13(土)でやっています。





-----------------------
HETEROPHONY
「荘厳色の芥」
2011年2月22(火)-3月13日(日)
gallery COEXIST
http://coexist-art.com/
-----------------------


各週末にはいろいろなショウも行っています。


■3/5(土)勝井祐二ソロライブ
open16:00/start17:00
ticket:1500yen(1drink付)
w/liquidbloom(lighting)
エレクトリックヴァイオリンの第一人者でROVOでも活躍する
勝井祐二氏のソロライブです。
HETEROPHONYのショウには過去1回出演して頂いて以来、
メンバーもまたご一緒できるのを熱望していました。
勝井さんの演奏で今回の展示をより輝きを増すことでしょう!
さらにライティングで千葉からliquidbloomが参加してくれます。


■3/12(土)fiiju presents
STYLING,PERFORMANCE,SHOW
open16:30/start17:00
ticket:free
HETEROPHONYで空間演出を担当するファッションデザイナー
藤井隆雄のブランド「fiiju」が提案する
日常を楽しむためのスタイリングショウです。
今年の春の着こなしにぜひ活かしてください!


■3/13(日)村山立樹×勝井祐二DUOライブ
open14:00/start15:00
ticket:1500yen(1drink付)
w/zoetroll(VJ)
今回の展示の締め括りとしてHETEROPHONYが敬愛する
E.ヴァイオリニスト勝井祐二氏と村山立樹との
完全インプロヴィゼーションライブが実現します!
この時にしか聴けない音楽をぜひ聴きに来てください!


この他、メンバーが在廊している日には何かがあるかも(笑)

とにかく今回は有り難いことに既に来て頂いた方から
大変なご好評を頂いています!
じっくり瞑想に耽るもよし、疲れたらギャラリー2階のカフェで一休みするも良し、
あなただけの楽しみ方で感じでほしいです。

ぜひぜひ遊びに来てくださいね〜

もっと詳細が知りたい人はメールかTwitterでメッセージください!
info@carminemadder.com
Twitter アカウント:carminemadder

よろしくおねがいします☆
 

クレマティスの贈り物
2011.01.27 [Thu] 14:38

前々から思っていた事。
唇は目にも勝るとも劣らず口ほどに物を言う。
この人ってどんな人なんだろう?と思ったら、
まず唇を見よう。

飽くまで私の超個人的な持論です。
持論が大好きです。
でも凝り固まってはいないつもりです。

今度「どんな男が好きなの?」と下世話な質問をぶつけてくる輩がいたら
「唇の形のキレイな人」と答えてやろうと心に決めております。。。


さてさて。
来月2月22日から3月13日まで、HETEROPHONYのインスタレーションを
秋葉原のCOEXISTというギャラリーで行います。
今回は「時間の密度」をミニマルな表現でアプローチしてみるつもりです。

会期が長いだけに、レセプションやイベントもたくさんあって内容盛りだくさんです。
carmine madderはイベントライブに演奏で参加します。
わたくし個人では絵で参加いたします。

そしてゲストアーティストでROVOの勝井祐二さん、写真家の五十嵐広明さんにも
参加していただきます。

アーティストもお客さんもそれぞれ違った感覚の持ち主だと思うので、
その場にいる人の数だけ違った見方ができるような、
そんな展示にしてみたいです。

イベントの詳細は随時HPでアップしております。
carmine madder
HETEROPHONY

ぜひぜひチェックしてみてください★



 

永遠の都
2011.01.07 [Fri] 09:14

あけましておめでとうございます!
私は昨年末、ローマを旅しました。
紀元前のものも脈々と今も受け継がれている街。
正に圧巻でしたが、何となく日本とも通じるものがあるなぁという感覚も。
ヨーロッパでも南の方で背の高さも日本人とそんなに変わらないし、
人懐っこい方が多かったからかな?

それにしても教科書で習った通りの世界を
目の前にするととでも不思議な気持ちになりました。



ローマはカサマツというのが有名らしいです。。
全部同じ高さに生えてるのがまたスゴイ・・・。



去年はずーっとアウトプットばかりの日々で、
もうそろそろ中身がスッカラカンになってしまうのではないかと
危惧しておりましたが、今回の旅はとても良い充電になりました。

MACROという現代美術館にも足を運びました。
またここがすごかった。
元工場跡かなんかの建物を再利用した美術館なのですが、
ここはぜひおススメです。迷路のような建物です。

今年になったまだ7日しか過ぎていませんが、
すでにいろいろと私の周りは動き出しています。
まずはHETEROPHONYでまた近いうちにアートワークをやります。

「動ける時はとことん動く」か。
本当にそうですね。

こうやって周りの方々が良くして下さるので、
楽しみながら期待に応えたい。
2011年はそんな年にしようかと思います。
 

回想其の壱
2010.12.23 [Thu] 23:10

久しぶりのブログ更新です!

この3ヶ月は目まぐるしく毎日が動いていました。

11月27日に原宿VACANTで行った、
HETEROPHONY「空間波紋のはじまり」。
あれからもう一ヶ月が経とうとしているとは
本当に早いものです。

そして、今月は10日から20日までArt LabAkibaでの
ポートフォリオのための実験的インスタレーション。

このHETEROPHONYでの活動を通じて
いろんなアーティストとご一緒させていただいたわけですが、
ホントに面白かった。

ひとえに表現といってもアーティストによって
それに対する考え方は本当に様々。

たぶんHETEROPHONYがチームになったのは、
そういった部分にお互い似通ったところがあったかただと思う。
みんなの意見やアイディアには全く違和感を感じないから。

そんな中、ゲストで参加してくれたアーティストさん達から頂いた刺激というのは
とてもありがたいものでした。

今まで思いもつかなかったことを実現できたのも
そんな皆さんのお力添えがあったからこそ。
本当にありがとうございました。

今後の私たちの活動にも大きく影響することでしょう。

そんな感じでHETEROPHONYホームページで
今年の活動の記録が見れます!
ぜひご覧ください♪

http://heterophony.net/

また来年も追求していくぞ!