【 更新情報 】

スポンサードリンク

「目の下のたるみ」予防法と解消法

人を老人顔にさせる目の下のたるみは何としても阻止しなければなりません。

どんな服装をしてもどんなブランド物のアイテムを用意したとしても目の下のたるみがすべてを台無しにしてしまいます。

予防法としては老化の原因である低下した新陳代謝の働きを活発にすることが大切になります。

食事ではビタミン類を多く摂るように心がけます。ビタミン類はどれも肌のケアに有効です。

特に新陳代謝を促進する効果のあるビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸は積極的に摂るようにしましょう。

目の周りのマッサージも有効です。マッサージにより血行が良くなります。

体内の老廃物は血液に混ざって流れていって排出されますので肌のケアに血行は重要なのです。

紫外線を浴びないようにすることも老化を防ぐ上で必要なことです。

紫外線は皮膚のコラーゲンを破壊し、皮膚の老化を早めます。

冬場で日差しが弱いからといって安心してはいけません。

外出するときは紫外線対策をしっかりと行いましょう。

目の下のたるみの解消法としては、上に述べた予防法を心がけるとともに、たるんでしまった皮膚を持ち上げるための筋力増加が必要となります。

最近流行しているのが変顔です。

眼球をグルグルと回すように動かしたり目を大きく見開いて次に思い切り閉じる動作を数度繰り返すのも有効です。

いずれも普段あまり使わない筋肉に刺激を与えて筋力をアップし、肌を引き締めるのに効果があります。

「目の下のたるみ」発症の原因は?

目の下にたるみを生じさせる一番の原因は加齢に伴う新陳代謝の働きの低下です。

新陳代謝の働きが低下すると弾力のある新しい細胞が生まれにくくなり、機能の低下した古い細胞がいつまでも体の部位を構成することになってしまいます。

その結果として肌は張りを失い、筋力が落ち、目の下のたるみへとつながります。

紫外線にさらされるのも禁物です。紫外線は肌の細胞を傷つけます。それが日焼けとなるのです。

紫外線が皮膚がんやシミ、ソバカスの原因になることは知られていますが、驚くことに皮膚の老化の原因の90パーセントが紫外線によるとの発表もあります。

成分に界面活性剤を用いた化粧品を頻繁に使用することも目の下のたるみを促進させます。

界面活性剤は洗剤などに使われており食器などについた油分を落とす威力は強力です。

同様に皮膚から保湿に必要な油分まで落としてしまうからです。

ストレスや運動不足から来るリンパ循環の悪化も目の下にたるみを生じさせる原因になります。

リンパ循環が悪化すると老廃物を排出できずに皮膚の下に水分が溜まってむくみが発生し、目の下のたるみへとつながります。

テレビやパソコンなどを長時間見続けるのも目の下のたるみの原因になります。

一点だけ見て眼球の上下左右への動きがないために目の周りの筋肉を使わなくなって筋力が低下するとともに脂肪も溜まりやすくなります。

老人顔を作る「目の下のたるみ」

漫画で老人を描くときやテレビドラマで老人のメークアップをするときに老人の特徴的な顔として必ず目の下にたるみが入れられます。

それほど目の下のたるみは老化を示すバロメーターとして世間は見ているのです。

人間の肌は新陳代謝によって古い細胞が新しい細胞と入れ替わることで張りが保たれています。

老化とは生理機能の衰えによって新陳代謝の働きが低下するために起こるさまざまな弊害のことです。

肌、内臓、骨など体のあらゆる部位に症状が現れます。目の下のたるみもその一つです。

人間の肌は二十歳ぐらいから老化が始まると言われています。生まれた瞬間から老化が始まっていると言う人もいます。

加齢による老化は誰しも避けようがありませんが、老化が目の下のたるみとして現れるのを防ぐことはできます。

また、たるみができてしまった人も悲観することはありません。改善策があります。

将来目の下にたるみができる可能性があるかどうか自分で間単に調べる方法があります。顔は正面を向いたまま自分の眉毛を見るつもりで思い切り上を見ます。

そのまま目をつむり、鼻の下を思い切り下に伸ばします。

皮膚が伸びた状態になりますので、そこで目の下の皮膚をつまんでみます。薄い皮だけしか感じられないならいたって健康です。

厚みは脂肪です。厚いほど要注意です。

「まぶたのたるみ」予防法

年齢とともにまぶたの筋肉が弱まり肌の張りも失われていくのは誰しも避けられないことです。

しかし世の中には年齢よりもずっと若々しく張りのある肌を持った人もたくさんいます。

まぶたのたるみを予防することが若々しい肌につながります。

予防法で一番効果的なことはまぶたや目の周りにある眼輪筋という筋肉を鍛えることです。

この筋肉を鍛えることでまぶたに余分な脂肪がつきにくくなりスッキリとした目元を持続させることができます。

目の周りの筋肉は無意識のうちにまばたきをするのに使っていますが、鍛えるという概念はなかったのではないでしょうか。

方法は簡単です。目を大きく見開いてそのまま数秒間保ち、そして今度は強く閉じてそのまま数秒間保ちます。これを一日に数回行います。

まばたきをする時は上まぶたが上下しますが、上まぶたが動かないように指で押さえてまばたきをしてみると下まぶたが上下するのがわかります。

下まぶたに脂肪が多く腫れぼったい人はこの方法で下まぶたの筋肉を鍛えて脂肪を燃焼させるといいでしょう。
たったこれだけのことで筋肉の老化を防ぎ、生き生きとした目元が確保できるのです。

道具は不要で場所も選びません。いつでも簡単にできます。今日からさっそく実行してみましょう。

目の周りの肌は乾燥しやすいので美容液などによる保湿も忘れないようにしましょう。

「まぶたのたるみ」解消法

はからずもまぶたにたるみが発症してしまった場合、重症であれば病院で手術する必要がありますが、初期の段階なら自宅で解消させることができます。

たるみの原因となるまぶたの筋肉の衰え・目への負担・乾燥といった事柄を改善させます。

順番に述べていきます。

まぶたの筋肉の衰えについての改善策はまぶたの筋肉を鍛えることです。筋肉を鍛えることで若々しい肌の張りを取り戻すことができます。

目を大きく見開いたり閉じたりを数回繰り返すことでまぶたの筋肉は鍛えられます。

まぶたの筋肉だけでなく顔全体の筋肉を鍛えて頬のたるみなども一緒に解消する方法として最近流行しているのに変顔があります。

顔の普段使っていない筋肉を鍛える方法として有効です。

目への負担の軽減策としてはコンタクトレンズの長期連続着用を避ける・テレビやパソコンは一時間毎に十分間ほど休憩を取る・マスカラなどの化粧品は必要なときだけにとどめるなどが有効となります。

乾燥に対しては美容液で保湿を保つようにします。眼の下専用のパックやアイクリームが販売されていますのでこれらを利用するのもいいでしょう。

アイクリームを利用するときは目に沿って上向きに引き上げる感じで軽くマッサージすると効果が増します。

以上、まぶたのたるみの解消法を述べましたがこれらは美容の面でも有効であることがおわかりいただけると思います。

大切なことは毎日続けることです。

「まぶたのたるみ」はなぜ起こる?

30歳前後になると「最近まぶたがたるんで来てものが見えにくい」という人が意外と多くいます。

確かに本などを読むとき、よく見えるようにとまぶたに力を入れて長時間目を見開いています。

顔を上向きにすることでたるんで来たまぶたから視界を確保している人もいます。

「別に問題ないじゃないか」と思うかも知れませんが、たるんだまぶたはいつも眠たそうに見え、顔からハツラツとした明るい生気を失わせます。

何よりまぶたに力を入れるために額や眉間にしわができ、美容の面からも大敵なのです。

このまぶたのたるみは何が原因で起こるのでしょうか。

一つには加齢による筋肉の衰えから来る肌の張りが失われることが挙げられます。

若々しく張りのあるまぶたは脂肪が付きにくいのですが、張りが失われると脂肪が付きやすくなります。
その結果まぶたの重さのほうが肌の張りの力を上回ってしまうのです。

そしてもう一つは日常何気なく行っているまぶたへの負担が挙げられます。

例えばコンタクトレンズの長期に及ぶ装着、パソコンやテレビ画面を長時間見続けることで蓄積される目の疲れ、マスカラ等の化粧品やメイク落としの際のまぶたへの刺激などがあります。

その他に言われていることとして乾燥があります。

手で触ってみるとわかるように目の周りの皮膚の下はすぐに骨になっておりほとんど脂肪がついていません。そのために乾燥しやすく、それが肌の老化を早めるとされています。
P R