butterfingerd 

2011年05月06日(金) 21時23分
記事を書かずにあっという間に一ヶ月経ってしまいました。

現在2週間後に控えた、とある資格試験準備中です。(英語系の試験ではないです)

本日は、先日DVDで見た「アリスインワンダーランド」で出てきた単語で思い出したことがあるので書いてみます。

単語は「butterfingers」 
たぶん、fingers だったと思います。自信ない
映画の中ではお茶会の時にモノの名前として出て来ましたが、私が思い出したのは別の意味です。もともとモノの名前として使っていいのかすら不明です。アリスは言葉遊びが次々出てくるので、これも言葉遊びのひとつかもしれません。

butterfingerd もしくは butterfingers 形容詞で、そそっかしいという意味です。

指にバターが付いているから=よくモノを落としてしまう=そそっかしいというわけですね。
バンクーバーでお世話になった、tutorのハナが授業中に言っていました。

私もbutterfingerdです。特に食べてる時に・・・。
でもこれはbutterfingredではなく、単なるmessy eater ですね。



root out 

2011年04月06日(水) 11時11分
※2月のWEEKLY Japan Times より

"Until we can completely root out corruption in the sport, we cannot show sumo in the ring."
(この汚職を根絶させるまで、土俵で相撲を見せるわけにはいかない)

root ・・・根っこのことです。後は、文化的・感情的結びつき(自分のルーツをたどる、などと言いますね)

それにoutがついて、「根絶させる」という意味になっています。

outがついたphrasal verbはたくさんあって、雰囲気としては、「〜やりきる」という感じでしょうか。カナダのフィドルスクールで弾きまくった後に、よく I've fiddled out today〜. などとよく言ってました。しかしこれは造語なので正しいかどうかは不明ですが、発祥はアメリカ人なので間違いというわけでもないでしょう。

ちなみに root up で植物を土から引っこ抜く、という意味があるようです。

ごあいさつ 

2011年04月04日(月) 17時31分
2回のカナダ留学経験があるのに、帰国してからは日本語を使う便利さにどっぷり甘えて、気付くとすっかり英語から遠ざかってしまいました。

あんなに、あんなに、あんなに勉強したのに!

使いたい単語が口から出て来ない。

見たことあるのに、単語の意味が思い出せない。

これはまずい・・・・

と、いうわけで、日本語天国の日本にいて、英語をこれ以上失わないように少しがんばってみたいと思います。

英語の新聞、書籍、雑誌、TVニュース、映画、ドラマ、その他もろもろから、耳に入って来たり、目にした単語や言い回し、日本人が苦手な句動詞(フレーザルバーブPhrasal Verbs)などをメモのように綴って行こうと思います。

とはいえ、私は帰国子女ではないし、配偶者も日本人だし、間違っていることもたくさんあるかと思います。留学先のカナダ独特の言い回しもあると思いますし、ホストマザーたちの口癖で覚えてしまっていることもあるし、もちろん勘違いしていることもあると思います。

でも、これ以上英語を忘れたくない・・・。
その思いだけでスタートしてみました。

どうぞよろしくお願いいたします!!
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:mariko
読者になる
2005年10月〜2006年5月、35歳でカナダ・ハリファックスへ語学留学。2007年11月〜2008年7月、37歳でカナダ・バンクーバーへビジネススクール留学。帰国後は派遣社員として2011年3月まで働いていました。2010年7月、40歳で結婚。都内にて毎日楽しく暮らしています。

◆TOEIC最高点890(2008年10月)
その後徐々に落ちてゆき・・・
直近は2010年3月の875点

◆IELTSバンドスコア6.0
(2007年5月)

◆日常のブログ◆
inusawa cafe
2005年8月〜2008年9月 
カナダ2回の留学記
ワタシはまだウナギ
2008年9月〜更新中 
帰国後の平和な毎日
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる