白癬菌の感染力 

October 25 [Sat], 2008, 15:32
水虫は伝染しやすいと考えられている。
しかし、白癬菌自体の感染力は弱い。
短時間白癬菌が皮膚に接触しただけでは感染しない。
白癬菌が長く皮膚に密着し、多湿環境が維持された場合に初めて感染する。
つまり、感染を防ぐ為には皮膚を清潔に保つこと。

垢などのように角質ごと落下した白癬菌は数日間生存する。
こうした白癬菌がスリッパや足拭きマットなどを介して感染する機会が与えられる。
このため、水虫の感染を防ぐには家族ぐるみの取り組みが必要となる。

屋上の桜桃 

June 07 [Sat], 2008, 16:11
郵便事業会社山形南支店(山形市)の屋上花壇で、高さ約1メートルの紅秀峰のサクランボの木が“豊作”だ。2003年に観賞用の鉢植えで2株購入。05年に初めて2粒実をつけ、その後も毎年2〜4粒実らせた=写真=。今年は枝の剪定(せんてい)やネットで実を守ったりしながら栽培。昨年より5粒多い7粒になり見栄えもなかなかで、東根市野川でサクランボ農園を営む名和光明さん(60)は「剪定(せんてい)で日当たりが良くなったためでは」。総務課の小国伸也主任(34)は「豊作だったので初めて口にできる」と誇らしげに話した。

(2008年6月7日 読売新聞)

岡本真夜、初の海外ドラマ主題歌 

June 06 [Fri], 2008, 15:42
岡本真夜が8月6日(水)にリリースするシングル「Destiny」が、自身初の海外ドラマ主題歌となることが明らかになった。約2年振りとなる今作は、運命の人は誰か? という永遠のテーマを掲げたラブソング。7月よりスタートするテレビ東京系の中国ドラマ『新・上海グランド』でオンエアされる。

 岡本が主題歌を務める同ドラマは、80年代に香港で高視聴率を記録した連続ドラマの続編。中国のイケメン俳優、ホアン・シャオミンが主演で話題を呼んでいる。本国中国では07年1月から放送され、弱肉強食の世界で力強く生きる男の生き様を見事に描いており、岡本の優しい歌声がストーリーを一層盛り上げる。

 なお、同シングルのカップリングに、韓国ドラマ『冬のソナタ』に楽曲提供をしたことで知られる、ピアニスト倉本裕基をフューチャーした、ピアノバージョンが収録されているのも話題のひとつ。中国ドラマ『新・上海グランド』は7月2日(水)より、毎週水曜〜金曜の昼12時30分に放送される。

6月5日17時18分配信 オリコン

「なんくるないサー!」 

June 05 [Thu], 2008, 17:39
副題は「オッカーと僕とアメリカだった沖縄と」。帯には「キマい(元気な)オッカーがいたもんだ!」とある。どちらもどっかで聞いたことのあるフレーズ。二匹目のドジョウを狙ってるな、と鼻白みつつも開いてしまったが最後、これが面白い。二種類の涙を流してしまいました。やっぱ、いるんだよねえ、あの世代には。厳しい時代を必死で生き抜いてきたがゆえに天然で、かつ、心に染みる言葉を持っているおっかさんが。

 お笑いグループ「ダチョウ倶楽部」のリーダーが語った母サワエさんの半生記である。「みんなで……笑っている時が一番楽しい。アンタといても、楽しくない!」。息子にそんな言葉を投げつける母は、本当に働き者だった。芸人になると言って飛び出したまま、3年ぶりの電話にも母は怒るどころか、「曲がってないねー?」と一言。泣けるじゃないですか。

 彼女の口ぐせは「負けるが勝ち」と「山の一本杉」なんだとか。こちらまで座右に置きたくなりました。ちなみにタイトル(「なんくるないサー!」)は「何とかなるさ」という意味の琉球方言です。(晋遊舎、1300円)(片)

(2007年9月5日 読売新聞)

親子で新聞教室 

November 24 [Sat], 2007, 15:24
さあ自由研究だ! 親子で新聞教室/読売新聞大阪本社
(2007年07月22日=第3社会面)

 「夏休み親子新聞教室」(読売新聞大阪本社主催)が7月21日、大阪市北区の同社で開かれ、近畿の小中学生と保護者ら計約110人が参加、夏休みの自由研究に役立つ新聞の活用方法を学んだ=写真。

 よみうり教育支援アドバイザーの徳永祥子さんと西田芳美さんが「新聞を読むことで考える力や表現力が上がる」と強調。親子らはアドバイスを受けながら、最近の新聞から身近な話題や事件など関心のある記事を切り抜いて台紙にはり、感想を書き添えてまとめる実習をした。

 母親と参加した奈良県橿原市立耳成小6年の竹内理沙子さん(11)は「新聞を読み、記事について考えることが大切だとわかった。夏休みには、戦争の関係の記事を集めて、自分の考えを書いてまとめたい」と話していた。

(2007年07月23日 読売新聞)

志摩スペイン村Xマスイベント 

November 18 [Sun], 2007, 16:01
「1、2、3!」でツリー点灯 志摩スペイン村Xマスイベント
11月18日11時14分配信 中日新聞


 【三重県】志摩市磯部町坂崎のテーマパーク「志摩スペイン村」で17日、計2000個の電球や発光ダイオード(LED)で飾られた高さ7メートルのクリスマスツリーがお目見えし、点灯式があった。

 サンタクロースやクリスマス衣装の同村のキャラクターたちが、ツリーの前に登場。約1000人の来園者と一緒にスペイン語の「ウノ、ドス、トレス(1、2、3)」のかけ声でツリーが点灯した。園内の建物を彩る18万個の電飾も一斉にともり、歓声が上がった。

 12月25日まで、クリスマスにちなんだイベントを繰り広げる。12月2日までの土日祝日と、同月22−25日はツリーの点灯式をする。

比内地鶏偽装 

November 12 [Mon], 2007, 16:12
比内地鶏偽装 さらに3種類
 秋田県大館市の食肉加工・製造会社「比内鶏」(藤原誠一社長)による食品偽装問題で、秋田県は23日、景品表示法と日本農林規格(JAS)法などに基づき、2度目の立ち入り調査を同社に行い、偽装した加工品が新たに3種類見つかった、と発表した。同社が「比内地鶏」の加工品として販売した全23種類のうち、偽装した加工品は計15品となった。

 新たに偽装が発覚したのは、「比内地鶏串(くし)焼きセット」のつくね、「きりたんぽセット」のつみれ、「肉鍋セット」の比内地鶏うどん。

(2007年10月24日 読売新聞)

ビクトリア・ベッカム、増量中 

November 11 [Sun], 2007, 0:56
ビクトリア・ベッカム、スパイス・ガールズの再結成ツアーに向け増量中
11月8日11時34分配信 eiga.com


 [eiga.com 音楽ニュース] 12月より再結成ツアーがスタートするスパイス・ガールズの“ポッシュ・スパイス”ことビクトリア・ベッカムが、ダイエットならぬ増量に必死だという。スリム過ぎる彼女の身体では、過酷なツアーを乗り切れないと、医者から診断が下されたからだ。

 ビクトリアはスパイス・ガールズ時代、摂食障害に苦しんでいたことを認めているが、近年は食事に気を配っているとのこと。蒸した魚や枝豆を食べることで、23インチ(約58センチ)のウエストをキープしてきた。今回は、体重を増やすために1日5食を義務付けられ、ホウレン草をたっぷり摂取する食事療法により、エネルギーとスタミナの強化を目指している。ある関係者は、英デイリー・ミラー紙に対し、「彼女自身、増量計画にはあまり乗り気ではないのですが、この先数カ月間、健康を維持し、途中で倒れないように努力するべきだと理解しているのです」と、話している。

『夢に迷う脳』 

November 05 [Mon], 2007, 19:24
夢と睡眠の謎を解く
 今朝もまた、苦々しい夢を見た。高級料亭で映画界の重鎮の男にこき下ろされた私は、「ならお前が撮れ、バカ」と一度は大胆に噛(か)み付いたものの、重鎮が逆上したのを見て急に怖くなり、結局は卑屈に土下座して謝っていた。

 目が覚めて考えてみると、男はテレビで見かける辛口コメンテーターだった。高級料亭は、昨夜DVDで観た「白い巨塔」の中で医者達が会合を重ねる料亭のセットそのもの。しかし夢の中の私はそんなことは全く分析出来ず、仕掛けに騙(だま)されるがままになっていた。

 睡眠研究者である著者によれば、健康な人のこのような夢の中の状態と、精神疾患や認知症の人が日常的に経験する錯乱状態はそっくりなのだそうだ。どちらもそれが幻覚だと見抜く力を失っている。この本では、夢を見ている時、私達の脳の中で何が起きているかを知ることで、「狂気」として括(くく)られ、恐れられる行動を理解していこうという試みがなされている。

 ノンレム睡眠で深く眠り、レム睡眠では夢を見ながら浅く眠るという認識くらいしか私にはなかったが、そのレム睡眠中に、脳内では健康な生活を保つための重要なシステムの交換が行われるらしい。注意力や記憶力などを司るアミン系の神経物質を休ませ、代わりに幻視や情動を引き起こすアセチルコリンが台頭する。奇天烈(きてれつ)なシチュエーションの不条理に気づかないのも、泣き喚(わめ)くほど怖い体験をして飛び起きたのに小一時間もすれば忘れてくるのも、注意力や記憶力を支える「アミン」が翌日に備えて非番だからというわけだ。

 不思議に思っていた夢と睡眠の謎が次々と解き明かされ、“目からウロコ”の連続だ。重度の理系音痴で脳科学の本にも不慣れな私は、カタカナの化学物質の名前に出くわすたびに夢の世界へ誘われたが、夢は作話の天才という。脚本のアイデアも冴(さ)えないし、今日もそろそろお力を拝借しようかな。池谷裕二、池谷香訳。

 ◇J.Allan Hobson=1933年、米国生まれ。ハーバード大医学部教授。

朝日出版社 2300円

評・西川美和(映画監督)

(2007年9月25日 読売新聞)

ケータイ、Webのシームレス化 

October 15 [Mon], 2007, 0:49
au oneでケータイ、Webのシームレス化を加速(2)――「EZweb」、「DION」、「DUOGATE」を統合
7月31日17時31分配信 RBB TODAY

 KDDI、沖縄セルラーは2007年9月下旬より新しいポータルサイト「au one」を創設する。既存のau携帯電話向けインターネットサービス「EZweb」、PC向けインターネット接続サービスDIONのポータルサイト、ケータイとPCを連携させるポータルサイト「DUOGATE」を「au one」統合する。

発表会のその他のスライド

 PC向け、携帯電話向けにデザインや操作感覚を統一したポータルサイトを用意し、ブランドとサービスの統合し、PCと携帯電話の連携を向上させていく。なお、これに伴いDIONは「au one net」にサービス名を変更する。

 携帯電話とPCのポータルサイトにauの名を冠したことについて、KDDI取締役執行役員常務の高橋誠氏は「日本のインターネットユーザーの比率について、携帯電話がPCを抜いた。日本のインターネット接続は携帯電話が中心だ。ケータイを起点とした新しいネットビジネス戦略が必要だ」と語った。

 auの携帯電話は昨年のナンバーポータビリティをきっかけとしたシェア争いの勝者であり、KDDIはauブランドを強く押し立てたISPビジネス戦略をとることになった。ネットの主流はケータイであり、ポータルサイトはケータイを中心に作っていくべきだという考え方だ。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:machine-gun01
読者になる
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる