ヒョウモンクロシメジの毒成分・中毒症状など

April 13 [Mon], 2015, 17:00
公開日:2015年4月13日|最終更新日:2015年7月4日



ヒョウモンクロシメジ

ヒョウモンクロシメジ(豹紋黒湿地、学名:Tricholoma pardinum)とは、キシメジ科キシメジ属に属するキノコの一種。
当時は国内未記録であったこともあり、あまり馴染みのないキノコだが、世界的には有名な毒キノコの一つで「タイガー・トリコローマ(Tiger Tricholoma)」とも呼ばれる。主にヨーロッパや北アメリカなどで見られ、アジアでも日本を含めて広く分布している。

また、ヒョウモンクロシメジという名は傘の表面がヒョウの様にまだら模様になっていて、黒っぽいことから付いた名である。学名のpardinumはヒョウのようなという意味がある。

特徴

主に秋、広葉樹林、針葉樹林の地上に群生または散生する。

傘は中型で、初め半球型〜まんじゅう型で、のち平らに開くが、時に中央が突出することもある。表面は白色で褐色〜灰黒色の鱗片に覆われている。
ヒダは白色〜黄色でやや疎、柄に上生し、時に離生状になる。
柄は白色〜淡黄色で、表面には帯褐色のささくれがある。上下同大だが、下部が膨らむこともある。
肉は白色で粉のような臭いがあり、特に苦味や辛味はない。

毒成分・中毒症状

毒成分は現時点では不明。今後の研究が望まれる。

中毒症状は食後から15分〜2時間ほどで症状が現れる。激しい嘔吐に加え、下痢、発熱、めまい、などの症状を引き起こし、時に痙攣が生じる場合もある。比較的強い毒性を持ち、ごく少量でも症状が現れることがある。
ある中毒者の記録によると、ほんの一切れを食べただけで今まで経験したことのない劇的な吐き気に襲われたという。

国内では新潟県、山梨県などで中毒例が知られているため、注意が必要。



毒キノコ図鑑 TOP


Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:コルティ
  • 趣味:
    ・キノコ-毒キノコが好き。でも食べるキノコも好き。
    ・絵-割と画力には自信があったりなかったり。
    ・料理-でも手間がかかる料理は苦手だったり。
読者になる
主に毒キノコにまつわる情報をできるだけ詰め込んだブログ。最近、毒キノコにハマってきた、もしくは毒キノコの情報がもっとほしい、そんな方におすすめしたいブログです。

ベニテングタケ、ドクツルタケなど、有名どころやジンガサドクフウセンタケ、ドクキツネノカラカサなど、一般的には殆ど知られていない猛毒キノコの資料も紹介していますので、よかったらゆっくり見ていってね!でも一部キノコとは無関係の記事もあるよ!

あとニコニコ動画で東方手書き劇場を始めました。よかったらこれもゆっくり見ていってね!

ニコニコのマイリスト→mylist/61065661

以前は「しばいぬ」というユーザー名でしたが、その他のサイトで活動しているユーザー名に従い「コルティ」に変更しました