子供がマダニに咬まれない方法!マダニ感染症から子供を守りたい

September 10 [Thu], 2015, 0:39
今、日本各地で騒がれているマダニ感染症。

国内各地の病院や保健所で、
マダニに対する注意喚起が行われています。


なぜ、今ごろマダニで騒ぐのか?

それは非常に危険なSFTSウイルスを、
マダニが人に感染させるからです。

2012年に国内で感染が確認されてから、
わずか数年で41人も死者がでたマダニ感染症、

「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」


感染すると発熱や嘔吐、下痢などの症状を引き起こし、
最悪の場合は死に至るほどの危険な病気です。

まだ治療薬が見つかっていないため、
最適な予防法はマダニに咬まれないこと。

マダニに咬まれないことで、
マダニ感染症を予防するしかないのです。


子供がマダニに咬まれないようにするには、

マダニが生息している、
草むらや雑草が生い茂った場所に立ち入らないこと。

街の中にある公園の草むらにも、
マダニが潜んでいることがあるため、
そちらも注意しましょう。

他にも肌の露出を控えた服装も、
マダニ対策には有効です。

また子供がマダニに咬まれないようにするため、
ディート(忌避剤)入りの虫よけスプレーも、
あわせて使うことをオススメします。

子供は草むらでも遊びたくなるもの、

子供がマダニに咬まれないようにするには、
肌が露出しない服装にすることや、
ディート(忌避剤)虫よけスプレーで
対策してあげるべきですね。












マダニに咬まれないための対策、子供のマダニ感染症対策法

September 09 [Wed], 2015, 0:38
最近ニュースで騒がれている、
日本各地で確認されているマダニ感染症。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とよばれる
新種のマダニ感染症は、確認されてわずか数年で
41名が死亡した極めて危険な病気です。

まだ治療薬が発見されていないSFTSは、
とにかくマダニに咬まれないことが第一。

感染源のマダニに注意することが大切です。

マダニには草むらや雑草などの、
木々が生い茂った場所に生息しているので、
そのような場所に立ち入らないこと。

外出するときは肌の露出を極力避け、
服装にも気を配りましょう。

そしてディート(忌避剤)入り虫よけスプレーは、
マダニに対して一定の忌避効果がありますので、
これらと合わせて使用してほしいです。





マダニに咬まれないため、忌避剤(ディート)を使おう

September 08 [Tue], 2015, 0:36
まだ治療薬が見つかっていないということで、
日本各地の病院や保健所から注意喚起されている、
新種のマダニ感染症、SFTS。

国内で感染が確認されてから、
わずか数年で40名以上もの死亡者が出た、
非常に危険な感染症なのです。


マダニ感染症にならない最適な方法は、
とにかくマダニに咬まれないこと。

マダニが潜んでいる草むらや雑草を避け、
長袖や長ズボンといった服装で外出すること。

ディート(忌避剤)入り虫よけスプレーを使い、
マダニが近づかないようにすることが大切です。