今日が私に溶けたら、 

2007年03月06日(火) 14時05分
っていうブログに引っ越しします。

こちら

落ち着いたら引っ越し宣言しようと思っていたので、すでにいくらか記事はたまっています。

内容は主に日記と作り話。
でも混ざって感じられるかも。
作り話は日記以上に拙いので読まなくていいです。
日記は、時間があったら読んでみてください。すぐ読めてしまうので。

それではまた〜

もうり

coreless 

2007年02月12日(月) 22時57分
バイト先のトイレのトイレットペーパーの商品名が、「coreless」。

その商品名に気づき、
その意味に気づいてからは、
バイトの合間ホッと脱力していたトイレの時間が、少しだけ色を変えてしまったような気がする。
って、大げさだけど。

でも、人間の場合は
芯があること
が褒め言葉になるのに、トイレットペーパーの場合は
芯がないこと
が褒め言葉になる。っていうのは、ちょっとおもしろい。

でも、芯がない人間、っていうのも、それはそれでいいんじゃないかと思う。
拠りどころとする信念や考えを持たず、いつも新たな視点でものごとを見る。
何てやわらかく、自由なんだろう。
そして最後はトイレットペーパーのように何も残さず自分だけであっさりバイバイ。
それもあり、だと思う。

って、トイレでこんなこと考えても説得力に欠けるわ〜。


*今日の誰かのひとこと
「日本人、見つけるのうまい。でも、見てないふりするのもうまい」/オスマン・サンコン

どこにいるのか 

2007年02月10日(土) 0時00分
どこにいるのか。
それによって私は育まれてゆくのだと思う。
少なくとも、若いうちは。

どこへ行くかじゃなく、そこで何をするのか。
それが大事だ、と言われたこともある。
でも、ぬるま湯の中からひとり抜け出すためには、なかなかの強い意志と勇気がいる。
「この生活も悪くない」そう言ってしまえば、本当にそんな気がしてくるものだし。

どこにいるのか、にこだわって、
どこに行きたいのか、をいつも確かめていたいと思う。

苦しそう、と思えるところに自分を放り投げる腕力。
それだけは、まだまだ衰えたくないなぁ。


*今日の誰かのひとこと
「たとえば毎日、うれしいな、楽しいなと言っている人と、つまんないな、むかつくな、と言っている人では、その一年後にすごく開きがある。」/武田双雲

知っている、の壁 

2007年02月08日(木) 0時27分
まだ今の3分の1くらいしか生きてなくて、赤いランドセルしょってた、ある日の午後。
帰り道、大きく咲く、深い赤の花を見つけた。
友だちと、「きれいだねぇ」と言いながら、摘んで帰った。
家に帰り、玄関に飾った。母は少し困った笑顔をした。

夕方、会社から帰ってきた父に怒られた。
その花の名前が、「彼岸花」だったから。
「縁起が悪い」と。

今なら、父が怒った意味もわかる。でもその時はわからなかった。


スイッチひとつで、膨大な情報が手に入る。それが今。
でも、知識は時に、感覚を殺す。
実感する前に知ることができる。

知識は必要だ。基本的には、そう思う。
でも、見たい聴きたいにおいたい味わいたいさわりたい。
せっかく出会えたのなら。

そしてやっぱり、自分の言葉で言いたい。
「きれいな花だねぇ」と。


*今日の誰かのひとこと
「(大人になるっていうのは、)自分は自分でいく、ということ」/重松清

また会えるよ。 

2007年02月04日(日) 22時35分
バイト先の社員さんが、今月末に異動する。
彼女は新入社員なので、1年くらいで異動するのは通例、とのこと。

サッパリサバサバ系の彼女に、「寂しくなります」とは言えない。
「自宅から近いところに異動できるといいですね」と、涼しい顔して言う私。

親しい人たちと別れるのが寂しいのは、ただ別れるのが寂しいのではなく、
今までのように(当たり前のように)会えなくなるのが寂しいのだと思う。
だから、「また会えるよ」なんて言葉は無意味。

いつもは、「早くバイト終わってくれないかなぁ」と思っているのに、
きっと彼女が最後に出勤する日には、
「あぁ、もうすぐバイトが終わってしまう」
なんて思うんだろうな。

「当たり前」という言葉から、「貴重」「感謝」といった類の言葉は、遥か遠い。

でも、当たり前な時間が失われる時、
心はこんなにも痛い。


*今日の誰かのひとこと
「うまくいかなくて当たり前だから、めげない」/久石譲

包まれている。 

2007年02月03日(土) 0時04分
1年以上も前のこと。
学校と家を往復するだけの生活に飽き、同時に、その生活を変えられない自分に苛立っていた。

いつもの電車に乗って、揺られた。
見えてきたのは、弱い光を放つ夕焼け。くすんだピンク色の。
でも、それがほんとに美しくて。

この空に、私は今包まれている。この美しい空に。
そう気付くだけで、少し元気になれたのだった。


最近また、よく空を見る。バイトの帰りだから、夜空が多いけれど。
天気の良い日は、星が白く、ちらちらと光っている。
それだけなのに、心がストンと静かになる。

大人に近づくにつれ、汚いものをたくさん見なければならなくなる。それは確かなことだと、バイトばかりの生活の中で気付いた。

でも、汚いものも、それを見る私も、いつも空が包んでくれている。それは慰めではないと思う。
私はそれを、励ましだ、と思う。
私が、あきらめないための。


*今日の誰かのひとこと
「やりたいことがないのなら、人のために生きればいいんだよ」/しりあがり寿

丁寧の量 

2006年10月30日(月) 23時54分
携帯のメールでもそうだし、
mixiのコメントに対する返答でもそうだけど、
自分の書いた文量より多い文量で返されると、
じわ〜っと、嬉しい。

最初は、
優位に立った気がするからかなぁ?
と思っていた。
愛情の量が、
自分<相手
である関係から来る、安心感、
かなぁと。

でも何か、違う気がして。

今は単純に、
丁寧に接してもらえるのが嬉しいんだな
と思う。
だって、こんなに人間がいて、人それぞれに忙しい毎日の中、
損得のないところで丁寧に扱ってもらえるなんて、感謝だな、それだけで。
と思うから。

毎日、疲れていたり苛々していたりすることもあるけれど、
人と丁寧に関わろうとする姿勢は忘れないでいたい。


*今日の誰かのひとこと
「人に勝つには 力ずくでいいけれど 自分に勝つには 柔らかな強さが必要」/老子

大人になる日まで 

2006年10月05日(木) 17時12分
大人にならずに(なれずに)、老人になってしまう子どもが増えたらしい。

「もう、子どもじゃない」
そう感じたからって、大人になれるわけじゃない。
ひょっとしたら、老人になっているのかもしれない。

そう考えると、
「自分も、大人になっちゃったなぁ…」
なんて言って、切なくなっちゃっている人は、大体、老人。。
なのかも。

大人になる日まで、子どもでいられると思ったら、大間違い。
こころ次第で、老人スタート。

毎日、老け込みたくなることなんて、山ほどある。
だけど、だからって、それに負けたくはない。

毎日は、こんなにも繰り返しだから。
その中で、ちょっとずつちょっとずつ、何かを変えていけたらと思う。


*今日の誰かのひとこと
「家族、恋愛、友情…愛に種類なんてない。愛はひとつ」/妻夫木聡
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像褌一丁
» 今日が私に溶けたら、 (2008年10月20日)
アイコン画像をとこ
» 今日が私に溶けたら、 (2008年10月06日)
アイコン画像新妻Y
» 今日が私に溶けたら、 (2008年09月30日)
アイコン画像みしゃ
» 今日が私に溶けたら、 (2008年09月27日)
アイコン画像50t
» 今日が私に溶けたら、 (2008年09月25日)
アイコン画像もうり
» 丁寧の量 (2007年02月02日)
アイコン画像
» 丁寧の量 (2007年01月02日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:madakodomo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる