お肌のエイジングケア

March 01 [Fri], 2013, 18:04
お肌のエイジングケア、女性にとっては、年を重ねてもキレイなハリとツヤのある肌を、いつまでもキープしていきたいところですよね。
時々ともだちにエステに誘われて行ったら、すごくお肌がキレイになってびっくりしたって人もいるのではないでしょうか?でもエステも月に何度も通うのはお金がかかることだし、ちょっと厳しいなという人向けの「美顔器」というものを紹介します。
実はエイジングケアの為の美顔器というものが、いろいろな家電メーカーやコスメメーカーから出ています。
いつもはエイジングケアの為に保湿美容液などを使って、肌のお手入れをしますよね。

でも保湿美容液を使っても、風や外気に良くふれる、ほほを中心としたエリアはどうしても乾燥しがちですよね。
でも逆に鼻のエリアはなんとなくベタツキがあったりして...でもこのエイジングケアの為のエステを、簡単に家で出来ちゃう器械が「美顔器」というわけです。
大きく
(1)乾燥や毛穴のつまり対策、
(2)シワ、たるみ、しみ対策

の2つに分けて、器械で出来るエイジングケアの実際を見てみますね。
やっぱりヨガのような運動には睡眠障害を改善する効果がある様です。

本当にちょっとしたことですが、メンタルケアにもなる運動は何かしらやっておきたいですね脳のトレーニングは、エイジングケアにもかなり影響があるみたいです。

http://www.melodyforyou.com/

まぶたのたるみの原因 腱膜性眼瞼下垂症

January 11 [Sun], 2009, 15:38
まぶたをこすることで、結合が外れやすくなります。ところが、この腱膜と瞼板との結合が弱くなると、腱膜が瞼板から外れたり薄くなったりします。この腱膜が、まぶたの裏側にある瞼板と結合しています。そうなると、目の筋肉をいくら収縮させたとしても、腱膜がすべって、瞼板を持ち上げられなくなり、まぶたが垂れ下がるようになります。

腱膜と瞼板の結合は、とてもデリケートです。眼瞼下垂は加齢によって起こりますが、加齢だけではなく腱膜性眼瞼下垂症の場合もあります。まぶたの奥にある筋肉は、途中から腱膜となります。

まぶたが垂れ下がることを眼瞼下垂といいます。瞼板が持ち上がることによってまぶたが開くわけです。目の筋肉が収縮しますと、腱膜が引っ張られて瞼板が持ち上がります。

腱膜性眼瞼下垂症の治療は、腱膜を再建する手術が必要です。つまり、まぶたの内側に腱膜という膜がありますが、この腱膜の異常の場合があります。これを腱膜性眼瞼下垂症と呼んでいます。

瞼(まぶた) のたるみを改善する治療方法

January 11 [Sun], 2009, 15:36
治療実績、術式や注入物の種類、治療費などは医院によって異なりますので、医院で治療する場合は、必ず事前に調べて自分に最適なものを選択しましょう。

●注入系

・下瞼(まぶた) のたるみを埋めるヒアルロン酸注入
 美容ではあまりにも有名な物質、ヒアルロン酸を注入する方法。
 もともと肌に含まれているものなので、安心。

・下瞼(まぶた) のたるみにコラーゲン注入
 主に牛コラーゲン、豚コラーゲン、人コラーゲンを使用。
 天然成分なので安心とされていますが、アレルギーを起こす人もいるのでチェックが必要です。
 効果の持続は個人差もありまが、約半年~1年位ということです。

●手術系

・瞼(まぶた) のたるみをフェザーリフト(アプトス、ワプトス)で改善
 特殊な毛羽立ちのある糸で皮膚を持ち上げるというもの。
 その糸は皮膚内に埋め込み。
 アプトスとはこの糸のことで、フェザーリフトの別称。
 驚くべきは糸の周囲でコラーゲンの産生が高まるそうです。

・瞼(まぶた) のたるみのレーザー治療
 真皮(肌の奥)にレーザーで熱を加えることによって、肌のコラーゲン生成を促進させ皮膚に弾力やハリを与えて、瞼(まぶた) のたるみを改善する治療方法です。レーザー治療は単に瞼(まぶた) のたるみを改善するだけでなく、しみや毛穴の開き、ニキビ跡などもきれいになるので、一粒で二度おいしい治療方法です^^ 効果持続期間は長期が期待できます。

●切らない、注入しない系

 手術で注射したり切ったりすることに抵抗がある人、治療時や治療後のリスクに対して大きな不安を
感じている人などにお勧めです。

・下瞼(まぶた) のたるみ、アイスラックで治療
 微弱電流を下瞼(まぶた) のたるみにかけることにより、リンパの流れをよくして下瞼(まぶた) のたるみを解消する治療方法。
 最新のアイスラックでは、目尻のしわまでキレイにできるのだとか。
 1回では劇的な変化しないなど即効性はないので、継続使用が大事。
 下瞼(まぶた) のたるみ予防として使用もできます。

・瞼(まぶた) のたるみに効く美顔器で改善
 アイスラック以外にもリフトパッチ、トゥアビソ、ビューティーローラー、カオーレ2などなど、たくさんあります。今、瞼(まぶた) のたるみ解消にフェイス版EMSが注目を浴びています。

瞼(まぶた) のたるみを自分でケア

January 11 [Sun], 2009, 15:35
目の疲労やストレスなどにより生じる瞼(まぶた) のたるみは、主に老廃物や血液(水分)が下瞼(まぶた)にたまることが原因です。これにより瞼(まぶた) のたるみを解消します。

解消方法としては、老廃物をためずに排出し、下瞼(まぶた)の循環を常によくすることです。この時はできるだけ緊張をほぐし、何も考えずリラックスすることに専念してください。

誰にでもできるケア方法は、まず目をとじて瞼(まぶた)の上に、ほどよい温度に蒸したホカホカのタオルをおいて、しばらくゆったりとリラックスしてください。その他、瞼(まぶた)から目の全体周りをマッサージ(リンパマッサージなど)する方法もあります。

たったこれだけで目の下の循環が改善され、下瞼(まぶた) のたるみのケアになります。


瞼(まぶた) のたるみケア、特に下瞼(まぶた)のマッサージの際の注意点としては、

・がしがしと、こすらないこと
・目尻から目頭に向かってすること です。

実は下瞼(まぶた)周辺の筋肉は目尻から目頭に走っているので、その方向に沿ってマッサージをしなければ、逆に下瞼(まぶた) のたるみの原因になってしまいます。

瞼(まぶた) のたるみをケアするマッサージが、瞼(まぶた) のたるみをつくっては何にもなりませんから^^
瞼(まぶた)を含む目の周りの肌細胞は非常にデリケートな場所です。指のおなかの部分を使って、やわらかく、そしてやさし~くマッサージしてください。くれぐれも「グイグイ」ってやらないようにね。

瞼(まぶた) のたるみの原因

January 11 [Sun], 2009, 15:34
目元は年齢が一番あらわれやすい場所なんです。適度なタンパク質(コラーゲンやエラスチンなど)を持ち、潤いがある肌細胞は、弾力があり、しっとりと、そしてスベスベのお肌を作り上げてくれます。瞼(まぶた) のたるみやしわは、自分でケアすることでもかなり改善されたりするみたいです。

特に目元・頬・二の腕・太もも・お尻などによく見られます。まずは、あなた自身で瞼(まぶた)のたるみ状態を観察し、自分にあった効果的な治療&ケア方法を見つけましょう!。ここで質問!他人があなたの顔を見たとき、どこで年齢を判断していると思いますか?そうです!目元なんです。

 でもでも、美容の進歩もすさまじく、瞼(まぶた) のたるみの専門医やアンチエイジングなどの専門医がどんどん増加しており、ヒアルロン酸注射、レーザー照射、肌再生、手術などで瞼(まぶた) のたるみ治療もいろいろな方法で行われています。すると皮膚の弾力、いわゆる「ハリ」がなくなり、たるんたるん状態に・・・これが「たるみ」、「しわ」になるんですねぇ。

(重力に逆らえなくなるのですね・・・w)目元では、上まぶた、目の下に顕著にあらわれてきます。ところが、年をとるにつれ、お肌のコラーゲンがどんどん減ってきます。

お肌のたるみの原因

January 11 [Sun], 2009, 15:33
肌は、大きく分けて表皮と真皮に分かれています。年齢とともに垂れ下がってくる上下まぶたのたるみは、美容整形外科で簡単に解消する事もできますが費用もかなりかかります。目のしわやまぶたのたるみ、法令線を軽減するだけで、見た目が7~10歳若返ると言われています。このうち真皮では、水分の保持と皮膚のしなやかさの維持を担っているコラーゲンと肌に弾力性や張りを与えているエラスチンが絡み合いその間を水分を沢山蓄えているヒアルロン酸が埋めています。

普段のスキンケアや、ビタミンCの補給でたるみを予防しいつまでも若々しいハリのある肌を目指しましょう。女性にとって永遠の美しさは憧れですよね。老けて見られる一番の要因は、顔の肌の見た目、特に目の周りのしわやたるみ、法令線にあるといわれています。また額や眉間・目元・口元の表情じわは、表情筋の緊張などによっても起こります。

肌に紫外線が当たり、肌が乾燥するとエラスチンとコラーゲンは減少して水々しく張りのあった肌は、しぼみ、たるみやしわの原因になります。乾燥はしわ、たるみの一番の原因です。皮膚の真皮層にあるエラスチンは、肌の弾力性や張りのためには不可欠です。しわ・たるみの基本的な原因は、この表皮と真皮にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が紫外線や乾燥により傷ついたり減少してしまうからです。

しわ・たるみには、保湿とビタミンCが不可欠です。女性なら誰でも綺麗くなりたい、いつまでも若くいたいと思うのではないでしょうか。また、コラーゲンは、しなやかさと潤いを担っています。

まぶたのたるみを防止する体操

January 11 [Sun], 2009, 15:32
まぶたは年齢を重ねるごとにたるみはじめてきます。まぶたがたるんでくると実際の年齢より老け込んで見られてしまいますね。
まぶたがたるんでしまう原因は間の周りの筋肉が衰えてしまうことです。
また、ストレスが原因で活性酵素が発生してしまい、老化を助長してしまうこともあります。

ここで、まぶたのたるみを防ぐために有効な簡単なまぶた体操をご紹介します。

1.両目を大きく開きます
2.表情のみで眉を上へと、なるべく限界までに引き上げます
3.眉を上げた状態でまぶただけをゆっくり下げて薄目状態になります
4.このまま5秒間キープ
この動きを5回繰り返します。

もうひとつ、まぶたの周りの筋肉を鍛える体操です。

1.人差し指を眉毛の外側に、中指を眉毛の内側に「Vサイン」のようにあてます
2.人差し指と中指でVのまま眉を押し上げます
3.3秒間キープ

この動きを3回繰り返します。

若々しい印象の顔の為には、まぶたのたるみを防止することを欠かせません。
P R